転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

経理に強い転職エージェントおすすめ人気7選!未経験でも転職しやすいエージェントを厳選

経理の転職におすすめの転職エージェントが知りたい!
未経験から経理に転職ってできるの?

専門性が高そうで未経験から転職はできなそうな『経理』のお仕事。

資格が生かせたり、安定した給料がもらえるという点でも魅力的ですよね。

そんな経理のお仕事ですが、実は年々担い手は減っており『売り手市場』であるというのは聞いたことがありませんか?

今回は、未経験でも経理転職がしやすいおすすめの経理系転職エージェントをランキング形式でご紹介!

さらに経理転職で成功率をあげる秘訣や経理系転職エージェントの有効活用法まで徹底解説します。

この記事を読んで、優良な経理系転職エージェントを使いあなたも転職を成功させましょう!

\経理転職エージェントランキングだけを見たい場合はクリック!/

先に経理転職エージェントランキングを読む!

「経理の転職」をざっくり言うと
  • 経理の転職に特化した転職エージェントがある
  • 未経験でも経理への転職はできる
  • 経理への転職を有利にするために持っておくと良い資格がある
  • 転職エージェントを使用すると経理への転職の成功率が上がる
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

経理の転職がしやすい!おすすめ転職エージェント6選

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

経理_転職エージェント
まずは、経理に強い転職エージェントを6つ紹介していきます。

それぞれの強みや特徴を踏まえて、自分に合った転職エージェントを選びましょう。

おすすめ度 経理の公開求人数 サポート体制 求人の質 年代
エリートネットワーク ☆☆☆☆★ 1500- 30代〜40代以上
ジャスネットキャリア ☆☆☆☆☆ 1200- 20代後半〜40歳以上
MS-Japan ☆☆☆★★ 1400- 第二新卒〜40歳以上
リクルートエージェント ☆☆☆★★ 2000- 第二新卒〜40歳以上
doda ☆☆☆★★ 2500- 第二新卒〜40歳以上
パソナキャリア ☆☆☆☆★ 1800- 第二新卒〜40歳以上
JACリクルートメント ☆☆★★★ 180- 30代〜40歳以上

エリートネットワーク

エリートネットワーク_転職エージェント

エリートネットワークの評価
公開求人数
(3.5)
サポート体制
(4.0)
求人の質
(4.0)
対応年代
(3.0)
総合おすすめ度
(4.0)
特徴と魅力
  • 紹介企業全てにスタッフが足を運び、審査している
  • 職業紹介優良事業者に認定されている
拠点:銀座オフィス

エリートネットワークは、正社員専門の人材紹介会社です。

経理の公開求人数は1500件以上を誇り、紹介している企業も、外資系企業の日系法人、上場企業、中堅優良企業、将来性のあるベンチャーなど、質の良いものが多いです。

紹介企業全てにスタッフが足を運び、審査している

有名企業であっても掲載は見送ることもあるほど、「信頼できる人を、信頼できる企業に!」という企業理念に忠実です。

エリートネットワークに紹介される企業は、全て同社の審査を経ています。

安心して紹介企業に応募できる、信頼のおける転職エージェントと言えるでしょう。

職業紹介優良事業者に認定されている

職業紹介優良事業者は、全国に20,000ある人材紹介会社の中で、厚生労働省が審査し、43社のみ認定されています。

求職者にマッチした求人開拓、公正な価格の手数料、転職希望者へのノウハウ提供、キャリアコンサルティングなどの点で一定の評価を得た転職エージェントに与えられる称号です。

エリートネットワークは、国からも、事業に対する姿勢とサポート体制を評価されている数少ない企業です。
エリートネットワーク_転職エージェント

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリア_転職エージェント

ジャスネットキャリアの評価
公開求人数
(3.5)
サポート体制
(4.0)
求人の質
(4.0)
対応年代
(4.0)
総合おすすめ度
(5.0)

経理・財務の公開求人は1200件以上に上りますが、非公開求人が全体の99%を占めています。

特徴と魅力
  • 高い専門性を持ったアドバイザーのサポートが得られる
  • 内定後のサポートも充実
拠点:東京、大阪、名古屋
カウンセリング時間:平日・土曜9:00〜18:00

ジャスネットキャリアは、会計、税務、経理・財務分野に特化した、正社員・紹介予定派遣の転職エージェントです。

経理の転職のためには、是非とも登録するべきでしょう。

高い専門性を持ったアドバイザーのサポートが得られる

転職サービスの対象を特化したことによって、高い専門性と情報収集力を持ったキャリアアドバイザーが転職相談から内定までのサポートを行ってくれます。

内定後のサポートも充実

内定したのちも、現在の企業を辞めづらい、などのトラブルがあった場合のサポートや、転職先での仕事内容についての教育まで提供しています。

MS-Japan

ミスジャパン_転職エージェント

MS-Japanの評価
公開求人数
(3.5)
サポート体制
(3.5)
求人の質
(3.5)
対応年代
(4.0)
総合おすすめ度
(3.0)
特徴と魅力
  • 経理の転職で高い人気を誇る
  • 長年の実績
  • 経理に特化したアドバイザーからのサポートが受けられる
拠点:東京・横浜・名古屋・大阪
カウンセリング時間:平日9:00〜20:00/土曜10:00〜17:00

MS-Japanは、管理部門(経理・財務、人事・総務、法務、経営企画等)とスペシャリスト(弁護士、公認会計士、税理士、金融、コンサルタント等)特化型の転職エージェントです。

経理のみの専門ではないですが、経理・財務の公開求人数は1400件以上に上ります。

ジャスネットキャリアと併用することがおすすめです。

経理の転職で高い人気を誇る

管理部門・士業の転職サイトでは登録率・転職決定率・転職相談率それぞれにおいて1位を獲得しており、多くの人に選ばれている転職エージェントです。

長年の実績

1990年の創業から30年を迎え、延26,000名以上の転職を実現してきました。

経理に特化したアドバイザーからのサポートが受けられる

管理部門・スペシャリスト職に特化した転職エージェントであるため、アドバイザーもそれぞれの分野に特化し、深い知識と情報を持っています。
ミスジャパン_転職エージェント_口コミ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント
公開求人数
(4.0)
サポート体制
(3.5)
求人の質
(3.5)
対応年代
(4.0)
総合おすすめ度
(3.0)
特徴と魅力
  • 経理の求人件数の多さ
  • 拠点の多さ
拠点:東京・北海道・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・西東京・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡
カウンセリング時間:平日9:30〜20:00/土日祝9:30〜18:00(実施時間は60〜90分)

リクルートエージェントは、リクルートが運営する国内最大手の転職エージェントです。

1977年の創業以来、約37万名の転職を支援してきた確かなノウハウをもとに、転職希望者への的確なサポートを提供しています。

経理の求人件数の多さ

経理の公開求人数は2000件以上、非公開求人数は2800件以上と、他のエージェントを圧倒しています。

多様な選択肢から選びたい方は、ぜひ登録するべきでしょう。

拠点の多さ

全国に17拠点を持っており、首都圏在住者ではなくても、気軽に面談に行きやすいというメリットがあります。

地方在住で経理の転職を希望している方はぜひ使うべきでしょう。

doda

doda_転職エージェント

dodaの評価
公開求人数
(4.0)
サポート体制
(3.5)
求人の質
(3.5)
対応年代
(4.0)
総合おすすめ度
(3.0)
特徴と魅力
  • 各種イベントでノウハウを学んだり人事に直接会える
  • バランスの取れたサービス
拠点:東京・横浜・札幌・仙台・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡
カウンセリング時間:平日9:00〜20:30/土曜日10:00〜19:00(実施時間は90分)

dodaは、全国に展開する大手総合転職エージェントです。

経理の公開求人数は2500件以上に上ります。

大手総合エージェントですが、業種や職種ごとに専門性を持ったキャリアアドバイザーがついており、アドバイザーの質にも信頼が置けます。

各種イベントでノウハウを学んだり人事に直接会える

dodaは全国で積極的にイベントを開催しており、参加することで、企業の人事に直接会ったり、面接のノウハウなどを学ぶことができます

バランスの取れたサービス

対応から紹介企業、イベントの実施などバランスが取れています。

これまでの利用者からは口コミでも高い評価を得ており、安心して利用することができるでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリア width=

パソナキャリアの評価
]公開求人数
(4.0)
サポート体制
(4.0)
求人の質
(4.0)
対応年代
(4.0)
総合おすすめ度
(4.0)

特徴と魅力
  • オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」総合1位を獲得(2019年・2020年)
  • 転職者の年収up率は67.1%
  • 女性の転職に強い
拠点:東京・大阪・名古屋・静岡・広島・福岡
カウンセリング時間平日10:00〜21:00/土曜10:00〜18:00

大手総合転職エージェントの中でも、丁寧なアドバイスに定評があります。

経理・財務・会計の公開求人数は1800件以上あり、求人量も豊富です。

また、転職支援実績は25万人に上るため、転職のノウハウも積み上がっているでしょう。

オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」2年連続総合1位を獲得(2019年・2020年)

これまでの顧客からは、非常に高い評価を得ています。

面談から企業紹介、書類や面接対策まで一貫して、良いサービスが受けられるでしょう。

転職者の年収up率は67.1%

他のエージェントと比較して、利用者の年収up率が高いです。

年収を上げる転職のノウハウを得たい方におすすめです。

女性の転職に強い

パソナキャリアは2016年から『女性活躍推進コンサルティングチーム』を発足させ、女性の転職支援に力を入れています。

経理職で転職して活躍したい女性におすすめです。
パソナキャリア

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JAC recruitmentnの評価
公開求人数
(3.5)
サポート体制
(4.0)
求人の質
(3.0)
対応年代
(4.0)
総合おすすめ度
(2.0)
特徴と魅力
  • 外資系企業への転職に強い
  • ミドル〜ハイクラスでの転職に適している
拠点:東京・さいたま・横浜・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・広島
カウンセリング時間:平日 〜19:30

大手総合転職エージェントの中でも、丁寧なアドバイスに定評があります。ロンドンが発祥の日系転職エージェントです。

日本、英国、ドイツ、アジア8カ国に広がるグローバルネットワークを活かし、外資系企業や海外進出企業への転職支援に強みを持っています。

25,000社と取引をもち、取引先は国内大手、外資系、海外進出企業が多いです。

また、経理を含めた管理部門を専門とするコンサルタントが4名在籍しており、管理部門の中でもそれぞれに強みを持ったプロフェッショナルです。

深い知識を持ったアドバイザーから、的確なアドバイスを受けることができます。

外資系企業への転職に強い

英文レジュメの作成についてのアドバイスなども受けることができるため、経理職でのグローバル転職を希望している方はぜひ登録しましょう。

ミドル〜ハイクラスでの転職に適している

ミドル〜ハイクラスでの求人数が多いです。

逆に、若年層や一定以上のスペックがないと、JACリクルートメントを使っての転職は厳しいでしょう。

経理の転職にエージェントを使うと成功率が上がる3つの理由

経理_転職_成功
転職するために、本当に転職エージェントを使う必要があるのか疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

確かに、転職エージェントを利用しなくても、転職活動をすることは可能です。

しかし、より効率的に、成功率の高い転職をするためには、転職エージェントを利用することが得策です。

ここからは、転職エージェントを利用するメリットをお伝えします。

転職エージェントを利用することのメリット
  • 良い転職先と出会える可能性が高まる
  • 転職の成功率が高まる
  • 自身のキャリアアップを見据え、確実な転職ができる

良い転職先と出会える可能性が高まる

転職エージェントは、非公開求人を含めた多数の求人を保有しています。

非公開求人の場合、転職エージェントを介さないと、求人の情報を得たり応募したりすることができません。

良い応募先の幅を増やすためにも、転職エージェントを利用することは必須と言えます。

また、プロの転職エージェントに相談して転職先を探してもらえるため、自分では気づかなかった優良企業に出会える可能性が高まります。

転職の成功率が高まる

転職エージェントは、企業への内定が決まると報酬が発生する体系で運営されています。

よって、転職エージェントは、内定しそうな人に内定しそうな企業を紹介しています

また、企業への提出書類から面接対策まで、担当のアドバイザーがサポートしてくれる体制が整っており、プロの視点から、転職活動のノウハウを伝えてくれます

これらのことから、転職エージェントを利用しての転職活動は、利用しない場合に比べて成功率が高まっています。

自身のキャリアアップを見据え、確実な転職ができる

経理の仕事は専門性が高いため、比較的転職しやすいでしょう。

しかし、だからこそ、転職活動は慎重に行うべきです。

特に昨今はIT技術の発達によって、人が担う経理の仕事は減少してきています。

転職活動に失敗してしまうと、給与が上がらない、残業が多くなるなど、悪条件の職場に転職することになってしまう可能性もあります。

確実にキャリアアップをするためにも、プロに相談しましょう。

転職エージェントを有効に活用するための4つのポイント

経理_転職_活用方法
転職エージェントを利用することのメリットはありますが、メリットを享受するために、自分が気をつけるべきことが4点あります。

一体何に気をつければ良いのか、解説していきます。

転職エージェントを有効活用するために気をつけること
  • 複数のエージェントに登録する
  • 嘘をつかない
  • メールは素早く返信する
  • アドバイザーに書いてもらった推薦状は自分で確認する

複数のエージェントに登録する

転職エージェントには、まずは3社以上登録しましょう。

転職エージェントでは、担当のアドバイザーが付きますが、アドバイザーとの相性が良いかどうかはわかりません。

初めは3-4社に登録して、自分にとって良いと感じたエージェントを1-2社選ぶと良いでしょう。
転職エージェントを複数利用するべき理由!5つのメリットと賢い活用法を徹底解説

履歴・スキルは正直に伝える

自分の学歴や職歴、スキルなどは、正直に伝えましょう

詐称していることが伝わった場合、エージェントとの信頼関係が壊れてしまい、最悪の場合、企業を紹介してもらえなくなる恐れがあります。

自分にとってより良い転職をするためにも、履歴やスキルは正しく伝えましょう。

また、複数の転職エージェントを利用していることも伝えましょう

転職エージェントは自社を利用して転職を成功させて欲しいと考えるため、より手厚いサービスを受けられる可能性があります。

メールは素早く返信する

転職エージェントのアドバイザーは、多くの利用者と連絡を取りながら企業を紹介しています。

返信が遅いと、意欲が低いと考えられてしまい、求人紹介を後回しにされてしまうことがあります

できるだけ素早く返信し、意欲を見せるようにしましょう。

アドバイザーに書いてもらった推薦状は自分で確認する

アドバイザーに企業への推薦状を書いてもらった場合、内容は自分できちんと確認しましょう。

履歴の羅列や意図していない内容になっていないか確かめて、提出書類には万全を期すべきです。

経理職が売り手市場って本当?転職前に知っておきたい経理職事情

経理_転職_事情

一口に経理転職と言っても、『スキルレベル』によって様々な転職の仕方があります。

まずはそんな基礎知識をおさらいし、あなたのスキルレベルにあった転職の方向性を定めましょう!

経理職の転職事情
  • 経理の分野別平均年収
  • スキルレベル別経理転職のロードマップ
  • 経理職の転職は転職エージェントを利用が有利

スキルレベル別!経理職の平均年収とキャリアアップ

まずは経理職の平均年収はどのくらいなのか把握しておきましょう。

経理職はスキル重視の職のため、年齢などは関係ないケースが多いのが特徴です。

『決算を取りまとめすることができるか』『マネジメント経験があるか』どうかが年収をあげていくポイントとなります。

経理職のキャリア 平均年収
日常業務・決算補助 300~450万程度
決算取りまとめ 500~700万程度
上場企業の開示業務・連結決算 600~900万程度
経理部長・CFO 1000万以上

スキルレベル別!経理転職のロードマップ

経理という仕事のスキル・経験レベルをロードマップとしてまとめました。

もちろん企業によっては、下記で挙げるステップをまたいで仕事を頼まれることもあります。

目安として、自分がどの位置にいるのかを確認しておきましょう。

STEP.1
日次業務<完全な未経験~初級>

完全な未経験の場合は具体的な業務として『日次業務』の経験から積み上げることが今後のキャリアアップのセオリーです。

未経験から経理としてキャリアアップを目指すなら、まずは以下のような経験を積める企業から探すと良いでしょう。

経理の日次業務
  • 現金の入出金管理・銀行振込などの確認
  • 社員が立て替えた経費/仮払金の払い出し
  • 経理システムへの入力
  • 伝票の発行
  • 受発注・在庫の管理
  • 新規取引先の登録
  • 取引先の信用調査
STEP.2
月次業務<中級>

ステップ1の日次業務の経験が少しでもある場合は、月次業務の経験を積みましょう。

月次業務では、日次業務よりも多少専門的な知識が必要になります。

このステップを目指すのならば、簿記2級程度の知識があると良いでしょう。

月次業務
  • 取引先からの入金・出金管理
  • 売掛金の管理
  • 請求書の発行
  • 毎月の収支・営業利益・営業損失の決算
  • 給与計算・支払い
STEP.3
年次業務<上級>

月次業務の経験があれば、年次業務へのステップアップも可能です。

年次業務は月次業務より、より高度な知識が必要な専門的な領域になります。

この業務を経験している場合は、有利に転職活動を進めることができます。

年次業務
  • 年次決算
  • 連結決算
  • 税務申告
  • 有価証券報告書などの開示資料作成

経理職への転職はチャンス

今ままでなんども触れましたが、経理職というのは専門性の高い職業です。

そのため、常に売り手市場で未経験でも転職をすること自体は可能です。

とはいえ、狭き門であることには触れなければなりません。

未経験で転職することは可能であっても難しいため、求められるスキル・経験を適切なルートで積み上げていく必要があります。

どの程度のスキル・経験を身につければ転職を有利にできるかは専門の転職エージェントが情報を持っています。

また掲載されている求人に目を通し、採用企業側のニーズを知っておくだけでも

経理転職をするためにすべきことが明確になります。

経理転職を成功させるためには、まず採用側のニーズを知り、専門分野に特化したエージェントにガイドしてもらうことが重要です。

転職エージェントをうまく利用して、経理転職成功への最短ルートを辿りましょう。

未経験から経理への転職|成功させるためするべきこと

経理_転職_未経験
未経験から経理に転職したい、という方は、転職できるのか不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、未経験からでも経理に転職することは可能です。

その上で、持っていると転職をより有利に進められる資格やスキルがあるということも事実です。

ここからは、未経験から経理に転職するにあたって、持っていると有利な資格やスキルについてお伝えしていきます。

経理の転職|持っていると有利な資格/スキル
  • 簿記検定2級以上
  • BATIC(国際会計検定)
  • TOEIC
  • IT・プログラミングスキル

簿記検定2級

経営管理に役立つ知識として、企業から重宝されます。

2級は、企業活動や会計事務を踏まえた適切な処理や分析を行うために求められるレベルです。

財務諸表の数字から経営内容を把握できるようになります。

BATIC(国際会計検定)

英語力と国際会計スキルを同時に測ることができる検定試験です。

一般的な会計知識に英語の理解で差をつけ、転職の武器にすることができます。

グローバルに展開する企業で高く評価される傾向にあり、特に外資系企業への転職希望を持っている方にはおすすめです。

TOEIC

英語力を測る一般的な試験です。

700-800点以上でビジネス英語として通用し、900点以上取れば高く評価されることが多いです。

IT・プログラミングスキル

経理の仕事は定型的なものが多く、ロボットとの親和性が高いです。

これからの時代は、経理の業務を自動化することが多くなるでしょう。

その際、ロボットを動かすプログラミングの技術を習得していると、有利になります。

未経験からでも、持っているスキルや意欲によっては良い転職をすることが可能です。

転職までに資格やスキルを身に付け、成功率を上げて転職に臨みましょう。

経理の転職|エージェント登録から採用までの流れ

経理_転職_流れ
転職エージェントに登録してから晴れて内定に至るまで、どのようなプロセスを辿るのでしょうか。

ここから、転職エージェントの一つ、エリートネットワークを例にとって、登録から採用までの流れを見ていきます。


出典:エリートネットワーク

登録→アドバイザーとの面談→企業の紹介を受ける→書類提出→面接→内定、という流れは、ほとんどの転職エージェントに共通しています。

それぞれの段階で、担当のアドバイザーがアドバイスをしたり企業側との調整を行ってくれます。

また、エージェントの拠点に出向いて面談を行うことが難しい場合、電話やテレビ電話での面談を行なっていることもあります。

転職のプロであるアドバイザーが、随所で助力してくれることは、転職活動をする上で大きく有利になります。
転職エージェント使い方の流れ4ステップ|面談から内定までおすすめな活用法を簡単解説!

未経験から経理への転職|経理の仕事をきちんと理解して有利に転職しよう

経理_転職_未経験
未経験から経理に転職する前に、経理の仕事内容についてきちんと理解しておきましょう。

ここからは、経理に求められる能力や仕事内容、やりがい、適性について解説していきます。

解説する内容
  • 経理の仕事内容
  • 経理のやりがい
  • 経理に向いている人

経理の仕事内容

経理_転職_仕事
経理の仕事は、会社の活動を数字の面から表し、記録・管理することです。

具体的には、仕入れの管理、売上管理、現金・預金の管理、財務状況の決算、給与や社会保険料の計算、税金の計算などが含まれます。

また、一口に経理と言っても、会社の規模によって仕事には違いが生じます

大企業の場合、仕事の規模が大きいため、仕入れ管理担当、売上管理担当、などと、経理の中でも分業化がなされていることが多いです。

一方、規模の小さな中小企業では、経理の全てを1人または管理部門で担当することになります。

経理のやりがい

経理_転職_やりがい
経理の魅力はまず、その経営への近さにあるのではないでしょうか。

経理職は、全ての部署の予算や帳簿を管理するため、事業部の視点のみでなく「会社の経営をよりよくするには」という、経営よりの視点を獲得していくことができます

さらに、経理は全ての会社に必要とされる専門職であり、あらゆる企業から必要とされる職業です。

そのため、経理派遣は他の職種と比較して時給も高い傾向にあります。

決算期など、繁忙期と閑散期があるため、個々人に合った勤務体系を選びやすい、というメリットもあります。

家庭の事情でフルタイムで働けない方や、資格取得の傍ら働きたい方などにはうってつけでもあります。

経理に向いている人

経理_転職_向いている人
経理の仕事は、数字が得意な人に向いているでしょう。

金額の計算や決算書の数字を確認する仕事がほとんどなので、数字に苦手意識を持っていると、仕事が辛くなるでしょう。

また、長時間数字と向き合う集中力も求められます。

経理の仕事や求められる能力を理解した上で、武器を積み重ねていけば、未経験から経理への転職も可能です。

自分の強みを作って、経理への転職を実現させましょう。

経理に強い転職エージェントまとめ

経理_転職_まとめ
今回は、経理に強い転職エージェントとその活用方法についてお伝えしました。

経理の転職について理解し、転職エージェントをうまく活用して転職を絶対に成功させましょう!

最後に記事のおさらいをしましょう。

「経理の転職」のまとめ
  • 経理に強い転職エージェントの中から、自分に自分に合ったエージェントを選ぶ
  • 経理の転職には、転職エージェントを利用すべき
  • 転職エージェントを有効に活用するために、気をつけるべきポイントがある
  • 未経験から経理への転職も可能。より成功率を高めるために資格やスキルを手に入れる
転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる