転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

既卒の方必見!既卒におすすめの就職エージェント5選を比較解説!

既卒だけど利用できるエージェントはある?

既卒者向けのおすすめエージェントが知りたい

この記事を見ている方は上記のように思っている方も多いのではないでしょうか。

たしかにエージェントはたくさんあるのでどれがいいのかわからないですよね。

そこで今回は既卒者におすすめのエージェントからエージェントを最大限利用するコツまでわかりやすく解説していきます。

最後まで読めばたった10分でなたに合ったエージェントが見つかり、企業に就職できること間違いなし!

「既卒向け就活エージェント」ざっくり言うと
  • 既卒で就活するならエージェントを利用するべき
  • 既卒におすすめするエージェントは就職エージェント
  • エージェントは全て無料でサポートを行ってくれる
  • エージェントを利用すれば就活成功率が上がる
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

既卒で求人を探す3つの方法を比較|就職エージェント・就活サイト・ハローワークとは?

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

既卒向けエージェント

エージェントをとりあえず調べてみたけど、ぶっちゃけ就活ってどうやっていけばいいのかわからないと思う方もいらっしゃいますよね。

そこでまずは既卒者に向けた求人案内の探し方についてご紹介します。

既卒の方が就職をするための方法は就職エージェントに登録する就活サイトに登録するハローワークを使うという3つです。

就職に失敗しないためにも3つの方法のメリット・デメリットをしっかり検討していきましょう。

既卒で求人を探す3つの方法
  1. 就職エージェントに登録する
  2. 就活サイトに登録する
  3. ハローワークを使う

就職エージェントとは

就職エージェントとは担当のコンサルタントが就職活動の支援をしてくれるサービスです。

就職活動の相談に乗ってくれるだけでなく、企業の紹介や面接対策なども全て無料で行ってくれます。

就職エージェントを利用するメリットデメリットを見ていきます。

就職エージェントを利用するメリット

  • 就活に関するあなたの悩みを相談できる
  • 完全無料でサービスを受けられる
  • サイトには載っていない企業を紹介してもらえる
  • 企業と給与調整・面接日/入社美の調整をしてくれる

就職エージェントを利用するデメリット

  • 担当者によってサービスの質が異なる
  • 内定を獲得する確率が高い企業のみ勧められることがある
  • 就活エージェントの会社に行く必要がある
  • 電話や面談などをするので就職に時間がかかる

就活エージェントは担当者によってサービスの質が異なることや就職に時間がかかるというデメリットもあります。

しかしエージェントに登録すれば就職に必要なサポートを全て無料で行ってくれるので、就職活動の方針が決まっていない方や面接が苦手な方は絶対にエージェントを利用するべきです。

就活サイトとは

就活サイトとは就職活動の情報をアップしているサイトです。

就活サイトでは、企業の求人情報や説明会の案内などを紹介しています。

就活サイトを利用するメリットデメリットを解説していきます。

就活サイトを利用するメリット

  • 求人数が豊富
  • 自分の都合に合わせて利用できる
  • 自分が興味のある企業に対してのみ応募できる
  • 地方でも利用しやすい

就活サイトを利用するデメリット

  • 就活に関わることを全て自分で行うため手間がかかる
  • 求人件数が多く、明確な軸がないと選ぶのが大変
  • 面接対策などのサポートがないため自分で対策が必要
  • 非公開求人に応募できない

就活サイトは自分の都合に合わせて利用できるのが魅力ですが、基本的に個人で就活を進めたい方向けです。

求人案内への応募から面接対策まで全て自分で行わなければいけないので、計画的に行動しないと転職活動に失敗する可能性が高くなってしまいます。

なので経験豊富なアドバイスやサポートをしてくれる就職エージェントを利用した方があなたの就職活動を有利に進めることができます。

ハローワークとは

ハローワークとは求職者に就職支援サービスをしている機関です。

就職エージェントと同じように、求人案内や面接対策などのサービスを無料で行っています。

ハローワークを利用するメリットデメリットをご紹介します。

ハローワークを利用するメリット

  • 求人数が豊富
  • 地元企業の求人が多い
  • 未経験でも就職しやすい
  • 職業経験や各種手当を受け取れる

ハローワークを利用するデメリット

  • 相談員によって対応が異なる
  • ハローワークに通う必要がある
  • 求人の条件と契約条件が異なる場合がある
  • 求人企業の質が悪いこともある

ハローワークでは無料で職業経験を受けられるサービスがあり、キャリアに不安がある方でも知識やスキルを身に付けることができます。

しかし既卒の方でも3年以内であれば新卒者として扱ってくれる企業がほとんどなので、就職を有利にする目的のためにハローワークへ通うのは得策ではありません。

またハローワークは求人数が豊富ですが、エージェントより質が低い求人案内が多いです。

そのためとにかく就職をしたいと考えている方は就職エージェントを利用した方が就職には有利でしょう。

既卒は就活エージェントを利用するのが効率的

既卒の方が就職活動をする時の3つの方法をメリットデメリット別に解説してきました。

既卒の方がエージェントに登録するべき理由がわかりましたね。

就職活動に失敗しないためにも就職エージェントを利用して就職活動を進めていくと良いでしょう

【保存版】 既卒におすすめしたい就活エージェントランキング5選

既卒におすすめエージェント

ここまでで就活エージェント・就活サイト・ハローワークの違いを解説しました。

ですがエージェントが多くてどれを選んでいいのかわからないという方もいますよね。

そこで次に既卒者におすすめしたい就職エージェントを厳選して5つご紹介します。

就活で絶対に失敗したくないという方は必ず目を通しておきましょう。

評価 特徴
【1位】DYM就職 ★★★★★ 書類選考なしで、正社員採用率が96%と就職実績が高い。
【2位】マイナビ20’sアドバンス ★★★★☆ 対応しているエリアが広く、既卒エージェントの中でも利用者が多い。
【3位】ハタラクティブ ★★★★☆ 求人数が多く、未経験でも正社員採用率80%と実績がある。
【4位】ウズキャリ既卒 ★★★☆☆  未経験者も安心な手厚いサポート。
【5位】JAIC ★★☆☆☆ 求人数が少ない。対応エリアが限られている。

DYM就職

既卒向けエージェント比較

DYM就職は既卒やフリーター、社会人経験の少ない方向けの就職に特化したエージェントです。

一番の特徴は既卒向けの求人を多く取り扱っているという点です。

求人数はなんと2,000社以上あります。

数ある企業の中からあなたの希望に合った企業を紹介してもらえるので、安心して利用できますね。

さらに就職成功率96%という高い実績もあり、就職活動に不安を感じている既卒の方におすすめです。

マイナビジョブ20’sアドバンス

既卒者おすすめエージェントランキング

マイナビジョブ20’sアドバンスは大手マイナビグループが運営する20代のためのエージェントです。

ただし学校卒業後3年未満の既卒者向けの支援サービスなので注意しましょう。

就職後の定着率は90%を超えており、年間で約15,000名が利用しています。

大手マイナビクループのエージェントなのでサポート体制はばっちりです。

ハタラクティブ

既卒向けエージェントランキング比較

ハタラクティブは第二新卒や既卒などの若年層をターゲットにしたエージェントです。

未経験者でも応募できる求人案件が多く、正社員就職を希望する方におすすめです。

また実際に取材した企業のみを紹介してくれるので、企業の詳細な情報や職場の雰囲気までの情報を考慮して企業に応募することができます。

ウズキャリ既卒

既卒が登録すべきエージェント

ウズキャリ既卒は株式会社UZUZが運営する20代向けのエージェントです。

一番の特徴は1人あたりの平均サポート時間が20時間にも及ぶ点です。

利用者に合わせた手厚いサポートを提供しており、担当者が親身になってあなたの就職活動を支援してくれます。

また内定率86%就職後の定着率が93%という高い実績があり業界トップクラスのエージェントだといえます。

ですが大卒向けの求人が多いので高卒の方にはおすすめしません。

JAIC

既卒が利用するべきエージェント

JAICは20代、30代の方向けの就職エージェントです。

JAICでは未経験者からでも正社員として就職できる求人を紹介してもらえます。

就職支援実績は20,000名以上入社後定着率は91%と高い実績があるので、安心して利用できるでしょう。

担当者に個別サポートをしてもらえるので既卒の就活に不安を抱えている方や、書類選考に自信がない方におすすめです。

職種を決められない人必見!職種別で既卒におすすめしたい就職エージェント

既卒が知っておくべきエージェント

ここまででおすすめする就職エージェントを5つ紹介してきました。

就職エージェントの特徴はわかりましたが、そもそもまだ自分の職種が決まっていないという方もいますよね。

そこで次に既卒におすすめしたい職種とその職種に強い就職エージェントをご紹介していきます。

職種を決める時の参考になるので、まだ決まっていない方は要チェックです!

既卒におすすめしたい職種とエージェント
  • 技術職(エンジニア職)→ハタラクティブ、ウズキャリ既卒
  • 事務職→マイナビジョブ20’s、JAIC
  • 営業職→DMY就職
  • 販売職→ハタラクティブ
  • 介護職→マイナビジョブ20’s

技術職(エンジニア職)におすすめのエージェント

技術(エンジニア職)ではインターネット関係の専門知識やスキルを活かしたシステム設計などの仕事をします。

技術職は人材が不足しており、常に求人が多い職種です。

なので未経験者も含めて活発な採用をしている企業が多くなっています。

PCに対する知識を勉強し、自分のスキルを高めていきたいと考えている方におすすめです。

技術職を希望する方はエンジニア就職の実績が高いハタラクティブウズキャリ既卒に登録しましょう。

 

事務職におすすめのエージェント

事務職では書類作成や処理、データ入力や電話対応などの様々な仕事を行います。

専門知識や資格はいらないので、未経験者歓迎の企業が多いです。

正確な事務処理能力やスピードが必要な仕事なので、こつこつと作業に取り組むことができる方におすすめです。

事務職を希望する方は未経験OKな求人を多く取り扱うマイナビジョブ20’sJAICに登録しましょう。

営業職におすすめのエージェント

営業職では自社のサービスや商品の魅力を顧客に売るという仕事を主に行います。

営業職に必要なのは専門的なスキルよりもコミュニケーション能力です。

なので正社員としての経験がない既卒の方でも内定をもらえます。

対人で仕事を進めていくので、人当たりがよく年齢や性別を問わず会話ができる方におすすめです。

営業職を希望する方は営業職の求人数が多いDYM就職に登録するとよいです。

販売職におすすめのエージェント

販売職では店舗で、商品やサービスの販売やお客様の対応をします。

既にアルバイトで接客の経験があるという方は、アルバイトの経験を仕事に生かすことができるでしょう。

販売職は職務経験を積むと店長・支店長へとキャリアアップができます。

様々なお客様とたくさん関わる仕事なので、人と話すことが好きで臨機応変に対応できる方におすすめです。

販売職を希望する方は職歴・学歴不問の求人を多く取り扱っているハタラクティブに登録しましょう。

介護職におすすめのエージェント

介護職とは老人ホームなどの施設でご年配の方のお世話をする仕事です。

学歴・年齢不問、未経験者歓迎で求人募集をしている職場が多いので、既卒でも応募できます。

介護職に必要なのは、お年寄りに合わせて細やかな対応をすることです。

高齢者の方と関わって仕事をしていくので、思いやりや責任感のある方におすすめです。

介護職を希望する方は未経験OKな求人を多く取り扱い、サポート体制が万全なマイナビジョブ20’sに登録しましょう。

エージェント選びで失敗しないための3つのポイント

既卒者は知っておきたいエージェント

どのような職種が自分に向いているのかわかりましたね。

次にエージェント選びで重要なポイントを3つ解説していきます。

3つのポイントを押さえておくだけで就職活動に成功しやすくなります。

就職活動に失敗したくないという人は必ず読んでおきましょう。

エージェント選びで重要な3つのポイント
  1. 既卒特化型就活エージェントに登録する
  2. 複数エージェントに登録する
  3. 自分に合った担当者を選択する

既卒特化型就職エージェントに登録する

エージェント選びで重要なポイント1つ目は既卒特化型エージェントに登録するということです。

エージェントとして知名度の高いリクルートエージェント、dodaは正社員の経験がある転職者向けの求人を多く取り扱っています。

ですが既卒特化型エージェントであれば、既卒向けの求人やサポートに特化しているので就活に成功しやすくなります。

なのでおすすめのエージェントランキング5選紹介した既卒特化型就職エージェントに登録するとよいです。

複数エージェントに登録する

エージェント選びで大切な2つ目のポイントは複数のエージェントに登録するということです。

既卒者向けのエージェントは特化している分、求人数が少ない傾向があります。

自分の希望にあった企業を見つけるためには求人が多い方が良いです。

さらに複数のエージェントを利用することでエージェントのサポートを比較しながら利用することができます。

なので複数のエージェントに登録しましょう。

複数エージェントの詳しい説明はこちらをどうぞ!

転職エージェントを複数利用するべき理由!5つのメリットと賢い活用法を徹底解説

自分に合った担当者を選択する

エージェント選びで重要な3つ目のポイントは自分に合った担当者を選択するということです。

担当者によっては丁寧なサポートが受けられないという場合もあるので、担当者が合わないと感じた場合は担当者を変更してもらいましょう。

担当者を変更したい場合は以下のようなメールを送ります。

担当者を変更したいときに送るメール例

 

件名:担当アドバイザー変更の依頼

 

お世話になっております。転職の支援をしていただいている〇〇と申します。

 

現在担当していただいている△△様は、とても熱心に対応してくださりありがたく思っております。

 

ですが、初めての転職活動で不安も大きく、他の方のご意見も伺いたいと考えております。可能であれば、他のアドバイザーの方とお話をさせていただければ幸いです。

 

お忙しいところ大変恐縮ですが、ご対応のほどよろしくお願いいたします。

 

〇〇[自分の名前]

担当者を変更する場合が難しい場合は、他のエージェントをメインで活用すると良いです

すぐに使える!エージェントを最大限活用して就活を成功させる5つのコツ

既卒が登録すべきおすすめエージェント

エージェントの選び方がわかりましたね。

次にエージェントを最大限活用して就活を成功させるコツを5つ解説します。

せっかくエージェントを利用するのならより良いサポートを受けたいですよね。

すぐに使える5つのコツを知ってるだけで、就活に成功する確率がアップします。

エージェントを利用するときに使ってみましょう!

エージェントを最大限活用して就活を成功させるコツ5選
  1. 経歴・職歴は正直に伝える
  2. こまめに連絡する
  3. 自分の希望をきちんと伝える
  4. 転職活動の情報を共有する
  5. 推薦文は必ず自分の目で確かめる

経歴・職歴は正直に伝える

学歴や職歴、スキルはエージェントに正直に伝えましょう。

嘘をつくと、嘘が発覚した時にエージェントに信用されず、就職活動が不利になってしまいます。

最悪の場合、求人を紹介してもらえなくなります。なので経歴スキルは偽らず正確に伝えるべきです。

こまめに連絡をする

エージェントに登録した後はこまめに連絡をするようにしましょう。

目安は2週間に1度です。

連絡をこまめにすることで新しい求人案内を紹介してもらいやすくなります。

またエージェントに連絡をしないでいると、エージェントはあなたの就職に対する意欲が低いと判断し、サポートを後回しにしてしまうことがあります。

なので定期的に連絡をして転職する意欲があることを見せましょう。

自分の希望をきちんと伝える

就職する上で希望する条件は明確に伝えましょう。

自分の希望が曖昧な状態で就職活動を行っても、自分に合った企業は見つけられません。

担当者に紹介されたからという理由でなんとなく就職先を決めると、入社してから後悔してしまいます。

納得できる就職活動をするためには、自分の希望する条件を正確に伝え、条件に合った求人を紹介してもらう必要があります。

なのであなたの希望条件はきちんとエージェントに伝えましょう。

就職活動の状況を共有する

エージェントとの面談の時にあなたの就職活動の状況を共有しましょう。

あなたが既に他のエージェントを利用して就職活動を進めている場合、企業の面接日が重なったり同じ求人を紹介されたりするトラブルが発生することもあります。

思わぬトラブルを避けるためにも、エージェントにあなたの転職活動の状況を伝えておくことが大切です。

複数のエージェントを利用していることを伝えても、サービスの質が変わることはないので複数利用の場合もエージェントへ伝えておきましょう。

推薦文は必ず自分の目で確かめる

推薦文は必ず自分の目で確かめるようにしましょう。

エージェントはあなたを紹介する推薦文を書いて、企業へ応募手続きをします。

推薦文はあなたを企業に売り込むチャンスです。

しかし担当者によっては経歴をそのまま写しただけの推薦文を作成している場合があります。

なので「客観的に自分を見直したいので、推薦文を送っていただいてもよろしいですか?」と連絡することをお勧めします。

推薦文を確認して、企業にしっかり自分のアピールができるようにしましょう

あなたの目でチェック!実際にエージェントを利用した既卒者の口コミ

既卒エージェントランキング

ここまででエージェントを利用する時のコツがわかりましたね。

エージェントがどのようなものかわかったけど実際に利用した人の評判を確認しておきたいと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで次はエージェントを利用した方の口コミを紹介します。

エージェントを利用して就職活動に成功した人の例

エージェントのサービスがよかった

エージェントに登録して選択肢が広がった

エージェントのサービスを利用してよかったと思う利用者はたくさんいるようです。

自力で就職活動をするのは容易ではないので、エージェントが就職活動をサポートしてくれるのは心強いですよね。

次に否定的な口コミを紹介していきます。

エージェントを利用して就職活動に失敗した人の例

頼りきってしまって失敗した

エージェントの担当者と合わなかった

勧められた企業に応募してしまった

エージェントのサービスを十分に受けられなかったという利用者もいるようです。

しかしエージェントは複数登録して併用することができるので、登録したエージェントのサービスが良くなかったという方は他のエージェントを利用して就職活動を進めましょう

知らなきゃ危ない!既卒におすすめしないエージェントとは?

既卒におすすめしないエージェント

就職エージェントがどのようなものかよくわかりましたね。

次に既卒におすすめしない就職エージェントの特徴をご紹介します。

エージェントならどこでもいいかなと適当に登録すると就職活動に失敗してしまうのでしっかり目を通しておきましょう。

大手転職エージェントの利用は避ける

既卒の方は転職エージェントの利用を避けましょう。

転職エージェントとはリクナビエージェントdodaなど大手エージェントです。

大手エージェントはたくさんの求人を取り扱っているので、求人案内の中には既卒者が応募できるものもあります。

ですが大手エージェントは正社員の経歴がある転職者を対象にしているので、既卒の方はサポートを後回しにされてしまう可能性があります。

一方既卒特化型エージェントであれば、既卒向けの求人やサポートに特化しているので就活に成功しやすくなります。

なので大手転職エージェントは利用しないようにしましょう。

おすすめはしませんが、正社員の経験がある方や事情があり転職エージェントを利用したい方はマイナビエージェントがよいでしょう。

マイナビエージェントは20代利用者が多いため、既卒でも応募できる求人が多いといえます。

サービスが十分に受けられない

エージェントに登録したけれど思ったようなサービスが受けられなという場合は利用をやめるか、別のエージェントを利用しましょう。

いつまでもサービスの悪いエージェントを利用しているとあなたの時間を無駄にしてしまいます。

以下のような点を基準に登録したエージェントを判断してみてください。

おすすめしない就活エージェントの特徴
  • 企業案内の紹介が少ない
  • 求人について詳しくない
  • 既卒特有のアドバイスがな

エージェントのサポート内容・内定獲得までの流れ|6ステップ

既卒向けエージェント登録

就職エージェントについてよくわかりましたね。

続いて就職エージェントの登録から内定獲得までの流れをざっくりと紹介していきます。

就職活動をスムーズに行うためには、流れをあらかじめ知っておくことが大切です。

エージェントの登録から内定獲得までの流れはたった6つのステップです。

エージェントの登録から内定獲得までの流れ
  1. webサイトから就職エージェントに登録
  2. 担当者と面談
  3. 担当者に求人紹介をしてもらう
  4. 履歴書の添削、面接対策の実施
  5. 企業へ応募、面接を実施
  6. 内定獲得

ステップ1|webサイトから就活エージェントに登録

まずwebサイトからエージェントに登録をしましょう。

登録後、あなたの担当者から連絡が届きます。

ステップ2|担当者と面談

次に登録したエージェントの担当者と面談をします。

面談の際に、希望する転職の条件をきちんと伝えておくと、転職活動を効率的に行うことができます。

なので面談の時までに希望の条件を考えておくと良いです。

ステップ3|アドバイザーに求人紹介をしてもらう

次は担当者に求人紹介をしてもらいます。

就活エージェントでは就活サイトに載っていない企業も紹介してもらえるので、自分の希望条件を満たす企業が見つけやすいです。

ステップ4|履歴書の添削、面接対策の実施

続いて担当アドバイザーと履歴書の添削や面接対策を実施します。

一人ではできない対策も転職エージェントでは無料で行ってくれます。

なのでわからないことや不安なことは面接の前に解決しておきましょう。

ステップ5|希望の企業へ応募、面接を実施

次に希望する企業へ応募します。

書類選考を通過したら企業と面接を実施します。

面接対策でのアドバイスをいかしながら面接に取り組みましょう。

ステップ6|内定獲得

面接に通過すると内定をもらえます。

内定獲得後もエージェントが給与の交渉入社日の調整を行ってくれるので安心です。

エージェントは6つのステップであなたの就職活動をサポートしてくれます。

就活に関する面談や履歴書の添削なども全て無料で行ってくれるので、どんどん活用していきましょう

記事が「完璧」にわかる!既卒へのエージェント記事まとめ

今回は既卒向けのおすすめエージェントやエージェントを最大限活用するコツまでご紹介しました。

既卒で就活をしようと考えている方はおすすめしたエージェントを利用してみましょう。

記事の内容を踏まえて就職活動に取り組めば、あなたの就職活動は成功すること間違いなしです!

最後に記事の内容をおさらいします。

既卒におすすめのエージェント記事まとめ
  • 既卒者は既卒特化型エージェントを利用する
  • エージェントは複数社を併用すると成功率アップ
  • エージェントは全て無料でサポートを行ってくれる
  • エージェントの特徴を理解して、自分に合ったところを選択する
転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる