転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

転職に悩む20代必見!内定を勝ち取るまでの具体的な方法を徹底解説

20代で転職ってアリ?

転職に成功するにはどうしたらいい?

転職の流れを詳しく知りたい!

初めての転職って勇気がいりますよね 。

20代で転職を考えているけど、なかなか踏み切れずに悩んではいませんか?

転職したいけど何を頼りにすればいいか分からない方や、失敗したときのリスクが怖いという方は多くいらっしゃいます。

しかし、転職に踏み切れずに今の職場でずるずると嫌な仕事を続けていくのは非常にもったいないですよね!

この記事では、20代の転職者におすすめのエージェントや、内定を勝ち取るまでの流れを分かりやすく解説していきます。

この記事を読んでいただき、あなたの理想の転職を成功させましょう!

「20代の転職」ざっくり言うと
  • 20代での転職はおすすめ!
  • 20代で転職を成功させるにはポイントがある!
  • 転職エージェントを有効活用!
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

20代での転職って実際厳しいの?

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

転職_20代01

新卒で入った会社を辞め、20代で転職をすることは厳しいと思われる方も多くいます。

しかし結論を申し上げると、20代での転職は成功しやすいと言えます。

さらに言えば、異職種にも手を伸ばしたりするなど柔軟な転職活動ができるのは20代が最後とも考えられます。

この記事を読み終わる頃には、あなたはすぐに転職活動をスタートできる状態になっているでしょう。

ざっくり言うと
  • 20代が抱える仕事の悩みとは?
  • 20代ならどんな職種にもチャレンジできる!
  • 20代女性も転職は怖くない!
  • 高卒20代の転職方法とは?
  • 20代で2回目以上の転職はアリ?

20代が抱える仕事の悩み

転職_20代02

厚生労働省が発表した平成30年度のデータによると、転職者が前職をやめた理由として、以下のものが多く挙げられています。

転職者が前職を辞めた主な理由
  • 給料が少なかった
  • 労働条件が悪く、自分に合わなかった
  • 職場の人間関係が好ましくなかった

今の職場になんらかの不満を抱え、転職を希望する20代はたくさんいるのです。

何のやりがいも感じないままダラダラと現職を続けるくらいなら、思い切って転職という選択肢も考えてみてください!

20代ならどんな職種にもチャレンジできる!

転職_20代03

20代であれば、今までと異なる職種にチャレンジすることも可能です。

なぜなら、20代での転職ではポテンシャルをものすごく重視されるからです。

ある程度のビジネスマナーがあり、基礎的なスキルを持っていれば今後の成長を期待して採用してくれる企業・職種は多いです。

この点からも、20代の人は他の年代の人に比べ、柔軟な転職活動ができるということが分かりますね!

20代の女性も転職は怖くない!

転職_20代04

もちろん、女性にとっても20代は転職に有利です。

今の仕事にやりがいが感じられない、自分の体力と仕事量を見て現職が厳しく感じられたなどの理由で転職を考える女性も多くいます。

20代での転職は基本的にポテンシャル重視なので、男女関係なく転職に成功する可能性は高いと言えます。

多くの女性にとって、結婚や出産は嬉しいことであると同時にワークライフバランスを考え直すきっかけともなるでしょう。

転職先を決める際には、産休・育休制度が充実している企業を選ぶと後々安心できます。

高卒20代の転職方法とは?

転職_20代05

高校を卒業して入社し、20代になってから転職を考える方もいます。

学歴が心配でなかなか転職に踏み切れない方が多々見受けられますが、そんな心配は不要です!

高卒で転職を考えている方には、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

「高卒可」の求人が多い転職エージェントもしっかりあるからです。

高卒転職に強い転職エージェントおすすめ3社を徹底比較!成功率をあげるためにすべきこと完全ガイド

20代で2回目以降の転職はアリ?

転職_20代06

20代の転職は成功しやすいとはいえ、何度も何度も転職を繰り返してもいいのでしょうか?

結論としては、複数回の転職は、後々の転職活動に悪影響を及ぼすと言えます

なぜなら、企業側が「この人は仕事への忍耐力が低い」、「ウチで雇ってもまたすぐ辞めるだろう」と評価されてしまうからです。

転職を短期間で繰り返すなとは言いませんが、将来に渡っての自分のキャリアプランをもう一度よく考えた方がいいでしょう。

このことからも、「次の企業も自分に合わなかったらすぐ転職すればいいや」などと思わず、自分に合う企業を慎重に探すべきです。

20代の転職についてまとめると
  • 転職を考える20代はたくさんいる!
  • 20代ならどんなことにもチャレンジできる!
  • 20代女性も転職を狙え!
  • ただし、やみくもに転職するのはダメ!

20代の転職を成功させる戦略|年代別

転職_20代07

一概に20代といっても、実は20代の前半・半ば・後半の年代によって若干の戦略が変わってきます。

年齢によってどのような戦略をとるのがベストなのかをご紹介します。

20代前半のベスト戦略

20代前半、つまり23〜24歳の人は、仕事に対する熱意や自分の働きぶりをアピールしましょう。

社会人1〜2年目では、基礎的ビジネスマナーや基本的な業務内容は身についているとはいえ、専門スキルはほぼありません。

企業側も20代前半の転職者に対して、即戦力はほぼ求めません。

第二新卒という立場で、いかに自分の意欲を企業側に伝えるかが鍵になってきます。

20代前半のベスト戦略
  • 自分のポテンシャルをとにかくアピール!
  • 転職理由もしっかりと!

20代半ばのベスト戦略

20代半ば、つまり25〜27歳の人は、ある程度実績がついてきた中で、今後いかに成長できるかをアピールしましょう。

20代半ばの人は、最も転職に成功しやすいと言えます。

なぜなら、ある程度のビジネスマナーやスキルがついている上に、成長が期待してポテンシャルでも評価してもらえるからです。

もし今までとは違う業種・職種に興味があれば、この時期に転職活動することをおすすめします。

3年ほどの社会人経験の中で何を学び、今後どう成長して企業に貢献できるかを伝えることが鍵になってきます。

20代半ばのベスト戦略
  • 今後の成長をアピール!
  • 前職の経験をいかに企業に貢献できるか伝える!

20代後半のベスト戦略

20代後半、つまり28〜29歳の人は、今までの仕事で培ったことを元にして、いかに即戦力として活躍できるかをアピールしましょう。

社会人6年目ともなれば、ポテンシャルではなく、即戦力としてしっかり貢献してくれる人材かどうかを見られるようになります。

また、新卒の時には学歴フィルターにかかって手の届かなかった企業でも、20代後半の転職で狙うことができる場合もあります。

キャリアアップ、年収アップを前提とした転職がしやすい年代と言えるでしょう。

20代後半のベスト戦略
  • いかに即戦力として活躍できるかしっかりアピール!

20代で転職に成功する7つのポイント

転職_20代08

20代の転職は、きちんとポイントさえ押さえればそれほど困難なものではありません。

20代で転職に成功した人が共通して実践していたポイントを7つご紹介します。

20代で転職に成功する7つのポイント
  • 転職が本当にベストかもう一度考える
  • 内定をしっかり見据えたスケジュール管理
  • 転職活動は、現職を続けながら
  • 言語化できるまで、徹底した自己分析を
  • 面接では転職理由をしっかり伝える
  • 企業に貢献できるポテンシャルをアピール
  • 結婚や出産を見据えた職場探し

転職が本当にベストかもう一度よく考える

転職_20代09

職場の人間関係が嫌になったり、今の仕事に飽きてしまい、解決策として転職を考える人は多いです。

しかし、もう一度落ち着いて考えて見てください。

本当に転職という選択肢がベストなのでしょうか?

例えば、働き方を変えてみたり、上司に部署の移動などをお願いしてみたりすることで解決するのであれば、そちらを優先すべきです。

もちろん、心身に病気などの異常が出る場合には、一刻も早く転職を考えるべきです。

焦らず、内定をしっかり見据えたスケジュールを立てる

転職_20代10

転職というのは、1ヶ月やそこらで終わるものではありません。

自己分析や情報収集に1〜2ヶ月、選考・面接に1〜2ヶ月、内定をもらってからの手続きなどで1〜2ヶ月かかることが多いです。

つまり、転職期間は短くても3ヶ月、長いと半年ほどかかることが多いです。

異動のタイミングなどとかぶると、手続きが煩雑になったり、上司に引き止められてしまったりする可能性も出てきます。

緻密なスケジュール管理が鍵となってきます。

転職活動は、現職を続けながら

転職_20代11

転職を考えだすと、一刻も早く会社を辞めてやるという気持ちが大きくなってしまうこともあります。

しかし、現職を辞めてから転職活動に乗り出すのは非常にリスクが高いです。

なぜなら、現職を辞めてしまうと転職期間中は収入がゼロになってしまうからです。

そんな中で転職活動がうまくいかないと余計な焦りが出てしまい、受かる面接も受からなくなってしまいます。

メンタル面で焦らないよう、現職を続けながら転職活動をしましょう!

言語化できるまで、徹底した自己分析を

転職_20代12

大学生の時に就活と同じように、転職活動の際にも徹底した自己分析が非常に重要となってきます。

なぜなら、20代の転職は柔軟にできる反面、自己分析をしてキャリアプランを確立させないと企業選びに失敗してしまうからです。

自分の強みや経験してきたことをしっかり言語化して、面接官に伝えるようにしましょう!

面接では転職理由をしっかり伝える

転職_20代13

自己分析と同様、転職理由も明確化して面接官に伝えることが重要です。

適当に転職先を選ぶのではなく、なぜその企業がいいのか、なぜその企業でなければいけないかを明確にしましょう。

なぜ20代で転職をするのか、前職の何がダメだったのかを言語化し、面接官が納得するような理由を伝えることがポイントです!

企業に貢献できるというポテンシャルをアピール

転職_20代14

20代での転職では基本的に、専門スキルではなくポテンシャルで評価されます。

社会人経験は少ないものの、今までに経験したことから自分の得意分野を洗い出し、しっかりと企業に伝えることが重要です。

そのためにも、上でお伝えしたような自己分析や転職理由の明確化が大事になってきます!

女性なら、結婚や出産を見据えた上で働きやすい職場を探す

転職_20代15

20代の半ばになれば、結婚を考え始める人も増えてくるでしょう。

結婚・出産といった、家庭のことを考えると産休や育休制度が充実している職場を探すといいです。

また、ワークライフバランスをしっかり考え、自分の体に負担のかからないような職場選びも大事になってきます!

20代で転職に成功するポイントをまとめると
  • 本当に転職がベストな選択?
  • しっかりしたスケジュールを立てる!
  • 現職を続けながら転職活動!
  • 徹底した自己分析!
  • 明確な転職理由!
  • ポテンシャルのアピール!
  • 結婚・出産を見据えた職場選び!

20代で転職する人が注意すべき3つのポイント

転職_20代16

20代でも全員が全員うまく転職できるとは限りません。

中には、「今までよりも労働条件が厳しい」とか「給料が極端に減ってしまった」という人もいます。

自分の理想通りの転職を成功させるためにも、注意すべき点を3つご紹介します。

20代転職者が注意すべき3つのポイント
  • 転職を楽観視し対策を疎かにしてはいけない
  • 異職種・業種への転職は事前リサーチを徹底すること
  • やみくもに転職ばかりを繰り返さない

転職を楽観視し対策を疎かにしてはいけない

お伝えしているように、20代の転職はポテンシャル採用がメインです。

しかし、だからといって面接官も、企業側になんのメリットもない人材を採用するはずはありませんよね。

しっかりと企業の特性を分析した上で、「自分なら御社に◯◯という形で貢献できる」といったことを伝えなければいけません。

異職種・業種への転職は事前リサーチを徹底すること

20代なら、異職種・業種への転職にもチャレンジできます。

ただ、その場合にはより緻密な情報収集・分析が必要になってきます。

その上で、「自分の◯◯という経験が、この職種にも生かせると思う」という理由づけが大事です!

やみくもに転職ばかりを繰り返さない

20代は転職がしやすいとはいえ、考えなしに転職を繰り返すことは危険です。

なぜなら、将来キャリアアップを考えて本当に転職する必要が出てきた時、面接官は20代での短期間での転職を警戒するからです。

面接官に警戒されてしまうようなリスクをやみくもにとることはおすすめできません。

20代転職者が注意する点をまとめると
  • 対策を疎かにしない!
  • 特に異職種のリサーチはしっかりと!
  • 考えなしの転職はダメ!

20代で転職した人の体験談

転職_20代17

ここでは、実際に20代で転職した人の成功体験談と失敗談をご紹介します。

結論、成功する人はみな自己分析志望理由をきっちり詰めており、それをしっかりと面接官に伝えることができています。

逆に、なんとなく良さそうな求人を見て深く考えずに応募してしまった人は、理想とのギャップで入社してからも苦しんでいます。

転職に成功した人

「企業の情報を多く集め、自分のスキルが御社に貢献できるとアピールすることが、転職活動の一番の肝。

自分一人の力だけでは限界があるので、情報収集の際はエージェントをフル活用すると良い。」

(大手メーカー企業/男性/20代半ば)

20代転職に成功した人のポイント
  • 自分が企業にいかに貢献できるかアピールした
  • 転職エージェントも使って情報収集!

転職に失敗した人

「異業種へ転職したが、求人をしっかり読み込んでいなかったせいで以前よりもブラックな会社へ入社してしまった。

毎日のように終電までサービス残業をしており、このままでは健康を害してしまう。」

(個別指導塾/男性/20代半ば)

「ノルマから逃げることで頭がパンクし、一刻も早く転職したかった。

しかし、転職先の大手企業も自分に合わず、結局はノルマを達成するだけの毎日になり、さらには人間関係までこじれてしまった。

1番の失敗は、転職前の下調べが甘すぎたこと。」

(大手化粧品会社/女性/20代後半)

20代転職に失敗した人のポイント
  • 情報収集をほとんどしなかった
  • 転職エージェントを使わず、1人で転職活動をした

20代転職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選

転職_20代18

20代の転職では、転職エージェントや転職サイトを有効活用するべきです。

なぜならこれらは初めて転職する人の心強い味方になるだけでなく、普通なら掲載していないような求人も紹介してくれるからです。

ここでは、20代転職者におすすめの転職エージェントやサイトを5つ紹介していきます。

20代転職におすすめの転職エージェント・転職サイト5選
  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア
  • 女の転職Type

リクルートエージェント

転職_20代19

リクルートエージェントは、日本最大級の転職エージェントであり、転職成功実績もNo.1です。

多種多様な業界の内定実績があるため、転職活動のノウハウも業界トップのものを持っています。

リクルートエージェントの特徴
  • 求人数が驚異の20万件以上!
  • 国内トップクラスの転職支援実績
  • 面接対策が充実している!

一方で、担当者によっては対応が遅かったり、希望していない求人にまで強引に応募させられるといった声もあります。

リクルートエージェントはこんな人におすすめ!
  • 多種多様な業界をみてみたい人
  • とにかく多くの求人情報がほしい

doda

転職_20代20

dodaは、パーソルキャリアが運営しているエージェントです。

求人数、内定獲得数共にリクルートエージェントに次ぐ知名度があります。

dodaの特徴
  • 業界No.2の求人情報数!
  • 20代の転職活動を徹底支援

一方で、求人量が多い故に、中には質の低い求人情報もあるという声も上がっています。

dodaはこんな人におすすめ!
  • 年収アップを見据えた転職がしたい人
  • 様々な業界の情報がほしい人
  • 転職セミナーなどに積極的に行きたい人

マイナビエージェント

転職_20代21

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する総合型の転職エージェントです。

サポートが手厚いことに定評があり、ひとりひとりに対して丁寧な支援をしてくれます。

マイナビエージェントの特徴
  • 転職サポートが無期限
  • 20代向けの求人が豊富!
  • 20代で転職を成功させるためのノウハウが充実

一方で、担当によっては連絡がしつこく、自分のペースで転職活動ができない場合があります。

マイナビエージェントはこんな人におすすめ!
  • 20代で初めて転職を経験する人
  • 履歴書の添削などをきっちりやってもらいたい人

パソナキャリア

転職_20代22

パソナキャリアは、特にキャリアアドバイザーの評判が良く、非常に信頼できる転職エージェントです。

質の高い専任のアドバイザーがいるため、安心して転職のサポートを任せることができます。

パソナキャリアの特徴
  • 専任アドバイザーの質が高い
  • 非公開求人数が多い!
  • 担当のレスポンスが早い

一方で、サポート期間が3ヶ月と決まっているため、転職活動が長引く人にはおすすめできません。

パソナキャリアはこんな人におすすめ!
  • 初めて転職を経験する20代の人
  • 最初から最後まで手厚いサポートが欲しい人

女の転職Type

転職_20代23

こちらは、女性の転職に特化した転職エージェントです。

女性のアドバイザーを数多く取り揃えており、転職したい女性の信頼を集めています。

産休・育休制度が充実した企業」や「仕事と育児の両立ができる企業」など、女性目線での求人を多く取り扱っています

女の転職Typeの特徴
  • 女性転職者へのサポートが手厚い!
  • 女性ならではの悩みもきちんと受け止めてくれる

一方で、対応している職種が限られている点や、地方の求人が少ない点には注意が必要です。

女の転職Typeはこんな人におすすめ!
  • 家庭と仕事を両立できるか心配な女性
  • 職場のイメージを具体的に持ちたい女性
  • アパレル関係に転職したい女性
転職エージェントの選び方 | 比較ポイントを徹底解説

20代転職の転職活動開始から内定までの流れ|6ステップ

転職_20代24

20代で転職に成功するためのポイントや、おすすめエージェントをご紹介しました。

ここでは、実際に転職活動を始めてから内定をもらい、転職するまでの流れを6つのステップに分けて解説していきます。

STEP.1
転職エージェントに登録

まずは、Webサイトから自分に合った転職エージェントに登録をします。

登録が完了したら、担当になるアドバイザーから連絡がくるので、アドバイザーとの面談の日程を調整しましょう。

アドバイザーと面談する際、希望する転職の条件をきちんと伝えておくと、転職活動を効率的に行うことができます。

STEP.2
転職先にふさわしい企業を探す/紹介してもらう

面談の次に、実際に転職先としてふさわしい企業を探し始めます。

転職エージェントでは、サイトに載っていない企業を紹介してもらえるので、自分の求める条件を満たす企業を見つけやすいです

STEP.3
履歴書を作成し、企業へ応募

次に応募する際に必要な履歴書の作成をします。

様々なノウハウを持った担当アドバイザーが履歴書の添削や面接対策まで実施してくれるので、安心できます。

STEP.4
書類選考を通過したら面接を実施

書類選考が通れば、企業との面接に進めます。

担当アドバイザーが面接対策もしてくれるので、アドバイスを元に面接にいきます。

自己分析転職理由自分のポテンシャルなどを余すことなく面接官に伝えましょう。

STEP.5
面接に受かって内定をもらう

無事面接に合格すれば、晴れて内定獲得となります。

内定獲得後も、転職エージェントが給与の交渉や入社日の調整を行ってくれるので安心ですね。

STEP.6
現在の会社に退職届を提出

転職先が決まったら、今の職場に退職届を提出したり、引継ぎなどの手続きを済ませましょう。

どうしても自分の口から退職を切り出せない場合は、退職代行などのサービスを利用してみるのもアリかもしれません。

20代の転職活動で困ったときはプロを頼れ!

転職_20代25

20代で初めて転職活動をする時は何をすればいいのかも分からず、不安ですよね。

そんな時は、転職をサポートしてくれるプロフェッショナルを大いに頼りましょう!

転職活動で困ったときに頼れるプロ
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 母校のキャリアセンター

転職エージェントを活用

転職エージェントの利用は、20代の転職時にほぼ必須といっても過言ではありません。

転職エージェントは無料で利用することができるため、自分に合ったエージェントに今すぐ登録しましょう!

ハローワークに相談

ハローワークは、厚生労働省によって運営されている職業紹介所です。

就職困難者を支援するためのセーフティーネットとしての役割を果たしています。

求職者の利用は無料であり、人材を求める企業側も利用で無料できるため、情報収集するだけでも行く価値はあります。

母校のキャリアセンターも使える

大学にはそれぞれキャリアセンターが設置され、学生の就活に役立っています。

20代の社会人でも、卒業生であれば母校のキャリアセンターを利用できるケースが多いので、キャリアプランの相談などに活用してみてください!

転職する20代の疑問点6つを解決!|Q&A

転職_20代26

転職をするにあたり、疑問を持つこともあるでしょう。

ここでは、20代の転職者によくある疑問点を6つご紹介していきます。

転職する20代の疑問6つ
  • 企業の情報収集って、どうやるの?
  • 書類選考を突破するには?
  • 面接がうまくいかない時は?
  • 何社くらい受ければいい?
  • 転職期間って、どれくらい?
  • 転職活動が行き詰まってしまったら?

企業の情報収集ってどうやるの?

転職_20代27

基本的には転職サイト求人情報誌をみて情報収集します。

サイトには、企業ごとの情報が細かく載っていますので、見落とさないようにしましょう。

また、転職エージェントを利用している場合は、担当アドバイザーが情報をくれたりもします

書類選考を突破するには?

転職_20代28

書類選考のための履歴書・職務経歴書は、担当アドバイザーに添削してもらうことがベストです。

自分の特性、長所などが企業にしっかりと伝わるよう、丁寧に書くことが求められます。

書類選考を通っても面接がうまくいかないときは?

転職_20代29

面接官に、自分の長所やポテンシャルがうまく伝わっていない可能性が高いです。

自分の◯◯という点で御社に貢献できる」ということをしっかりアピールしてください。

また、転職エージェントの担当アドバイザーが無料で面接練習をしてくれますので、活用してください。

書類選考・面接がうまくいかない時は
  • 履歴書の添削や面接の練習を担当アドバイザーにしてもらう!
  • 今までの経験を生かして、自分がいかに企業に貢献できるかアピール!

20代の転職活動では何社くらい受ければいい?

転職_20代30

20代で転職活動をする際は、5〜6社を受ける人が大半です。

少なすぎると、自分に本当にマッチした企業に出会えなくなってしまう可能性があります。

逆に受ける企業が多すぎても、各々での志望理由がぼんやりしてしまうこともあるからです。

みんなどれくらいの期間、転職活動してるの?

転職_20代31

自己分析や企業の情報収集に1〜2ヶ月、応募や選考・面接に1〜2ヶ月、内定をもらってから現職をやめる手続きなどで1〜2ヶ月かかることが多いです。

転職活動が難航した場合を考え、半年を目安として考えていれば良いかと思います。

転職活動が行き詰まったらどうすればいい?

転職_20代32

転職がなかなかうまく行かないと、精神的にも不安になって、余計に焦ってしまします

かといって今の職場の人には相談しづらいでしょうから、職場以外の友人などに相談してみるとスッキリするでしょう!

20代での転職|まとめ

転職_20代33

20代での転職に成功するポイントや、実際の転職活動の流れについて解説してきました。

「20代の転職」まとめ
  • 20代の転職活動は成功しやすい
  • 自分のポテンシャルで企業にどう貢献するか伝える
  • 徹底した自己分析で、志望理由を言語化
  • 転職エージェントは絶対に活用しよう

しっかりと対策を練って、転職エージェントなども活用できれば、20代の転職活動は成功します

転職に成功し、理想のキャリアプランを歩まれることを願っております!

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる