転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

転職エージェントで面接辞退はOK!99%成功する正しい断り方【例文付き】

転職エージェント経由の面接って辞退してもいいのかな?
転職エージェントに面接が辞退できない!

この記事ではこんなお悩みを解決します。

まず結論から言うと、

エージェント経由で確約した面接も辞退できます。

それが面接の前日出会っても、二次面接であっても変わりません。

以下のグラフはエン・ジャパン調べの面接自体をした事がある人の割合ですが

実際にあなたの想像をはるかに上回る人数が、エージェント経由の面接を辞退しているのです。

転職エージェント面接辞退割合

出典:エン・ジャパン

ただし、正しい断り方をしないと、今後求人を紹介してもらえないリスクがあることは事実です。

今回の記事では、辞退する時に絶対にしてはいけないこと、具体的にどういう辞退メールを送るべきか

などエージェント経由で確約した面接辞退で断れる方法を例文付きで解説をします。

あなたがこの記事を読み終えた時には、面接辞退への迷いはなくなりどうすれば面接辞退できるのかも明確に分かるようになっているでしょう!

先に面接辞退の例文を読む!

「転職エージェントの面接辞退」をざっくり言うと
  • 面接辞退の理由は正直に
  • 面接辞退の連絡は出来るだけ早く
  • エージェント経由の面接でも辞退可能
  • 面接前の辞退を伝える時には面接後の辞退は申し訳ない旨を伝える
  • 面接辞退の連絡を電話でする時は話し方に気を付ける
  • 転職エージェントに面接辞退ができないと言われたら、他の転職エージェントを探す
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

そもそも転職エージェント経由の面接辞退はOK?データで解説!

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

転職エージェント面接辞退理由

転職エージェント経由の面接も辞退可能ですが、どうして辞退可能と言えるのか?

その根拠をお伝えしてきます。

先に面接辞退の例文を読む!

この章で解説すること
  • 面接を辞退する理由
  • 面接を辞退するタイミング
  • 面接を辞退したことがある人の割合
  • 面接を辞退するのはオッケー|まとめ

面接を辞退したことがある人の割合

まず、グラフは冒頭でも少し解説しましたが、面接を辞退したことがある人の割合は以下の通りです。

転職エージェント面接辞退割合

出典:エン・ジャパン

円グラフから分かるように、面接を辞退することは特別なことではありません。

面接を辞退する理由

面接を辞退する理由は以下の通りです。

面接前の辞退理由】

転職エージェント面接辞退面接前

出典:エン・ジャパン

応募してから希望に合わない点が見つかったというのが最も多い理由です。

他にもネット上でよくない評判や噂を聞いたなど、会社の仕事内容や会社の雰囲気を知る前に内定を辞退している方も多くいるようです。

面接後の辞退理由】

転職エージェント面接辞退面接後

出典:エン・ジャパン

面接後の辞退理由は、面接を通じて仕事内容や条件面において合わない点が合ったことが多いです。

他にも実際に面接をしてみて、条件や雰囲気が価値観と合わないなどの理由で辞退している方が多いようです。

内定後の辞退理由】

転職エージェント面接辞退内定後

出典:エン・ジャパン

内定後に関しては再度考えた後に、条件面での違いを理由に辞退する人が多いです。

辞退のタイミングによって最も多い理由はありますが、面接を辞退したい理由に関しては、あなたの素直な理由を伝えるのがベストです。

なぜなら、面接前、面接後、内定後のタイミングによって辞退の理由は変わってきますし、同じタイミングでも人によって辞退の理由はバラバラだからです。

面接を辞退するタイミング

面接を辞退するタイミングは以下の通りです。

転職エージェント面接辞退タイミング

出典:エン・ジャパン

選考が進むにつれて、辞退率は減っていきますが、内定後に辞退できない訳ではありません。

辞退する気持ちが固まっているなら、できるだけ早く辞退した方がいいですが、どのタイミングでも辞退は可能です。

面接を辞退するのはオッケー|まとめ

面接辞退まとめ

【面接を辞退する理由】

→タイミングによってメインな理由は変わるが、人それぞれ辞退する理由は異なるので、自分の素直な理由でオッケー

【面接を辞退するタイミング】

→できるなら選考の早い段階で辞退した方が好ましいが、内定後でも辞退は可能

【面接を辞退したことがある人の割合】

→過半数の人たちが辞退したことがある

つまり、エージェント経由の面接を辞退するのはオッケーです。

しかし絶対にやってはいけない辞退方法があるんです。

転職エージェント経由の面接を辞退するときのNG行動とは?

転職エージェント面接辞退NG行動

転職エージェント経由の面接は辞退できますが、辞退する時に絶対にやってはいけないこともあります。

この3つだけは絶対にやらないようにしましょう。

先に面接辞退の例文を読む!

面接を辞退するときに絶対にやってはいけないこと
  • 面接の無断キャンセル
  • 面接の辞退連絡を直接企業に伝える
  • 面接辞退の理由で嘘をつく

面接の無断キャンセル

面接の無断キャンセルは絶対にご法度です。
「連絡して怒られるのが怖くて、、」
たしかに転職エージェントとしては面接を辞退されることは嬉しいことではありません。

しかし、事前に辞退したい旨を伝えればエージェントも理解してくれます。

何より、1度でも無断キャンセルをしてしまうと、そのエージェントとの関係性が壊れてしまうため、今後の転職活動に影響が及んでしまう可能性が高くなってしまいます。

面接の辞退連絡を直接企業に伝える

転職エージェント経由での面接の場合、面接の辞退連絡は転職エージェントにしましょう。

転職エージェントの利用中は企業との直接連絡が禁止されていることも多いため、どんな連絡をする時もまずは転職エージェントに連絡するようにしましょう。

面接辞退の理由で嘘をつく

面接辞退の理由を転職エージェントに伝える時は、嘘をつかず正直な理由を伝えるようにしましょう。

転職エージェントは何人もの求職者を担当した転職のプロです。

下手な嘘はバレる可能性が高いです。

正直に面接を辞退したい理由を伝えれば、転職エージェントも理解してくれ、今後も良好な関係を続けていくことができると思われます。

【メール例文】転職エージェントにメールで面接辞退を伝える時の大事なポイント

decline_the_interview_8

面接の辞退、できればメールで連絡したいですよね?

どんな時にメールで連絡していいのか?

どんなメールの文面がいいのかを紹介していきます。

この章で解説すること
  • メールで辞退を伝える時の注意点
  • メールで辞退を伝える例文

メールで辞退を伝える時の注意点

転職エージェント経由の面接を辞退したいときにメールで伝えるのは可能です。

ただし、注意点があります。

メールの注意点
  • 面接の前日、もしくは当日の辞退連絡は電話でする
  • メールを送って返事がない場合は、電話で連絡する
  • 礼儀正しいメールを送る

まず、メールよりも電話で伝える方が誠意は伝わります。

さらに、転職エージェントとしてもすぐに面接辞退を知ることができるので次の行動に移りやすくなります。

それでもやっぱり電話は苦手という方は、、、

面接日まで余裕がある場合は、メールで面接辞退の連絡をしても問題ありません。

面接の前日か当日に連絡をする場合は電話でしましょう。

また、メールで面接辞退の連絡を転職エージェントに送っても返信が来ないなんてこともあります。

返信が来ない時は電話でも面接辞退の旨を伝えましょう。

「電話したくないから、メールしたのに、結局電話しなきゃいけないなんて、、、」と思う方もいるでしょう。

お気持ちは分かりますが、転職エージェントの方がメールに気づいていない可能性もあります。

返信がなかったら電話でも連絡する方が親切です。

そして最も大事なのがメールの内容です。

できる限り礼儀正しいメールを送る必要があります。

例文を使ってポイントをお伝えしていきます。

メールで辞退を伝える例文

【件名】面接辞退のご連絡:〇〇(自分の名前)

 

【本文】△△様(転職エージェント名)

 

いつもお世話になっております。
〇〇と申します。

 

◇月◇日に予定していた××会社の面接を辞退させていただきたいと思います。

 

△△様にご尽力いただき、
××株式会社のご担当者様には面接準備を進めて頂いているにも関わらず、
辞退の依頼をさせていただくことになり大変申し訳ございません。

 

辞退の理由は、仕事内容で希望と異なる点が多かったからです。
仮に、面接を受けて内定をいただいたとしても、
結局、断ることになると思いますので、早めに辞退させていただければと思います。

 

お手数をおかけして大変恐縮ですが、何卒宜しくお願い致します。

 

〇〇(自分の名前)

伝えるべきポイントは5つです。

メールのポイント
  1. 名前(本名)
  2. 面接の日時・会社名
  3. 面接辞退の理由
  4. 面接前に辞退したい旨
  5. 謝罪の気持ち

面接前に辞退したい旨を書かないと、
「とりあえず面接してみませんか?」と転職エージェントの人に言われてしまうので、

面接前に辞退したい理由を伝えましょう。
【他で内定】転職エージェントに連絡する?正しいメール例文|辞退・退会も好印象にしよう

【電話例文】転職エージェントに電話で面接辞退を伝える時の大事なポイント

転職エージェント面接辞退電話

電話で面接辞退の連絡をする時は、メールとは違うポイントがあります。

電話で伝えるべき内容も網羅しました。

この章で解説すること
  • 電話で辞退を伝える時の注意点
  • 電話で辞退を伝える例文

電話で辞退を伝える時の注意点

転職エージェント経由での面接辞退を電話で伝える場合も注意するべきポイントがあります。

電話の注意点
  • 営業時間内に電話をする
  • 話し方で申し訳ない気持ちを伝える
  • 礼儀正しい内容で話す

まず、転職エージェントの人にも労働時間があります。

基本的にはその労働時間の時に電話をかけるようにしましょう。

ただし、面接の直前になってしまい、一刻でも早く伝えたい場合は営業時間外でも仕方ありませんので電話をするようにしましょう。

また、電話だとメールでは気にする必要がなかった”伝え方”も重要になってきます。

どれだけ礼儀正しい内容を話したとしても、話し方が横柄だったら印象は悪くなります。

申し訳ないと思いながら電話をするとその気持ちがエージェントの人にも伝わりやすいです。

そして、最後に大事なのは話す内容です。

メールと同様、できる限り礼儀正しい内容で伝える必要があります。

例文を使ってポイントをお伝えしていきます。

電話で辞退を伝える例文

あなた:いつもお世話になっております。〇〇(自分の名前)と申します。△△様(転職エージェント名)はいらっしゃいますか?

担当者:お世話になっております。△△です。

あなた:大変申し訳ないのですが、◇月◇日の××社の面接を辞退させていただきたいです。

担当者:かしこまりました。面接辞退の理由は何ですか?

あなた:仕事内容で希望と異なる点が多かったからです。

担当者:そうなんですね。まだ他社の内定が出ていないのでしたら、とりあえず受けて頂いてもいいかと思うのですがいかがですか?

 

あなた:仮に、面接を受けて内定をいただいたとしても、結局、断ることになると思いますので、できれば辞退させていただきたいです。

 

担当者:承知いたしました。

あなた:面接のスケジュールを組んでいただいたのに大変申し訳ありません。他社の面接は必ず伺いますので、何卒宜しくお願い致します。

電話の場合でも、伝えるべきポイントは5つです。

電話のポイント
  1. 名前(本名)
  2. 面接の日時・会社名
  3. 面接辞退の理由
  4. 面接前にしたい旨
  5. 謝罪の気持ち

電話の場合は、
「まだ他社の内定が出ていないのでしたら、とりあえず受けて頂いてもいいかと思うのですがいかがですか?」
と、聞かれない可能性があります。

ただし、例え聞かれなくても面接前に辞退したい旨はきちんと伝えた方がいいです。

なぜなら、後に転職エージェントから電話が来て、「やっぱり面接だけでも受けませんか?」と伝えられるのを避けるためです。

転職エージェントに面接辞退ができないと言われたら?

転職エージェント面接辞退不可

面接辞退の連絡をしたら、まさか「ダメ」と言われてしまった。

そんな時はどうすればいいのか説明します。

この章で解説すること
  • 面接辞退は絶対にできる
  • 担当のエージェントを変えてもらう
  • 他社の転職エージェントに変更する

面接辞退は絶対にできる!

まず最初に知っておいてほしいのは、面接辞退はできるということです。

転職エージェントとしては求職者が企業の面接を受け、内定して、入社して初めて利益が出るので、

できるだけ面接は受けてほしいと思うでしょう。

しかし、それは転職エージェントの都合であり、転職はあなたにとって人生の転機です。

仮に、「転職エージェントに面接辞退はできない」と言われても、諦めないでください。

では諦めずにどうすればいいのでしょうか?

担当のエージェントを変えてもらう

「面接辞退はできない」と担当のエージェントに言われたら、担当のエージェントが雇われている会社の問い合わせフォームで問い合わせましょう。

担当のエージェントを変更してほしいことと、その理由を伝えましょう。

問い合わせフォームで返信が遅い場合は、会社に直接電話することも可能です。

他社の転職エージェントに変更する

担当のエージェントをなかなか変えてもらえない。

変えてもらっても問題が解決しない。

こういう時は他社の転職エージェントに変更しましょう。

全国には約17,000もの転職エージェントが存在します。

もっとあなたに親身になってくれる転職エージェントを見つけられるはずです。

⬇︎ブックマークおすすめ!こんな記事も読まれてます

【徹底比較】転職エージェントおすすめ人気ランキング5社!100人の口コミ・評判からわかる選び方を解説

そもそも辞退しやすい転職エージェントとは?

転職エージェント面接辞退しやすい

エージェント経由の面接辞退の方法をお伝えしてきましたが、そもそも辞退しやすい転職エージェントがあることをご存じですか?

新しい転職エージェントを検討している方は是非参考にしてください。

面接を辞退しやすい転職エージェント
  • パソナキャリア
  • doda
  • リクルートエージェント

面接を辞退しやすい転職エージェント

社名 パソナキャリア doda リクルートエージェント
ロゴ 転職エージェント_パソナキャリア 転職エージェント_doda 転職エージェント_リクルートエージェント
総合点 ☆☆☆★★ ☆☆☆☆★ ☆☆☆☆☆
求人数  ☆☆☆  ☆☆☆  ☆☆☆☆
サポート体制  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆
母体の信頼度  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆
使いやすさ  ☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆
対応地域  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆
口コミ評判 第二新卒でも転職できる
女性の転職支援が手厚い
条件に合う求人がないと
サポートを受けられない
サイトが使いやすい
信頼できる
他のエージェントと併用
アドバイザーの質がいい
満足のいく転職ができた
求人数が多い など

パソナキャリア

転職エージェント面接辞退パソナ

パソナキャリアの評価
求人数
(3.0)
サポート体制
(4.0)
母体の信頼度
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
対応地域
(4.0)

パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を重要視しているため、利益を第一に考えて、強引に面接を受けさせられることはありません。

また、電話・メールのレスポンスが速いと評判なのも安心できるポイントです。

パソナキャリアの特徴
  • 女性の転職に強い
  • 対応が早いと評判
  • 人材紹介会社大手の安心感
  • 求人は転職〜ハイキャリア転職までカバー
パソナキャリアの口コミ

-20代後半女性

メールでの連絡・対応が非常に速くて、丁寧でした。
担当の方も相談しやすかったですし、親身になって相談にのってくれたと感じました。

⬇︎ブックマークおすすめ!こんな記事も読まれてます

パソナキャリアの評判・口コミは最悪?使った100人のリアルな激辛評価

doda

doda

dodaの評価
求人数
(5.0)
サポート体制
(4.0)
母体の信頼度
(4.5)
使いやすさ
(3.0)
対応地域
(4.0)

dodaは担当者の当たりはずれがないエージェントとして評判です。

担当者の当たり外れがないということは会社として信用できる転職エージェントになります。

あなたが「面接を辞退したい」と伝えて、対応が悪くなることはありえないでしょう。

dodaの特徴
  • 担当者の高評価が多い傾向
  • 断るのが苦手と言う方でも安心して頼める
  • 求人数はパソナより劣るが対応地域は◎
dodaの口コミ

-20歳女性

dodaのキャリアアドバイザーさんめっちゃいい人!!
会えてよかったー
キャリアアドバイザーも会社によって全然違うんだよなあ。dodaを紹介してくれた方に感謝。
その人を紹介してくれた友達に感謝。
本当にありがとうございます。

⬇︎ブックマークおすすめ!こんな記事も読まれてます

【徹底解説】dodaの評判は何が本当?エージェントを使った転職活動を成功させよう!

リクルートエージェント

転職エージェント面接辞退リクルート

リクルートエージェントの評価
求人数
(5.0)
サポート体制
(4.0)
母体の信頼度
(4.5)
使いやすさ
(4.0)
対応地域
(4.0)

リクルートエージェントは求人量がNo1の転職エージェントです。

求人量が多いので、あなたが面接を辞退しようとしても、他の求人を紹介することができるため、強引に面接を勧められる可能性は低くなります。

リクルートエージェント
  • 求人数が圧倒的
  • 中小零細企業〜大手、ベンチャーまで広範囲でカバー
  • 業界特化の求人サービスも展開しているのでニッチ転職でも安心
  • 担当者の質にバラツキがあるのが△
リクルートエージェントの口コミ

-20代前半女性

第二新卒、かつ一般事務職しか経験のない状態で、他のエージェントでは紹介できる案件はないと言われて諦めていたが、リクルートエージェントでは30件以上の案件を提示してくれました。
面接対策もばっちりしてもらい、総合職として改めてキャリアをスタートさせることができました。

⬇︎ブックマークおすすめ!こんな記事も読まれてます

リクルートエージェントは評判悪い?騙されないために知っておきたい転職エージェントのリアルな裏事情や評判を大公開 転職エージェントの選び方 | 比較ポイントを徹底解説

転職エージェントに関するQ&A

decline_the_interview_14

Q. 一度面接を辞退した企業は再応募できないのでしょうか?

A. 一度面接を辞退した企業への再応募は原則できません。

面接を辞退するときは、二度とその企業を受けるつもりはないのか、しっかりと考えてから辞退しましょう。


Q. 面接を受けるように説得されたらどうすればいいでしょうか?

A. 面接を受ける企業に絶対に入社するつもりがないなら、辞退した方がいいです。

一度、断らないで続けてしまい、その後も断れなくなってしまい、希望と違う企業で働くことになってからでは遅いです。

「入社するつもりはないのに面接を受けるのは申し訳ない」と、きちんと断りましょう。


Q. 当日でも面接の辞退はできますか?

A. できないことはないです。

ただ、転職エージェントも受け入れ先企業も面接の準備をしています。

余程のことがない限り当日の辞退はしてはいけません。

ただし、やむを得ない事情が出来てしまった場合は転職エージェントに連絡して相談してみましょう。

無断キャンセルだけはしないようにしてください。

 転職エージェントの面接辞退|まとめ

転職エージェント面接辞退まとめ

今回は転職エージェント経由の面接辞退について、面接辞退ができる理由や面接辞退の具体的な方法を紹介しました。

要点をまとめると、

転職エージェントの面接辞退|まとめ
  • 面接辞退の理由は正直に
  • 面接辞退の連絡は出来るだけ早く
  • エージェント経由の面接でも辞退可能
  • 面接前の辞退を伝える時には面接後の辞退は申し訳ない旨を伝える
  • 面接辞退の連絡を電話でする時は話し方に気を付ける
  • 転職エージェントに面接辞退ができないと言われたら、他の転職エージェントを探す

自分の想いを第一に考えながらも、転職エージェントに失礼にならないような対応を心掛けられるといいですね。

この記事が皆さんの転職活動にいい影響を与えられたら幸いです。

面接前以外の転職エージェントの断り方も知りたい人はコチラの記事もどうぞ。
【そのまま使える例文付き】今すぐできる転職エージェントの上手な断り方

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる