転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

「取り急ぎご連絡まで」の意味と正しい使い方|例文、英語表現、言い換えも紹介

何かと忙しいビジネスシーンでは、「取り急ぎご連絡まで」というフレーズを見聞きすることは多いでしょう。

メールの決まり文句にも使える便利な表現ですが、目上の方人やクライアントに使っても良いフレーズなのでしょうか。

「取り急ぎご連絡まで」の使い方や例文、英語表現を解説します。

「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

「取り急ぎご連絡まで」の意味と使い方は?徹底解説!

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

「取り急ぎご連絡まで」は、途中で言葉を終わらせているフレーズです。

このようなフレーズは、使い方を間違えると相手に悪印象を抱かせてしまいます。

「取り急ぎご連絡まで」の基本的な意味と使い方を確認しましょう。

「取り急ぎご連絡まで」の意味を徹底解説!

「取り急ぎご連絡まで」の「取り」とは、「とりあえず」という意味です。

「まで」は、「します」「いたします」とするところを、短く省略した表現になります。

つまり、「取り急ぎご連絡まで」は「時間がないので、とりあえず連絡します」という意味になりますよね。

「取り急ぎ~まで」を使った表現は他にもあり、「取り急ぎご報告まで」「取り急ぎご挨拶まで」等色々な種類があります。

これらも似た意味で、「急ぎですがご報告申し上げます」「ひとまずご挨拶を申し上げます」という表現です。

意味や使い方もほとんど変わりありません。

本当に急を要する連絡のみ使おう!

多忙を極めるビジネスシーンでは、「取り急ぎ」を使ったフレーズは使い勝手のいいものです。

しかし、いつでも使っていい表現ではありません。

基本的に「緊急で連絡が必要な場合のみ」使うべき言葉です。

さらに、「取り急ぎ○○まで」は、どうしても急ぎで伝えたい内容だけを伝えるようにしましょう。

「取り急ぎ○○まで」を使った後は、必ず改めて詳しい連絡を入れるのがマナーです。

基本的な使い方としては、要点だけを伝えるメールの末文に「取り急ぎ○○まで」と書きましょう。

使うのは控えよう「取り急ぎお礼まで」はマナー違反

「取り急ぎお礼まで」というフレーズは、ビジネスシーンでは、よく見聞きします。

実際に使っている人も多いでしょう。

しかし、このフレーズはマナー違反です。

何らかの行動をしてくださった方に、「時間がないから、とりあえずお礼を言います。」は、あまりにも失礼ですよね。

クライアントや上司はもちろんのこと、部下や同僚にも使うのはなるべく避けましょう。

ビジネスシーンでは、素早い返答が求められますが、お礼の言葉はまた別です。

きちんとしたお礼の言葉を返すのが、最低限のマナーです。

何かを受け取った場合には、以下の例文のように、丁寧な連絡を心がけてください。

 【メール例文】

  • 「まずは、御礼のみで失礼いたしますが、後日ご挨拶に伺いたいと存じます」

このように丁寧に連絡した場合でも、後日改めて御礼の連絡を忘れないようにしましょう。

「取り急ぎご連絡まで」には返信不要!

「取り急ぎご連絡まで」というメールを受け取った場合、基本的に返信は必要ありません。

後から来た、詳細な内容の連絡に返信しましょう。

気になる場合は「承知いたしました」等のように、簡単な返信をしておけば、問題ないでしょう。

目上の方に使えってOK?「取り急ぎご連絡まで」

取り急ぎご連絡まで_正しい使い方

「取り急ぎご連絡まで」は、上司を含め目上の方へ使うべきではないフレーズです。

「取り急ぎご連絡まで」のどこが失礼にあたるのでしょうか。

また使えないのであれば、目上の方へ急ぎで連絡したい時は、どのように伝えればよいのでしょうか。

例文も交えながら、解説していきます。

「取り急ぎ○○まで」は目上の方へはNG!

「取り急ぎ○○まで」というフレーズは、目上の方へは使わない方がベターです。

前の章で解説したように、「取り急ぎ」は「とりあえず」という意味が含まれます。

さらに、「○○まで」は、「します」や「いたします」を省略した、いわゆる略語です。

敬語でもない略語を、目上の方に使うのは、大変失礼な行為です。

受取る相手によっては、自分がぞんざいに扱われたと気分を害されるかもしれません。

クライアントや上司など目上の方へは、違う言葉に言い換えましょう。

急ぎの連絡をするにはこう伝えよう!

「取り急ぎご連絡まで」は、目上の方に使えないフレーズであると解説しました。

ビジネスシーンで、どうしても目上の方に至急連絡しないといけないシーンが何かとあるでしょう。

そういったシーンで使える例文をご紹介します。

 【目上の方に急ぎの連絡をするとき】

  • 「まずはご連絡のみにて失礼いたします」

「取り急ぎ」を丁寧な「まずは」に変え、「まで」を丁寧に「します」に言い換えます。

このフレーズなら、目上の方へも失礼にはあたりません。

さらに、「大変恐縮ではございますが」を頭に付け加えると、さらに丁寧な印象になります。

これでOK!「取り急ぎご連絡まで」はこう言い換えよう

「取り急ぎご連絡まで」と同じ意味を持つフレーズをご紹介します。

ご紹介する中には、目上の方へは使えないフレーズも含まれています。

相手に合わせて使い分けましょう。

相手によって使い分けよう!使える類語表現はコレ

「取り急ぎご連絡まで」の類語表現をご紹介し、解説していきます。

相手によって使い分けてください。

親しい関係性の方に使える表現

 【親しい関係性で使える例文】

  • 「ひとまずご連絡までに」
  • 「念のためご報告まで」
  • 「まずはお礼かたがたご報告まで」

「取り急ぎご連絡まで」と同じように、「まで」と略語が使われているフレーズです。

「ひとまず」や「念のため」というフレーズを用いているので、あまり急いでいるニュアンスは感じられません。

緊急性を持たせたい場合は「取り急ぎ」や「まずは」を用いるといいでしょう。

ある程度親しい間柄の人にのみ使えるフレーズです。

目上の方にも使える丁寧な表現

 【目上の方に使える例文】

  • 「用件のみのご報告で大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。」
  • 「略儀ながら、書面にてご連絡申し上げます。」
  • 「ご報告まで申し上げます。」

「大変恐縮ですが」は非常に丁寧な印象のフレーズです。

上司やクライアントに対して使っても、問題ないでしょう。

「略儀ながら」は「簡単ですが」という意味のフレーズです。

「取り急ぎ」のような、急いでいるニュアンスは感じられません。

相手によっては、カジュアルな表現に感じられるかもしれません。

使う相手には注意しましょう。

さらに丁寧に!顧客や取引先に使える類語表現

 【顧客や取引先に使える類語表現】

  • 「取り急ぎご連絡いたしますが、後程改めて詳細をご報告いたします。」
  • 「まずはご連絡のみにて失礼いたします。」

「取り急ぎ」のままでも、言葉を付け足すことによって丁寧な表現になります。

必ず「~まで」で終わらせず、「~します」など、きちんと文を完結させましょう。

「取り急ぎご連絡まで」の例文を押さえよう!

「取り急ぎご連絡まで」を使った例文や同じ意味の文を紹介します。

使う相手に気を付けながら、実際に使う際の参考にしてみて下さい。

急ぎのときはこれでOK!緊急で報告のメールを出す場合

【緊急で報告メールを出す場合】

  • 「本件の詳細は追って報告致します。取り急ぎご連絡まで。」
  • 「明日の会議が14時に変更となりました。取り急ぎご連絡まで。」
  • 「取り急ぎのご連絡となってしまい大変恐縮ですが、よろしくお願いいたします。」

「取り急ぎご連絡まで」を意味する表現は、メールの末文で書くことが多いです。

他の「取り急ぎ○○まで」も使い方は同様です。

とりあえず見たことを伝える!ひとまず返信をする場合

 【ひとまず返信をする場合】

  • 「企画書を送付頂き、誠にありがとうございます。取り急ぎご連絡まで。」
  • 「頂いたメールを拝見いたしました。取り急ぎ拝受のご連絡まで。」

「取り急ぎご連絡まで」は相手から送られたものを受け取りました、という意味合いでも使えます。

連絡をする相手によっては、失礼にあたるフレーズでもあるので、使うときには十分注意しましょう。

「取り急ぎご連絡まで」は英語表現でこう伝えよう!

取り急ぎご連絡まで_英語表現

「取り急ぎご連絡まで」を英語で伝えるのは、どのようなフレーズが適しているのでしょうか。

ビジネスシーンで使えるフレーズをご紹介します。

急いでいるときは、「Just」

「取り急ぎご連絡まで」に近いニュアンスを英語で伝えるには、以下のように表現します。

 【justの例文】

  • I just wanted to let you know that…(…について(あなたに)お知らせしたかっただけです)

「取り急ぎ○○まで」は日本ならではの言い回しのため、自然な英語で直接的な翻訳できません。

これで近いニュアンスを伝えることは可能です。

「丁度」や「だけ」を意味する「just」を使うことで、緊急性を持たせることが可能です。

また、「取り急ぎご連絡まで」を直訳すると「Just a quick note to tell you…」になります。

しかし、ネイティブの方はそのような言い方はしませんので、注意しましょう。

英語ではこう言い換えてもOK!

「取り急ぎご連絡まで」は、別の言い方もできます。

 【取り急ぎご連絡までの英語表現】

  • This is a friendly remember that…(…に関してのご連絡です)
  • This is a quick note to tell you(取り急ぎご連絡まで)

この表現も、同じようなニュアンスで使えます。

「取り急ぎ○○をお願いします」というニュアンスを英語で伝えたいときには、以下のように表現します。

便利なフレーズなので、覚えておきましょう。

正しい敬語を使うメリット・使えないデメリットとは?

取り急ぎご連絡まで_ビジネスシーン

「取り急ぎご連絡まで」だけでなく、ビジネスシーンでは、正しい敬語の使い方を求められます。

敬語は日本語の中でも、特に難解なものです。

なぜ、敬語は正しく使う必要があるのでしょうか。

敬語を正しく使うメリットと、使えないデメリットを解説します。

敬語を正しく使うメリットとは

敬語は日本特有の文化です。

とても複雑で難解な敬語ですが、使いこなせるととてもスマートな印象になるでしょう。

敬語には、相手を敬う気持ちを伝えられる、とても印象のいい言葉です。

丁寧で正しい敬語を話せれば、たいへんスマートで、良いイメージになるでしょう。

正しい言葉遣いができる人間は、信頼を得やすくなるものです。

ビジネスでは、ビジネスパートナーからの信頼を得ることが重要です。

イメージの良い人間は、ビジネスパートナーからの信頼を得やすくなります。

敬語を正しく使えないデメリットとは

一方、ビジネスシーンで間違った敬語を使うと、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

間違った敬語を使ってしまうのは、ビジネスパートナーに対して、大変失礼なことです。

相手によっては、気分を害されることでしょう。

ビジネスを円滑にすすめるためには、お互いを尊重しあう気持ちが必要です。

ビジネスパートナーの気分を害してしまうと、ビジネスにも影響を及ぼすでしょう。

敬語の使い分けをマスターすれば、印象アップ!

取り急ぎご連絡まで_例文

ビジネスでは、時間が限られているため、丁寧に時間をかけてメールを送れないときもあるでしょう。

そんな時に「取り急ぎご連絡まで」は使い勝手のいいフレーズです。

しかし使い勝手がいいからと、多用は禁物です。

やむを得ず使用する場合は、最大限相手を敬う、正しい敬語を使いましょう。

ビジネスシーンで使われるフレーズは、相手によって細かい使い分けが求められます。

どう使い分ければいいか分からなくなったら、その都度調べていきましょう。

そうすれば、複雑な敬語も使いこなせるようになるでしょう。

根気強く覚えていく姿勢が大切です。

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる