転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

JACリクルートメントの口コミ・評判は?特徴は?

JACリクルートメント_サムネイル

JACリクルートメントの評判は最悪?
JACリクルートメントのサポートってどんな感じ?
JACリクルートメント ってどんな人におすすめ?

JACリクルートメント は、管理・専門職、30代〜50代向けに特化した転職エージェントです。

JACリクルートメントは利用者が多いためか、ネット上には様々な評価が飛び交っています。

しかし結局のところ、口コミ数が多すぎてその実態がつかみづらいですよね。

今回は、JACリクルートメントの評判・口コミを徹底的に分析し、その実態を明らかにしました。

また、JACリクルートメントを最大限に活用するコツや、利用方法断られた場合の対処方法よくある質問に対しての答えまで詳しく説明します。

JACリクルートメントの利用を悩んでいる方、必読の記事です。

ぜひ最後までご覧ください。

JACリクルートメント ざっくり言うと
  • ハイスペックな人材におすすめの転職エージェント
  • 評判は高評価多数
  • 外資系の高年収・ハイキャリア案件が多数
  • コンサルタントの質が高い
  • 両面体制で企業情報に詳しいコンサルタント
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

JACリクルートメント 総評と特徴

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

JACリクルートメント_ 総評_特徴ここでは、300人の口コミを分析した総評と、JACリクルートメントの特徴について詳しくご紹介します。

JACリクルートメント 総評

JACリクルートメント_総評

JACリクルートメントの評価
総合評価
(4.0)
求人の量・質
(3.5)
提案力
(4.0)
サポートの質
(4.5)
 

総合転職エージェントの中でも、ハイキャリアの方や高収入求人を探している方にとっては最高の転職エージェントといえます。

ハイクラスな求人を多く取り扱っているため、求人の量こそは少なめですが、求人の質は比類ないほど高いです。

また、質の高いコンサルタントがついてくれるため、提案力もかなり強いようです。

コンサルタントについて詳しく見る

サポートに関しては、キャリア面談面接対策など徹底した質の高いサービスが受けられます。

ただし、「対応が事務的でドライな感じだった」というような意見も散見されました。

JACリクルートメントの対応はドライ?実際の口コミを見てみる

JACリクルートメントの特徴

JACリクルートメント_特徴

JACリクルートメントの特徴
  • 高年収のハイクラス求人が多い(エグゼクティブ、管理職、スペシャリスト向け)
  • 海外求人・外資系求人に特化
  • 企業情報に詳しい両面型のコンサルタント

高年収のハイクラス求人が多い

JACリクルートメントでは、年収600万以上のハイクラス求人を多く取り揃えています。

特に、エグゼクティブ・管理職・スペシャリストの方にとって有利な求人が多くなっています。

海外求人・外資系求人に特化

JACリクルートメントはイギリスとアジア10ヵ国に広がる独自のコネクションを築いています。

JACリクルートメント_ネットワーク

各国と密に情報交換を行い、現地の生きた情報を常に仕入れ続けているのです。

実際のところ語学力のある転職希望者は、グローバル企業を紹介されることが非常に多いです。

企業情報に詳しい両面型のコンサルタント

JACリクルートメントの最大の特徴として、一人のコンサルタントが企業と求職者の両方を担当する「両面型」のスタイルがあげられます。

JACリクルートメント_両面型

一般的な転職エージェントでは、企業と求職者ごとに担当者が分かれているため、間接的な情報しか手に入れることができません。

しかしJACリクルートメントでは、「両面型」のスタイルを通して、企業から得た詳しい内部情報をそのまま直接求職者に共有してくれるのです。

コンサルタントは企業と親密な関係を築いているため、年収や条件の交渉もスムーズにおこなってくれます。

また、JACリクルートメントでは一人に対して複数のコンサルタントがつく形となっています。

JACリクルートメント_コンサルタント

特定の企業の情報に詳しいコンサルタントが複数人あなたに求人を紹介してくれるため、漏れのない正確な情報を沢山仕入れることができます。

そのため転職後にギャップがなく、満足度の高い転職を達成することが可能なのです。

JACリクルートメントのメリット|良い口コミ・評判を分析

JACリクルートメント_メリットここまでJACリクルートメントの大まかな総評と、特徴や強みについてご紹介しました。

とはいえ、実際の利用者の率直な感想が気になりますよね。

ここでは口コミを徹底分析してわかったJACリクルートメントのメリットについて詳しくご紹介します!

JACリクルートメントのメリット
  • コンサルタントの質が高い
  • 年収交渉に強い

コンサルタントの質が高い

転職エージェントは他にも3社ほど利用していましたが、JACリクルートメントのコンサルタントの質はいちばん高かったです。外資系の企業は面接が特殊なため、徹底的に面接対策をしてくれて助かりました。
コンサルタントの連絡や報告がマメでスピーディーでした。またこちらの意見を尊重してくれ、親身なアドバイスをくださいました。職務経歴書の書き方など、担当者の実体験に基づいて丁寧に指導してくれました。
書類選考の通過率がJAC経由だと6割近くでした。他のエージェントだと大体2割くらい。コンサルタントの方がこちらのスペックと企業側のニーズについて徹底的に分析してくれていたので、紹介時点でのミスマッチが少なかったのだと思います。数は少なくても勝てる求人を厳選してくれる、という印象でした。

JACリクルートメントでは、難関な入社試験を突破した社員たちに、徹底的な社内教育をおこなっています。

その徹底ぶりは業界内でも有名です。

JACリクルートメントでは「24時間以内」の対応や結果報告を社内ポリシーとして掲げています。

公式サイトでは、以下の社内ルールが公表されています。

JACリクルートメントの社内ルール
  1. あらゆるお問い合わせに対し、原則「24時間以内」に対応または状況報告いたします。
  2. 初回面談当日、もしくはそれまでに求人の有無をお知らせいたします。
  3. 書類選考、面接の結果等が出たら、原則「24時間以内」にお知らせいたします。
  4. ご経験が活かせる求人の情報が手に入り次第、随時ご連絡差し上げます。
  5. 退職手続きのためのアドバイスなど入社前に必要なご連絡を承ります。また、サポートのため入社の一週間前と一ヶ月後にご連絡を差し上げます。

当たり前のことのように見えても、ここまで明確にルールを打ち出しきちんと実行している転職エージェントはそこまで多くはありません。

面接の結果報告を担当者が怠り、合格が取り消しになるという事態も他の転職エージェントでは起こっています。

しかしJACリクルートメントではそのようなつまらないミスは、一切許されない社風なのです。

求職者にとっては、安心感のある転職エージェントといえます。

年収交渉に強い

入社後に希望する年収を聞いてくれ、企業と交渉してくれました。結果、前職より20万ほど給料があがりました。
希望の企業に無事内定をもらえたのですが、年収が少し低いことがネックでした。コンサルタントに相談したところ、企業と年収交渉してくれ、前職と同水準の年収にまで引き上がりました。とても感謝しています。

一般的な転職エージェントの仕組みとして、転職者の年収の30〜35%を紹介手数料として企業からもらう形をとっています。

つまり、求職者の年収をあげることはJACリクルートメントの利益にも直結するのです。

そのため、年収の交渉に関しては積極的に行ってくれます。

JACリクルートメントのデメリット|悪い口コミ・評判を分析

JACリクルートメント_デメリットここでは、JACリクルートメントの口コミを分析してわかったデメリットについて詳しくご紹介します。

JACリクルートメントのデメリット
  • 対応がドライ
  • 転職市場価値が低いと求人を紹介してもらえない
  • コンサルタントが合わない場合がある

対応がドライ

登録したての頃は非常に多くの求人を紹介をしてくれましたが、日数が経つごとに提案数が少なくなり、最終的には放置されてしまいました。
急いで転職していたわけではないので、いくつか紹介を断ったのですが、それ以降相手にされなくなりました。とにかくはやく転職させて利益をあげたいのでしょうね。転職は人生でも重要な決断なので、もう少しこちらへの歩み寄りをみせてほしかったなと思いました。

JACリクルートメントでは、転職市場価値の高い人に優先して求人を紹介しています。

そのため、スキルやキャリアが不足していたり、転職の意志が弱い人の場合後回しにされることもあるようです。

またメリットの裏返しでもありますが、社内教育が徹底しているためサービスが画一的になってしまっているという意見もみられました。

ただ、サービスの質にばらつきがないのはある意味メリットとも捉えられるでしょう。

転職市場価値が低いと求人を紹介してもらえない

登録後、「現在紹介できるメールがありません」と連絡がきてしまいました。希望に合う求人が見つかり次第連絡するとも書いてありましたが、結局音沙汰はなく…。紹介する気がないなら、その旨を連絡して欲しかったです。
面談まではしてくれたのですが、「もう少し学歴があれば…」と言われ、結局希望の条件に満たないような求人を数件だけ紹介されました。そんなことを言うのなら、登録時点で断って欲しかったです。

JACリクルートメントはハイキャリア向けの転職エージェントのため、キャリア不足の場合は求人紹介をしてもらえない場合があります。

どのくらいのスペックが必要?

法律上、転職エージェントは原則として転職者の希望を断れません。

そのため、「求人が見つからなかった」という事実上の求人紹介お断りメールが来たりするのです。

求人紹介を断られたら?

コンサルタントが合わない場合がある

担当の方が割と強引で、希望条件に満たないにも関わらず一つの企業をゴリ押しされました。一度断っても「他の企業じゃ○○さんの才能が潰れると思います」とまで言われ、応募書類も結局書いてしまいました。書類選考で落ちてしまったのでまあ良かったのかもしれません…。
JACリクルートメントは2回目の利用で、1回目のコンサルタントの方は非常に優秀でしたが今回の方はイマイチでした。連絡も遅いわけではないのですが所々伝達ミスがあり不安になりました。また、経歴を少し見下すような発言もされ、不快でした。

基本的に質の良い担当者が多いことで好評なJACリクルートメントですが、やはり人によっては合わないコンサルタントもいるようです。

しかし、これはどの転職エージェントでも起こりうることです。

相性が合わなかった場合は、JACリクルートメント(entry-info@support.jac-recruitment.jp)にメールで連絡をいれるか、オフィスの窓口に電話しましょう。

各オフィスの電話番号を見る

JACリクルートメントはこんな人にオススメ|登録基準は?

JACリクルートメント_登録基準_おすすめの人

ここまでこの記事を読んでくださっている方なら、JACリクルートメントについての実態がつかめてきたのではないでしょうか。

しかし、自分にとって使う価値があるかわからないと思われている方もいるかもしれません。

ズバリ、JACリクルートメントの利用がオススメなのは以下のような方です。

JACリクルートメントはこんな人にオススメ!
  • 高学歴の方(早慶上智旧帝大レベル)
  • 高い専門スキルがある方(プログラミング・英語やその他言語など)
  • マネジメント経験や海外勤務経験のある方
  • 技術職など、専門スキルがあるプロフェッショナルの方
  • 最低でも現時点で年収600万以上の方
  • 経験豊富なエグゼクティブ志望の方

JACリクルートメントでは明確な登録基準などは打ち出していません。

しかし、JACリクルートメントは元々イギリス発祥の外資初の日系転職エージェントであるため、グローバルのハイキャリア案件が非常に多くなっています。

また、JACリクルートメントは多くの国内大手企業とのパイプをもっています。

以下は、JACリクルートメントが取引している企業の一部の一覧です。
JACリクルートメント_企業一覧

名だたる企業名が連なっていますよね。

そのためJACリクルートメントの求人紹介では、どうしてもハイスペックな人材の方が有利に働く傾向にあります。

特TOEICの点数などは、高ければ高いほど強みになります。

また、JACリクルートメントのターゲット層は30代〜50代となっており、以下のグラフからもその事実は明らかです。

JACリクルートメント_年齢分布

転職エージェントで代表的な存在であるリクルートエージェントより、30代以上の求職者の取り扱いの割合は約40%ほど高くなっています。

リクルートエージェント_年齢分布

30代〜50代はキャリアが成熟している年代です。

この年代をターゲットにしているということは、言い換えれば経験やスキルの既に豊富な人材を求めているということなのです。

上のいずれの項目にもあてはまらない方は、他の転職エージェントを利用することをオススメします。

他の転職エージェントを見る

JACリクルートメントに断られた!理由は?対処法は?

JACリクルートメント_断られた場合JACリクルートメントの口コミの中には「求人紹介を断られた」という声も多く見られました。

JACリクルートメントでは、登録までは誰でも可能です。

しかし、その後「現時点で紹介できる求人がありませんでした」という旨のメールが届くことがあります。

「今後紹介可能な求人が入ったら連絡します」という旨も記載されていますが、これは事実上のお断りメールと捉える方が懸命です。

また登録後1週間連絡がなかったり電話面談を促された場合も、遠回しに断られていると考えて差し支えありません。

ここでは、断られる理由や、断られた際に利用すべき他のおすすめの転職エージェントについてご紹介します。

JACリクルートメントに断られる理由

20代の若手だから

JACリクルートメント のターゲット層は、マネジメント経験などが豊富な30代〜50代となっています。

エグゼクティブ向けの求人も多いため、まだ経験の浅い若手の20代の方は、断られてしまうことがあるのです。

JACリクルートメントの求めるキャリア基準に満たないから

JACリクルートメントではハイクラスの求人を多く取り扱っているため、キャリア不足の方は利用を断られてしまうことがあります。

キャリア基準を確認する

希望の職種の求人数が少ないから

JACリクルートメントでは、「技術系・営業・管理部門」の職種の取り扱いが非常に多くなっています。

また、以下の職種はJACリクルートメントが公式に「取り扱いが少ない」と発表しています。

JACリクルートメントでの取り扱いが少ない職種
  • パート、アルバイト等の雇用形態の求人
  • 就労経験不要の求人
  • 一貫した経験、専門知識を必要としない求人
  • 業界・職種経験不要の専門職求人
  • 管理職経験を必要としない管理職求人
  • 自営業の経験を生かせる求人
  • 公務員、非営利団体、公益法人の求人
  • 医師、教師、塾講師、理容師、美容師、エステティシャン、調理師等
  • 自動車整備士、板金塗装、製造オペレーター等
  • 自衛官、警察官、警備員等
  • 運転手、パイロット、郵便配達、清掃人等
  • 一般派遣の職種(取り扱いナシ)
  • 建設、港湾運送の求人(雇用形態が正社員、契約社員である求人は除くが取り扱いは基本ナシ)

上記の中で転職を考えている方は別の転職エージェントを利用しましょう。

おすすめの転職エージェントを見る

その他おすすめの転職エージェント4選

サービス名 こんな人にオススメ
ビズリーチ_ロゴ 管理職経験がある方
グローバルに働きたい方
専門的なスキルがある方
大手・外資系の求人を探している方
リクルートエージェント_ロゴ 沢山の求人をみたい方
手厚いサポートを受けたい方
なるべく早く転職したい方
マイナビエージェント_ロゴ 第二新卒の方
20代〜30代前半の方
中小企業への転職を考えている方
doda_ロゴ 20代後半の方
専門職を考えている方
3ヶ月以内に転職を考えている方

ビズリーチ

BIZREACH_詳細

ビズリーチは、JACリクルートメントと同様、ハイクラスで転職を考えている方におすすめの転職エージェントです。

年収600万以上の方におすすめのサービスとなっています。

ヘッドハンティング型」の転職エージェントで、求職者が希望の企業にアピールをし、気に入られた場合にスカウトメールを受けとることができます。

求職者はこのメールの送り人である「ヘッドハンター」とコンタクトをとることで、転職活動を行います。

ただし、無料会員と有料会員で使える機能が異なるため注意が必要です。

ビズリーチ(Bizreach)の評判は最悪ってホント?利用者の声を16つ厳選!

リクルートエージェント

リクルートエージェント_詳細

求人案件数がどの転職エージェントよりも圧倒的に多いのが特徴です。

非公開求人の数も業界トップクラスを誇っています。

幅広い種類の求人が取り揃えてあり、全転職者にオススメの転職エージェントです。

実績も多く、サポートも充実しています。

リクルートエージェントは評判悪い?騙されないために知っておきたい転職エージェントのリアルな裏事情や評判を大公開

マイナビエージェント

マイナビエージェント_詳細

特に第二新卒20代〜30代前半の転職サポートに強い転職エージェントです。

未経験や知識が浅い人でも歓迎している求人が多く取り揃えられています。

全国各地に拠点をおいており、中小企業やベンチャー企業の求人数はかなり豊富です。

マイナビエージェントの特徴は?|評判からシステムまで徹底解説!! マイナビエージェント 断られた アイキャッチ マイナビエージェントに断られた時の全知識|理由から対処法まで

doda

doda_詳細

20代後半の方におすすめの転職エージェントです。

IT、通信、営業、企画系の求人を特に多く取り揃えています。

また、dodaでは転職支援期間は3ヶ月以内と決まっているので、

求職者にスピーディーに対応してくれます。

【徹底解説】dodaの評判は何が本当?エージェントを使った転職活動を成功させよう!

JACリクルートメントを最大限に活用するポイント5点

JACリクルートメント_活用方法本記事をここまで読んでくださっている方であれば、もうJACリクルートメントの利用の意思が固まってきているのではないでしょうか?

ここではそんな方々に向けて、JACリクルートメントを最大限に活用するためのポイントについてご説明します!

JACリクルートメントを最大限に活用するポイント
  • 「今すぐ転職したい」と強い意志を伝える
  • コンサルタントを徹底的に活用する
  • 推薦書類には必ず目を通す
  • 職務経歴書は丁寧に書く
  • 他の転職エージェントと併用する

「今すぐ転職したい」と強い意志を伝える

JACリクルートメントでは、転職市場価値の高い人を優先して求人紹介します。

JACリクルートメントは求職者の転職が決まることで企業から報酬を得ています。

そのため、「早く転職したい」という方はJACリクルートメントにとって「売り上げにつながる」と考えられ、優先的に求人を紹介してもらえるのです。

また、こまめにコンサルタントに連絡をいれることで、転職への意欲をアピールしましょう。

連絡が途絶えてしまうと、他社転職エージェントで転職が決まったと思われて相手にされなくなる場合があります。

MEMO
JACリクルートメント登録時の転職希望時期の欄にも「今すぐ」など、とにかく早く転職したい旨を書いておくと良いでしょう。

コンサルタントを徹底的に活用する

JACリクルートメントのコンサルタントは非常に優秀です。

しかし、あくまで彼らは求職者の「サポート」をするだけ。

彼らを活かしきれるかは紛れもなくあなた自身にかかっています。

受け身の姿勢ではなく、能動的な姿勢で転職に取り組みましょう。

推薦書類には必ず目を通す

JACリクルートメントでは、コンサルタントが求職者の希望の企業に対し推薦状を書いてくれます。

基本的にJACリクルートメントのコンサルタントは優秀ですが、求職者の魅力や強みをアピールしきれていない推薦文を書く方も稀にいます。

自分の目でしっかりと確認をし、追記してほしいところなどが他にあれば積極的に提案しましょう。

MEMO
はっきり言い出しにくい場合、「面接の際に推薦状の記載と食い違いがないようにしたい」などと理由をつけて見せてもらいましょう。

履歴書・職務経歴書は丁寧に書く

登録後、担当者と電話で面談日程を決めた後、履歴書職務経歴書をwebフォーマットで提出するよう求められます。

これらの中身が充実していないと、コンサルタントが求職者の能力や経歴を理解することができず、質の良い求人の提案に結びつきません。

また、本気度が薄いと判断された場合は後回しにされてしまう場合もあります。

面談前の軽いものと思わず、真剣に書きましょう。

他の転職エージェントと併用する

JACリクルートメント以外の転職エージェントも利用することで、自分に本当に合った転職先を見つけられる可能性がグンと高まります。

併用すると…
  • 求人数が増える
  • 各エージェントの独自求人がチェックできる
  • 複数のコンサルタントと話すことで、より客観的に自分を分析できる
  • コンサルタントの質が見分けられるようになる

見られる求人の種類が増えるのみならず、コンサルタントを相対的に評価できるのが実はいちばんのメリットと言えるかもしません。

転職エージェントにおいては、担当者の質が転職者の運命を左右しうることもあるためです。

また、コンサルタントの質以前に、合わないと感じた転職エージェントは退会してしまえばOKです。

転職エージェントはどれも無料で利用できます。

オススメの転職エージェントを見る

転職を成功させるためにも、使い倒す気概で利用しましょう。

JACリクルートメントの利用5ステップ〜登録から退会まで〜

JACリクルートメント_利用の流れここでは、実際にJACリクルートメントを利用する際の手順についてご説明します!

退会の方法までご紹介しているので、現在利用中の方も必見です。

STEP.1
登録
公式サイトのいちばん下の利用申込フォームに基本情報を登録。
STEP.2
面談・求人紹介
利用登録後、コンサルタントから連絡がはいり、面談の日程を決めます。
基本的にオフィスでの面談ですが、遠方の場合は電話面談も可能です。

面談後、希望に沿った求人を紹介されます。

MEMO
面談前に、希望の条件や年収についてある程度まとめておきましょう。履歴書や職務経歴書も求められるので、抜かりなく書きましょう。
STEP.3
書類選考・面接対策
希望に沿った求人があった場合、コンサルタントが推薦状を書いてくれます。
また応募書類の手配や面談の日程調整、書類添削や面談対策までフォローしてくれます。
MEMO
外資系の企業や海外求人の場合、英文で添削してくれます。
STEP.4
内定
コンサルタントから結果の連絡がきます。
年収・勤務条件の交渉や、入社時期の調整もコンサルタントが全ておこなってくれます。
入社後のアフターフォローもしてくれます。
MEMO
契約内容で年収が希望条件未満の場合、妥協せずコンサルタントにはっきり自分の意思を伝えましょう。
STEP.5
退会
担当のコンサルタントに直接伝えるか、JACリクルートメントにメールを送れば退会できます。
MEMO
「entry-info@support.jac-recruitment.jp」宛に氏名・生年月日・登録時の電話番号・退会理由(ex.転職先の決定など)の4点を記載して送れば退会できます。

JACリクルートメントの疑問解決

JACリクルートメント_疑問解決ここでは、JACリクルートメントについてよくある質問についてお答えします!

JACリクルートメントのよくある質問
  • 営業時間は?面談可能な時間は?
  • 再登録できる?
  • キャリア面談可能なオフィスの場所は?
  • 転職するか決まってなくても使って大丈夫?
  • キャリア面談の時の服装は?私服でもいいの?
  • 首都圏以外の求人はある?
  • 会員登録をしたら非公開求人を見られるようになる?
  • 年齢制限はある?

営業時間は?面談可能な時間は?

営業時間・面談可能な時間は平日の9:30〜19:30です。

また、場合によっては土曜日でも臨機応変に対応してくれます。

担当者にしっかりと確認しましょう。

また、面談の所要時間は60分〜90分となっています。

再登録できる?

できます。

一度退会すると2~3日程度で登録した情報が消えてしまうので、公式サイトから再度登録をする必要があります。

キャリア面談可能なオフィスの場所は?

以下のオフィスで面談が可能となっています。

場所 住所 電話番号
東京 〒101-0051
東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビルディング14階
03-5259-6924
埼玉 〒330-8669
埼玉県埼玉市大宮区桜木町1丁目7番地5ソニックシティビル20階
048-631-0830
横浜 〒220-0011
神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル18階
045-285-7021
名古屋 〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦2-9-27NMF名古屋伏見ビル
052-857-5221
静岡 〒420-0857
静岡県静岡市葵区御幸町11番地30エクセルワード静岡ビル4階
054-205-3841
大阪 〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエストオフィスタワー12階
06-4779-1911
京都 〒600-8411
京都府京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地COCON烏丸4階
075-342-6221
神戸 〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10井門三宮ビル10階
078-262-9221
広島 〒732-0053
広島県広島市東区若草町12番1号アクティブインターシティ広島8階
082-568-6921

また、オフィスが近くにない!という場合は、電話で面談対応してくれます。

転職するか決まってなくても使って大丈夫?

大丈夫です。

JACリクルートメントのキャリア面談では、求職者にとって最適なキャリアプランをコンサルタントが一緒に考えてくれます。

そのため最終的に求職者が転職をしないという決断を下しても、JACリクルートメントはその意思を尊重してくれます。

また、基本的な転職活動そのもののやり方についてもアドバイスしてくれるので、転職活動が初めての方も安心して利用できます。

キャリア面談の時の服装は?私服でもいいの?

私服でもスーツでも問題ありません。

しかし、担当者との信頼関係を築くことが大切になるので、あまりに非常識な格好などは控えましょう。

首都圏以外の求人はある?

JACリクルートメントでは東京の他に横浜・名古屋・静岡・大阪・京都・神戸・広島に拠点を構えているため、首都圏以外の場所の求人を探すことも可能です。

ただし、希望勤務地によっては求人が少ない場合があります。

会員登録をしたら非公開求人を見られるようになる?

登録の前後に関わらず、見られません。

JACリクルートメントでは、コンサルタントから「利用者にマッチし、かつ応募可能な求人」のみ個別で紹介するシステムが採用されているためです。

応募可能な求人がない場合は、求人の紹介はおろか詳細すら確認できません。

年齢制限はある?

JACリクルートメントの利用に年齢制限は設けられていません。

ただし、30代〜50代をターゲットとした転職サービスなので、20代の方は場合によっては求人を紹介されない場合があります。

JACリクルートメントまとめ

JACリクルートメント_まとめJACリクルートメントは、ハイクラスで転職を考えている方にピッタリの転職エージェントでした。

徹底的にJACリクルートメントを利用し尽くして、最高の転職先を掴み取りましょう!

最後に、記事のおさらいをします。

JACリクルートメントまとめ
  • 30〜50代のハイクラスの方にオススメ
  • 外資系や海外求人に特化
  • 高評価が圧倒的多数
  • 高収入求人が充実
  • サポートの充実度は非常に高い
  • 合理的なサポートでドライに感じることも
  • キャリア不足の場合求人を紹介してもらえないことも
  • 他の転職エージェントと併用して利用するとなお良し
  • 高年収・キャリアアップが狙える
  • JACリクルートメントで最高のキャリアを手に入れよう!
転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる