転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

転職エージェントにも履歴書を出すの?提出すべき理由や正しい書き方など徹底解説!

転職エージェント_履歴書

転職エージェントに登録したら、「履歴書を送ってください」と言われたけどなんで?
応募する企業が決まっていないのに、どこ宛てに履歴書を書けばいいの?

このような疑問を持っている方はたくさんいらっしゃると思います。

しかし、転職エージェントを利用する際、最初の段階で履歴書が必要なのです。

それは転職エージェントにとっても履歴書が大事な役割をしているからです。

この記事を読めば、転職エージェントと履歴書の書き方について詳しく知ることができます!

転職活動のスタートは誰でも不安になるものです。

疑問をクリアにして、良い転職に繋げていきましょう!

「転職エージェントにも履歴書を出す理由」ざっくりいうと
  • 転職エージェントにで提出する履歴書は超重要!
  • 転職エージェントは求職者と企業とのマッチングに履歴書を参考にする!
  • 履歴書の添削が受けられるので、転職活動が有利に!
  • 転職エージェントに提出した履歴書は、企業にも送られる!
  • 転職エージェントを利用して、転職活動を有利に進めよう!
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

転職エージェントに履歴書を出す理由

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

転職エージェント_理由

転職エージェントとは、転職での失敗やミスマッチを減らしたり、求職者と企業の間に立って面接などスムーズに取り次いでくれる転職のプロ集団です。

転職に関してのアドバイスをしてくれたり、求職者の適性を分析して企業を紹介してくれたりと、自分ひとりで企業を探すよりも、より確実な転職に繋いでくれる存在です。

そんな転職エージェントから、登録した段階で「履歴書と職務経歴書を送ってください」と言われるでしょう。

「企業に応募するわけではないのになんでこの段階で履歴書が必要なの?」と疑問に思うかもしれませんが、この履歴書は、求職者の希望を把握したり、紹介する企業の目星をつけるために使用するのです。

履歴書といっても、特定の一社に提出する履歴書ではないので注意しましょう。

また、「企業に出すものでないなら、きちんと書かなくても大丈夫」とは思わないでください。

転職エージェントに提出する履歴書は、企業選考や書類審査にも関わるとても大切な役割を果たします

そして最終的には、その履歴書も応募企業に送られることがほとんどなのです。

しっかりポイントを押さえて、ベストな履歴書を作りましょう。

転職エージェントに出す履歴書の使われ方

転職エージェント_履歴書の使われ方

転職エージェントがどのように履歴書を使うか把握しておくことで、よりマッチングした企業を紹介してもらえたり、転職をスムーズに進めたりすることができます。

その際のポイントと流れを解説していきます。

STEP.1
登録後~面談前
まず転職エージェントに登録すると、担当者から電話もしくはメールで連絡が来るでしょう。

その際に簡単な聞き取りと、「履歴書」「職務経歴書」の提出を要求されます。

履歴書といっても一般的な紙の履歴書ではなく、転職エージェントのサイトにあるテンプレに記入し、メールに添付して送る場合がほとんどです。

転職エージェント側はその履歴書を見て、面談の準備をしたり推薦状を作成したりします。

STEP.2
面談時
転職エージェントの担当者との面談(電話や対面)では、送った履歴書と職務経歴書を基に聞き取りを進めていき、企業を紹介されます。

企業側の目線に立って、求職者の評価が上がるような履歴書の書き方をアドバイスしてくれるので、しっかり備えておきましょう。

STEP.3
応募~面接
希望の企業が明確に決まったら、転職エージェントが企業に就職者を推薦します。

転職エージェント側に送った履歴書も、推薦状と一緒に企業側に送られ、企業での書類選考、面接時に使用されます。

応募した企業によっては、面接時に改めて履歴書を要求される場合があります

その企業宛ての「志望動機」を明確に書いていくと良いでしょう。

STEP.4
履歴書添削
転職エージェントとの面談では、求職者を客観的に見た長所や短所を分析したり、経歴や資格を見て求職者のアピールポイントを見出したりしてくれます

履歴書には、さらに評価されるように添削が入るかもしれません。

しかし、転職エージェントによっては、履歴書添削をせずにそのまま企業に送ることもあります。

最初から添削を当てにせず、しっかり全力の履歴書を作りましょう。

転職エージェントに出す履歴書の書き方

転職エージェント_履歴書_書き方

転職エージェントに提出する履歴書の重要さはわかっていただけたかと思います。

それでは、転職エージェントに提出する履歴書はどのように書いたら良いのでしょうか。

この章では、履歴書の書き方のポイントを解説します!
履歴書にはその人のやる気や人となりも現れるので、評価を上げるためにも手を抜かず、全力でベストな履歴書を制作してください。

履歴書は手書きで書く?それともワードやエクセル?

転職エージェント_履歴書_Word_Excel

転職エージェントに履歴書を提出するとき、多くの場合メールで送るように言われます。

そのため、ワードやエクセルで作成して、メール添付という形でOKです。

転職エージェントのサイトに履歴書のテンプレートがあれば、そちらを使っても良いでしょう。

しかしながら、手書きの履歴書にもメリットがあります。

手書きにはその人の味が出て、熱意が伝わりやすくなります。

履歴書でその人の人柄がわかることと、印象に残りやすいという点がメリットと言えるでしょう。

近年はパソコン作成の履歴書が主流ですが、一概に「絶対にパソコンがいい!」とは言えません。

「パソコンを使う業種や若手が多いベンチャー企業を狙っているならパソコンで作成、年齢層が高いと思われる企業は手書きで書く」などと、工夫してみてもいいかもしれませんね。

ワードやエクセルの履歴書がおすすめの企業は?
  • ITを活用している携わる業種
  • 若手が多い企業
  • ベンチャー企業
手書きの履歴書がおすすめの企業は?
  • 年齢層が高い企業
  • 伝統を重んじている企業
  • 力仕事を行う企業

もちろん、転職エージェントから指定があったら、それに従ってください。

基本情報の正しい書き方は?

転職エージェント_履歴書_注意点

履歴書を記入するにあたって、まず始めに自分の基本情報について記入することになります。

名前や生年月日、住所などを書きます。

その際、いくつか注意しておきたい点があるので紹介します。

まず、履歴書で日付を書く際は、西暦と和暦は統一して書きましょう。

また、日付は記入日ではなく、郵便であれば投函日、メールであれば送信日を記入しましょう。

住所については、都道府県名から、丁目、番地まで略さずに書くようにしましょう。

通常の履歴書同様、名前や住所など、誤字脱字がないように注意しましょう。

以下の記入例を参考にしてみると良いでしょう。

出典:https://www.r-agent.com/guide/article1127/

転職_履歴書_書き方

基本情報を書く上でのチェックポイント
  • 日付を書く際、和暦と西暦は履歴書全体で統一する
  • 日付は郵送であれば投函日、メールであれば送信日を記入
  • 住所は都道府県名から、丁目、番地まで書く

学歴・職歴欄で気をつけるべき点は?

転職エージェント_履歴書_学歴

学歴や職歴を書く場合、記入欄がそれぞれ別れておらず、一括りになっていることが多いです。

その際には、書き始めに1行使って<学歴>と書きます。

学校名を書く際は、略さず、正式名称で書くようにしましょう。

また、大学の場合、学部名や学科名も併せて記入することを忘れてはいけません。

学歴を書く時に注意したいこと
  • 書き初めに1行使って「学歴」と書く
  • 学校名は略さない
  • 学部や学科名も併せて書く

職歴については、学歴を書き終えてから、1行空けて「職歴」と記入してから書き始めましょう。

また、これまで在籍してきた企業は時系列で書くようにしましょう

企業名は略さず、「株式会社○○」などと記入します。

さらに、似た業種に応募するなら、アルバイト歴も書いておくとアピールになる場合があるので、書いておくと良いでしょう。

以下の記入例を参考にしてみてください。

出典:https://www.r-agent.com/guide/article1127/

転職_履歴書_書き方見本

職歴を書く際に注意したいこと
  • 学歴記入欄から1行空ける
  • 時系列で書く
  • 企業名は略さず正式名称で書く
  • 場合によってはアルバイト歴も書く

資格欄はどのように書くの?

転職エージェント_履歴書_資格

続いて、資格欄の書き方について説明します。

資格は取得した順に時系列で記入しましょう。

資格をたくさん保有している場合、狙っている業種と関係あるなど、アピール材料になりそうなものは優先的に書くと良いです

また、学歴や職歴と同様、資格の名前は正式名称で書きましょう

例えば、自動車の免許を記入しようと思ったら、「自動車免許」と書くのではなく、「普通自動車第一種免許」などと記入するようにしましょう。

さらに、資格名を書く際は、資格名の後に「取得」と記入しましょう。

例を出すと、「普通自動車第一種免許 取得」という書き方が正しいです。

また、珍しい資格を持っている場合は、面接で会話のきっかけになることもあるので書いておくと良いでしょう。

そこから、自分の人となりをわかってもらえる可能性もあります。

以下の記入例のように書いてみると良いでしょう。

出典:https://www.r-agent.com/guide/article1127/

転職_履歴書_書き方見本

資格を書く時に気をつけたいこと
  • 取得した順に書く
  • アピールになる資格を優先的に書く
  • 略さず正式名称で書く
  • 「(資格名)取得」と書く
  • 珍しい資格も書こう

志望動機、本人希望欄には何を書くの?

転職エージェント_履歴書_志望動機

転職エージェントに提出する履歴書では、志望動機は書かなくてOKです。

というのも、転職エージェントに履歴書を送る段階ではどの企業に応募するか決まっていないので、特定の会社に宛てた志望動機は書けませんよね。

もちろん書いてもOKですが、不安な場合は転職エージェントから「履歴書を提出してください」と言われたタイミングで「志望動機欄はどうすればよろしいですか?」と聞いてみましょう。

写真を貼るときの注意点は?

転職エージェント_履歴書_写真

続いては、履歴書に写真を貼り付ける際に注意しておきたいことをまとめておきます。

当然ですが、郵送で履歴書を送る場合とパソコンで送る場合では、書く媒体も異なるため、写真の貼り方も違います。

紙で記入し、郵送で送る場合と、ワードやエクセルなどで記入し、オンラインで送る場合に分けて説明していきます。

郵送で送る場合の注意点

郵送の場合は、まず、履歴書の指示通りのサイズの証明写真を貼りましょう。

まだ証明写真を撮っていない方は、写真の規定サイズを確認してから撮りに行くと良いでしょう。

また、貼り付ける前に証明写真を裏側に名前を書いておきましょう

もし、写真が剥がれてしまった場合、誰の写真なのかわかるようにするためです。

郵送で送る場合に気をつけたいこと
  • 履歴書の指示通りのサイズの写真を貼る
  • 証明写真の後ろに名前を書く

パソコンで送る場合の注意点

ワードやエクセルなどで記入し、パソコンから送る場合は、写真の画像データを送付しましょう。

スマートフォンなどで撮ったようなものではなく、しっかりとした証明写真を使ってください。

証明写真を撮った際に、画像データも送ってもらえます。

また、写真館に行かなくても、駅前などの多く設置している「スピード写真機」を利用するのもおすすめです。

気軽に短い時間で撮ることができますし、その場で写真データを受け取れます。

データを用意できたら、写真欄のサイズに合わせて貼り付けましょう。

パソコンで履歴書を送る時に気をつけたいこと
  • 証明写真の画像データを使う
  • スピード写真機で撮るのがおすすめ
  • 写真欄のサイズに合わせて貼る

履歴書のテンプレート

転職エージェント_履歴書_テンプレ

履歴書を書く際、テンプレートがあると心強いですよね。

市販の履歴書にもお手本がついていますし、ネットで検索しても履歴書のテンプレートはたくさん出てくるでしょう。

しかし、転職エージェントに提出する履歴書は、特定の一社に提出する履歴書とは少し異なりますので、「転職エージェントサイトのテンプレ」を参考にするのがベストであると言えます。

中にはダウンロード式のテンプレもあるので、ぜひ活用してみてください。

出典:https://www.r-agent.com/guide/article1127/

転職エージェント_履歴書_見本

選考対策が手厚い転職エージェント3社

転職エージェント_おすすめ

リクルートエージェント

出典:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェント_転職

転職エージェント大手のリクルートエージェントは、転職支援実績NO.1です。

どの転職エージェントを使おうか迷ったときは、まず登録しておいて損はないでしょう。

転職活動のサポートはもちろん、年収や入社日程までエージェント側が交渉してくれます。

以下のような方におすすめです。

リクルートエージェントをおすすめできる人
  • 多数の求人から選びたい人
  • 転職したい業界を決めきれていない人
  • 地方の求人を探している人
  • 転職活動にあまり時間をかけられない人

リクルートエージェントの評判について詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください!

リクルートエージェントは評判悪い?騙されないために知っておきたい転職エージェントのリアルな裏事情や評判を大公開

doda

出典:https://doda.jp/

転職エージェント_doda

dodaは国内最大級の転職サービスです。

求人数は非公開案件も含め、10万件以上を誇ります。

dodaのエージェントサービスの特筆すべき点は、キャリアアドバイザーの質が良いということです。

1人1人に寄り添ったアドバイスをしてくれそうですね。

特に以下のような人におすすめです。

dodaをおすすめできる人
  • 情報収集したい人
  • 初めて転職活動をする人
  • 自分に合ったキャリアアドバイザーを探している

dodaについて興味を持った方は、ぜひこちらの記事も見てみてください!

【徹底解説】dodaの評判は何が本当?エージェントを使った転職活動を成功させよう!

マイナビエージェント

出典:https://mynavi-agent.jp/

マイナビ_転職

マイナビエージェントは、幅広いジャンルの求人案件を保有している大型転職エージェントです。

特に、若者の利用者が多いという特徴があります。

そのため、企業側も注目しており、多数の若手向け案件があります。

キャリアアドバイザーの年齢層も若いので、20代以上の方の求職ニーズにしっかり寄り添ってくれるという口コミが多くありました。

しかしながら、40代以上の人にはあまり評判が良くない傾向にありました。

マイナビエージェントは特に以下のような人におすすめです。

マイナビエージェントをおすすめできる人
  • 20代の若手社会人
  • 初めて転職活動をする人
  • スキルや経験にあまり自信のない人

マイナビエージェントについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も要チェックです!

マイナビエージェントの特徴は?|評判からシステムまで徹底解説!!

「転職エージェントにも履歴書を出すの?」まとめ

転職エージェント_履歴書

転職活動を行う上で、ひとりでは漠然としていて不安なことも、転職エージェントを利用すれば、心強いですよね。

これらのサービスを使用しても、求職者側はほとんどの場合無料なので使わない手はありません。

企業に好印象を与えて、転職を有利に進められるように、転職エージェントに履歴書の添削をしてもらいましょう!

「転職エージェントに履歴書を出す理由」まとめ
  • 転職エージェントにで提出する履歴書は超重要!
  • 転職エージェントは求職者と企業とのマッチングに履歴書を参考にする!
  • 履歴書の添削が受けられるので、転職活動が有利に!
  • 転職エージェントに提出した履歴書は、企業にも送られる!
転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる