転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

転職エージェントの書類選考の期間はどのくらい?連絡が来ない理由と対処法は?選考通過するための書き方も徹底解説!

転職エージェント_書類_選考_期間

書類選考の連絡が遅いけど、もしかして不採用?
転職エージェントに出した場合の選考期間は?

このように、転職エージェントの書類選考の期間について疑問に思っている方は多いと思います。

しかし、自分から問い合わせてみてもいいのか戸惑ってしまいますよね。

そこでこの記事では転職エージェントの書類選考期間がどれくらいなのかを解説し、連絡が来ない理由、問い合わせの仕方についても合わせて紹介します。

この記事を読めば、選考結果の連絡が来ない場合、どう対応すれば良いか分かります!

書類選考に関する不安を解消して、転職活動を成功させましょう!

「転職エージェント書類選考期間」をざっくりいうと
  • 書類選考は一般的に1~2週間かかる
  • 書類選考の連絡が来ないのには様々な理由がある
  • 2週間以上連絡が来ないときは問い合わせてみよう
  • 転職エージェントに問い合わせよう
  • 積極的に書類添削や面接対策をしてもらおう

転職エージェントの書類選考期間の目安は?

転職エージェント_書類選考期間_目安

転職エージェントの書類選考期間の目安は一般的にどれくらいなのでしょうか。

応募先が大手企業なのか中小・ベンチャー企業なのかによっても差があります。

それでは詳しく解説していきます。

書類選考期間はだいだい1~2週間?

書類選考は一般的にどれくらいかかるのでしょうか。

転職エージェント経由で提出した場合、一般的に1~2週間かかります。

ただし、企業によって様々で即日で選考が終わるところもあれば、1ヶ月近くかかるところもあります。

目安として1〜2週間と覚えておいてください。

大手企業の書類選考は長い

大手企業の場合、書類選考が長引く傾向にあります。

その理由は、採用担当者だけでは書類選考者を決めることができないためです。

上司への確認や稟議書の作成などが必要になるケースも多いのです。

1~2週間では選考が終わらない場合もあると思っていた方が良いでしょう。

中小・ベンチャー企業の書類選考は早い

一方で、中小・ベンチャー企業に応募した場合は、比較的早く選考の結果が出ます。

採用担当者の一存で書類通過者を決められることが多いからです。

上司に確認が必要なケースでも、組織の構造自体がスリムであれば、それほど時間を要しません。

書類選考期間の目安
  • 一般的に1~2週間
  • 大手企業の場合、選考が長くなる傾向がある
  • 中小・ベンチャー企業の場合、比較的選考期間が短い

転職エージェントから書類選考の連絡が来ない理由

転職エージェント_書類選考_期間_連絡

書類を送っても連絡がなかなか来ないと不安になってしまいますよね…。

連絡が来ない理由は何なのか気になる方もいると思います。

連絡が来ない場合、以下の理由が挙げられます。

書類選考の連絡が来ない理由
  • 不採用になっている
  • 選考に時間がかかっている
  • 転職エージェントが人数をまとめて出すように言われている
  • 転職エージェントが提出を忘れている
  • キャリアアドバイザーの能力が低い

不採用になっている

転職エージェント_書類選考_期間

応募してから2週間から1ヶ月近く経っても合否の連絡が来ない場合は、不採用になっている可能性があります。

求人情報に書かれている応募方法や選考の流れを確認し、連絡が来る時期をもう一度チェックしてみましょう。

場合によっては、選考通過者のみに連絡するという形をとっていることもあり得ます。

選考に時間がかかっている

転職エージェント_書類選考_期間

連絡がなかなか来ない理由として、「選考に時間がかかっている」ということが挙げられます。

例えば応募者が多いと、選考に時間がかかってしまう傾向にあります。

もし採用予定者が1名の求人案件であっても、魅力的な求人であれば多数の転職希望者が履歴書を送っています。

また、その他の理由として採用担当者が出張で不在にしていたり、ゴールデンウイークや年末年始などの休暇により、選考が一時的にストップしているケースもあります。

これらの点を把握しておく必要があります。

転職エージェントが人数をまとめて出すように言われている

転職エージェント_書類選考_期間_方法

転職エージェントを通じて応募した場合に起こり得る理由もあります。

例えば、転職エージェントが応募先企業から応募者をまとめて出すように言われている場合があります。

これは、ある程度の人数を比較しないと選考者を決めるのが難しいためです。

例えば、企業から5人まとめて紹介してほしいと言われている場合は、応募者が5人集まるまで待っていることがあります。

応募者が希望人数集まってから書類選考がスタートするため、連絡が来るまで時間がかかってしまうのです。

このような状況は、保有している求人数が多い、大規模な転職エージェントで起こる可能性が高いのです。

提出を忘れている

転職エージェント_書類選考

転職エージェントを通じた選考で起こりうるケースとして、アドバイザーが応募企業に書類の提出を忘れている場合があります。

本来あってはいけないことですが、合否に関わらず連絡が来るはずなのに来ない場合は、問い合わせてみたほうがいいでしょう。

キャリアアドバイザーの能力が低い

転職エージェント_書類選考

転職エージェントを利用した選考の場合、キャリアアドバイザーの能力によって選考期間に差が出てしまう場合があります。

キャリアアドバイザーの能力が低いと、書類選考にも時間がかかってしまうのです。

能力が高いキャリアアドバイザーであれば企業とも良好な関係が築けているため、早めに社内選考してもらうよう交渉することができます。

しかし、能力が低いキャリアアドバイザーは企業の採用担当者との関係性ができていない可能性があります。

その場合、書類選考の結果の連絡が後回しにされていることも考えられます。

選考結果を問い合わせる方法

転職エージェント_問い合わせ

なかなか書類選考の結果が来ない場合、どのように問い合わせをすれば良いか気になっている方も多いはずです。

ここでは角が立たない問い合わせ方法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

転職エージェントに問い合わせる

まずは応募先企業ではなく、転職エージェントにメールか電話で問い合わせましょう。

「早くしてください」というようなクレームではなく、「状況はどうですか?」と伺う姿勢で尋ねると好印象です。

メールの文章は以下のようにすると良いでしょう。

先日、○○社の求人に応募させていただきました○○(氏名)です。
書類選考結果をお伺いしたくご連絡いたしました。

合否連絡は〇日ほどと伺っておりましたが、その後状況はいかがでしょうか。

目安でもかまいませんので、結果連絡の時期をご教示いただけますと幸いです。

お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

企業に直接問い合わせてはいけないの?

応募先の企業に直接問い合わせたいと思う方もいるかもしれません。

しかし、転職エージェント側の理由で遅れている可能性もあるので、あまりおすすめできません。

仮に転職エージェント側の理由で遅れていた場合、応募企業に悪い印象を与えてしまいます。

応募先の企業の都合で遅れていた場合でも、直接問い合わせることで良い印象を持たれないことが多いため、控えたほうが無難です。

書類選考を通過するための書き方

転職エージェント_書類選考_書き方

書類選考を通過するためには、履歴書や職務経歴書から魅力的な人材だと伝わることが重要です。

ここでは、選考を通過するための履歴書・職務経歴書の書き方を紹介します。

それぞれのポイントもまとめたので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

履歴書の書き方は?

まずは履歴書の書き方について解説していきます。

履歴書では志望動機や自己PR欄をしっかり読まれています

入社意欲が感じられるか、求める人材とマッチしているかという視点から、何度も内容を見直してみましょう。

また、転職エージェントのアドバイザーにも積極的に添削してもらうようにしましょう。

参考までに志望動機と自己PRを書く際に意識すべきポイントをまとめました。

ぜひ参考にしてみてください。

志望動機を書くときのコツ
  • なぜその会社に入りたいのか理由を書くとともに、入社後の活躍について書く
  • 求人内容と自分の職務経験との間に共通点を見つけ、入社後にどのように活かせるのかを書く
自己PRを書くときのコツ
  • 自分の強みや仕事への情熱を整理し、それを裏付ける具体的なエピソードを紹介する
  • その結果得られた能力を志望先企業でどう活かせるのかを書く

職務経歴書の書き方は?

履歴書の書き方がわかったところで、次に職務経歴書の書き方について説明していきます。

職務履歴書では、特に募集職種に合っている人材かどうかをチェックされています。

企業のホームページや求人情報から求められる人材像とキャリアを確認したうえで、自分の経験とマッチしているか考えましょう。

職務経歴書を書く際は、採用担当者が会いたいと思うような具体的なエピソードを盛り込むことがポイントです。

職務経歴書も履歴書と同様に、転職エージェントのアドバイザーにしっかりチェックしてもらいましょう。

参考までに職務経歴書を書く際のコツを紹介します。

職務経歴書を書くときのコツ
「○○分野で頑張りました」よりも「○○で15件契約を取りました」など数字を交えて説明するとイメージしてもらいやすい

【成功率アップ】転職のポイント

転職エージェント_成功_ポイント

転職の成功率をあげるためには選考活動のときに、どんなことに気をつければ良いのでしょうか。

ここではポイントを詳しく解説していきます。

書類添削や面接対策をしてもらう

多くの転職エージェントではキャリアアドバイザーによる書類添削や面接指導を行っています。

1人で転職活動をしていると、書類の書き方や面接での受け答えの仕方などでつまずいてしまうことが多いです。

そこで役に立つのが、キャリアアドバイザーによる書類添削や面接対策です。

どのように書いたら自分の魅力が伝わりやすくなるのか、どんなことをアピールしていけば良いか、親身にサポートしてもらえます。

複数の転職エージェントに登録する

自分の希望に合った求人案件を見つけるためには、複数の転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

エージェントによって保有している求人案件も異なるので、選択肢の幅が広がります。

また、他のエージェントでは教えてもらえなかった話を聞けるなど、複数のエージェントを利用することによるメリットもあります。

転職エージェントの選び方について気になっている方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方 | 比較ポイントを徹底解説

効率の良い転職の進め方(手順)

転職エージェント_利用手順

効率良く転職を成功するためには、以下の6ステップの順に取り組みましょう。

STEP.1
転職エージェントサイトに登録する
まずは転職エージェントサービスに登録します。氏名やメールアドレスのほか、希望の職種や年収などを入力します。
STEP.2
キャリアアドバイザーと面談する
求人を紹介してもらうため、キャリアアドバイザーと面談をします。対面や電話などで転職の希望や経験を伝えてください。  
STEP.3
求人紹介・書類添削・面接対策をしてもらう
求人紹介をしてもらいながら、書類添削や面接対策をしてもらいましょう。
STEP.4
応募
気になる企業があれば積極的に応募します。応募作業は基本的に転職エージェントが行います。
STEP.5
志望先企業と面接
書類選考通過後は、志望先企業と面接を行います。面接の案内は転職エージェントから届くのが一般的です。
内定
内定
内定が決まればあなたのもとに内定通知書が届き、転職活動は終了です。

また、効率よく転職活動を進めるポイントとして、転職エージェントからの連絡に素早く返信することも挙げられます。

返事を早くすれば、その分日程調整もスムーズに行うことできます。

転職エージェントの利用方法について、もっと詳しく知りたいと思った方はこちらの記事もチェックしてみてください。

20代のための転職エージェント厳選5社|賢い選び方&活用方法を徹底解説

おすすめ転職エージェント|総合型3社

転職エージェント_おすすめ_総合型

転職エージェントには幅広い業種・職種の求人案件を取り揃えている総合型の転職エージェントと、ある分野に特化した求人を紹介する特化型の転職エージェントがあります。

まずはおすすめできる総合型転職エージェントを紹介していきます。

総合型のエージェントは求人案件数が多いのが特徴で、幅広い選択肢の中から仕事を選びたい方にぴったりです。

では早速見ていきましょう。

マイナビエージェント

出典:https://mynavi-agent.jp/

マイナビ_転職

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェント。

公開・非公開合わせて30,000件以上の求人を保有し、「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」に輝きました。

丁寧なサポートで、初めて転職活動をする人も使いやすいです。

さらに、キャリアアドバイザーのほかに企業の採用担当者とやり取りするアドバイザーも在籍しています。

マイナビエージェントの特徴
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 初めて転職する人にも優しい
  • キャリアアドバイザーと企業担当アドバイザーによる親身なバックアップ
マイナビエージェントの特徴は?|評判からシステムまで徹底解説!!

doda

出典:https://doda.jp/

転職エージェント_Doda

dodaは、パーソナルキャリア株式会社が手掛ける転職エージェントです。

サイトに掲載されている求人数は国内最大級で、10万件以上あります。

業種・職種ごとに専任のキャリアアドバイザーが在籍しており、マッチングを行ったうえでぴったりの企業を紹介してくれます。

30年の実績を誇る有名転職エージェントです。

dodaの特徴
  • 10万件以上を誇る求人案件
  • 30年の実績を誇る大手転職エージェント
  • 専任のキャリアアドバイザーによる支援
【徹底解説】dodaの評判は何が本当?エージェントを使った転職活動を成功させよう!

リクルートエージェント

出典:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェント_転職

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する日本最大級の転職エージェントです。

非公開求人数は20万件以上、実績豊富なアドバイザーが希望やスキルに合った案件を紹介しています。

2018年には「親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービス」に選ばれ、転職支援実績No.1を誇っています。

リクルートエージェントの特徴
  • 非公開求人数20万件以上
  • 「親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービス」に選出
  • 実績豊富なアドバイザーによる手厚いサポート
リクルートエージェントは評判悪い?騙されないために知っておきたい転職エージェントのリアルな裏事情や評判を大公開

おすすめ転職エージェント|特化型3社

転職エージェント_おすすめ_特化型

続いて、特化型のおすすめ転職エージェントをご紹介します。

特化型はその業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているのが強みです。

詳しい業界事情などを教えてくれるため、有益なアドバイスがもらえます。

ワークポート

出典:https://www.workport.co.jp/

ワークポート_転職エージェント

ワークポートは、IT、インターネット、ゲーム関連の業界に特化した転職エージェントです。

転職コンシェルジュによる質の高い転職相談を行っており、Web・ゲーム関連の仕事を探している人はぜひとも登録しておきたいサイトであると言えます。

ソフト開発やゲームプロデューサーと言ったクリエイティブな仕事から総務や一般事務などバックオフィスの求人も取り揃えています。

ワークポートの特徴
  • IT、インターネット、ゲーム関連の業界に特化
  • 業界に精通した転職コンシェルジュによるカウンセリング
  • クリエイティブからバックオフィスまで多様な職種
ワークポートの評判は最悪って本当?口コミや評判から分かる特徴や注意するポイントは?

クリーデンス

出典:https://www.crede.co.jp/

転職エージェント_クリード

クリーデンスは、アパレル・ファッション業界に強い転職エージェントです。

今人気のアパレル・ファッションブランドや企業など常時2,500件以上の求人があり、その多くが正社員採用で、そうでなくても正社員登用制度が用意されています。

業界出身のプロが転職をサポートしてくれるので、他では知ることができない情報を教えてくれます。

クリーデンスの特徴
  • 人気のアパレル・ファッションブランドの求人
  • 求人は常時2,500件以上
  • 業界出身のプロが転職をサポート
「アパレル業界転職の評判あれこれ?転職事情と失敗しないオススメエージェント7選」

メイテックネクスト

出典:https://www.m-next.jp/

メイテック_転職

メイテックネクストは、メーカーや製造業界など製造系エンジニア向けの転職エージェントです。

電気・電子・半導体分野、機械・メカトロ分野、化学・素材分野の技術職、研究職、開発職の仕事を探している人におすすめだと言えます。

求人数は常時10,000件以上あり、約80%が非公開求人です。

メイテックネクストにしかない限定求人や先行求人も多数取り揃えられています。

各業界に詳しいコンサルタントが転職をサポートしてくれます。

メイテックネクストの特徴
  • 製造系エンジニア向けの転職エージェント
  • 業界No.1の求人数
  • 常時10,000件以上の求人案件
IT業界転職エージェントサムネイル IT業界に強い転職エージェント8選|IT業界への転職を成功させたい人向け|選び方&使い方を徹底解説

「転職エージェントの書類選考」まとめ

転職エージェント_書類選考_まとめ

今回は、転職エージェントに送った書類選考期間がどれくらいなのか、また選考結果が送られてこない場合の対処法などを解説しました。

書類を送った後、なかなか連絡が来ないと不安になるかもしれません。

気になる場合は転職エージェントに問い合わせをしてみると良いでしょう。

最後にこの記事のポイントをまとめます。

「転職エージェントの書類選考期間」 まとめ
  • 書類選考は一般的に1~2週間ほどかかる
  • 書類選考の連絡が来ないのには様々な理由がある
  • 2週間以上連絡が来ないときは問い合わせてみよう
  • 転職エージェントに問い合わせよう
  • 積極的に書類添削や面接対策をしてもらおう