転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

フリーターはマイナビエージェントを使うべきでない?有利に転職できるエージェントを徹底解説

マイナビエージェントはフリーターにおすすめ?

フリーターでもマイナビエージェントって使えるの?
マイナビエージェントはフリーターの転職で使いやすいの?

このように感じている方は多いのではないでしょうか。

マイナビエージェントは有名なサービスですから、フリーターの方もマイナビエージェントを使えるかどうか気になりますよね。

実は、マイナビエージェントは基本的にフリーターにはおすすめできません。

しかし、フリーターにはほかに適した転職エージェントがあります。

この記事ではフリーターにおすすめの転職エージェントや転職エージェントを活用する方法も詳しく解説してきます。

マイナビエージェントはフリーターにおすすめ?

マイナビエージェントはフリーターにおすすめなのか
  • マイナビエージェントはフリーターにはおすすめできない
  • フリーターには就職shop、JAIC、ハタラクティブ、DYM転職、ウィズキャリなどがおすすめ
  • 転職エージェントは専任のキャリアアドバイザーが転職活動を全面的にサポートしてくれる
  • 転職エージェントを活用するコツを覚えておけば、さらに有利に転職活動ができる
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

フリーターにもマイナビエージェントって使える?特徴を解説

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

マイナビ_フリーター_使える

出典:マイナビエージェント

まずは前提として、マイナビエージェントの特徴について見ていきましょう。

マイナビエージェントは専任のキャリアアドバイザーがついて、求職者の転職活動を全面的にサポートしてくれるサービスです。

以下のサービスをすべて無料で受けることができます。

マイナビエージェントがしてくれること
  • 転職活動中は無期限でサポートしてくれる
  • 履歴書・職務経歴書を添削してくれる
  • 企業との日程調整や条件交渉を代行してくれる
  • 約80%をしめる非公開求人を紹介してくれる
  • 求人票に書いてない企業の内部情報を教えてくれる

以上のサービスはほかの転職エージェントでも大きく変わりません。

しかし、マイナビエージェントにはほかの転職エージェントと比べて以下のような特徴があります。

マイナビエージェントの特徴
  • 総求人数がほかの大手より少ない分、キャリアアドバイザーのサポートが丁寧
  • 特に正社員としての就業経験のある20代向けの求人を多く取り扱っている
  • 中小企業の求人も充実している

マイナビエージェントの特徴を理解できましたでしょうか。

マイナビエージェントの特徴については以下の記事で詳しく解説しています。

マイナビエージェントの特徴は?|評判からシステムまで徹底解説!!

次はいよいよ、マイナビエージェントがフリーターに向いているかどうか見ていきましょう。

マイナビエージェントはフリーターにもおすすめ?

マイナビ_フリーター_おすすめ
マイナビエージェントがフリーターにおすすめかどうかは場合によって異なります。

フリーターにマイナビエージェントがおすすめな場合とおすすめしない場合はそれぞれ以下のとおりです。

マイナビエージェントがおすすめの場合・おすすめしない場合

マイナビエージェントがおすすめの場合

  • 3ヶ月~半年以内に正社員として雇用されていた場合
  • 弁護士資格、公認会計士資格、医師・薬剤師・看護師などの医療系の資格を持っている場合

マイナビエージェントをおすすめしない場合

  • アルバイト・派遣でしか働いたことがなく、正社員の経験がない場合
  • 正社員を辞めてから3ヶ月~半年以上経っている場合

3ヶ月~半年以内に正社員として雇用されていたフリーターや上記の資格を持っているフリーターはあまりいないと思います。

そのため、基本的には、フリーターにマイナビエージェントはおすすめできません

なぜなら、マイナビエージェントは正社員経験をもつ人が対象のサービスで、フリーターの方に紹介できる求人は数少ないからです。

マイナビエージェントは公式のQ&Aでも以下のように回答しています。

マイナビエージェント_フリーター

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントはフリーターにはおすすめできません。

しかし、フリーターにおすすめできる転職エージェントはあります。

続いては、フリーターにおすすめの転職エージェントについて見ていきましょう。

転職者100人に聞いた!フリーターにおすすめの転職エージェント5社

フリーター_おすすめ_転職エージェント
転職者100人の口コミを参考に選出した、フリーターにおすすめの転職エージェントは以下の5社です。

フリーターにおすすめの転職エージェント5社
  1. 就職shop:書類選考なしで面接が可能!
  2. JAIC:20代の就職・転職に特化!
  3. ハタラクティブ:未経験から正社員になれる!
  4. DYM就職:正社員求人に書類選考なしで応募できる!
  5. ウズキャリ:ホワイト企業に就職できる!

それぞれの転職エージェントの特徴について詳しく見ていきましょう。

就職shop:書類選考なしで面接が可能!

フリーター_おすすめ_就職shop

出典:就職shop

就職shopは書類選考なしで面接が可能な転職エージェントです。

フリーターや未経験でも応募できる求人を多数持っています。

サポート体制も充実しているので、初めて転職エージェントを使う場合でも安心です。

優良求人が多いのもうれしいポイントです。

就職shopは対応が丁寧だと感じている人が多い印象でした。

JAIC:20代の就職・転職に特化!

フリーター_おすすめ_JAIC

出典:JAIC

JAICは20代の就職や転職に特化した転職エージェントです。

入社後の定着率を大事にしており、ブラック企業は排除されているため、安心して利用できます。

サポートは丁寧ですが、本気で求職者を応援してくれるため、「厳しい」と感じることもあるようです。

本気で自分のスキルを伸ばしながら就職活動をしたい人におすすめの転職エージェントと言えます。

JAICは厳しい研修が逆に良い評判につながっているようです。

そして、営業職に強いという評判もありました。

ハタラクティブ:未経験から正社員になれる!

フリーター_おすすめ_ハタラクティブ

出典:ハタラクティブ

ハタラクティブは手厚いサポートが受けられる転職エージェントです。

履歴書の添削や面接の練習が丁寧だと評判です。

そのため、就職活動が不安で自分に自信がない方におすすめです。

特にエンジニアや医療系の求人に強い転職エージェントです。

関東、関西、中部、九州に対応しています。

ハタラクティブは学歴が低い人でも利用しやすいという声が多くありました。

DYM就職:正社員求人に書類選考なしで応募できる!

フリーター_おすすめ_DYM

出典:DYM就職

DYM就職では書類選考なしで面接を受けられるので、履歴書が苦手な方でも安心です。

100%正社員の求人なので、正社員を目指したいフリーターに適した転職エージェントと言えます。

ただ、待遇のいい求人が少ない点には注意が必要です。

DYM転職には仕事が早いという声が多かったです。書類選考がないのがうれしいと感じている人もいました。

ウズキャリ:ホワイト企業に就職できる!

フリーター_おすすめ_ウズキャリ

出典:ウズキャリ

ウズキャリはホワイト企業の求人が多い転職エージェントです。

ブラック企業が徹底的に排除されているため、安心して使えます。

求人はIT系を中心に多く取り揃えており、サポートも手厚いので安心です。

ただ、対応エリアが関東と大阪に限られている点には注意が必要です。

ウズキャリには、「キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれる」という声が多くありました。

転職エージェントがフリーター転職にしてくれる7つのこと

フリーター_転職エージェント_してくれること転職エージェントはフリーターの転職でも、手厚いサービスを提供してくれます

ただ求人を紹介してくれるだけではないのです。

具体的に転職エージェントがしてくれる主なサービスは以下のとおりです。

転職エージェントのサービス内容
  1. 求人の紹介
  2. キャリアの相談
  3. 履歴書・職務経歴書の添削
  4. 面接の練習や指導
  5. 年収など条件の交渉
  6. 企業との日程調整
  7. 入社後のフォロー

就職に役立つスキルアップから事務作業まで全部代行してくれるのです。

特に、条件の交渉は自分ではなかなかしにくいですから、代行してくれるとうれしいですよね。

しかも、求職者はこれらのサービスをすべて無料で受けられるのです。

ちなみに、その理由は以下の画像のとおりです。フリーター_転職エージェント_仕組み

求職者が入社すると、転職エージェントは企業から年収の30%ほどの報酬を受け取れるのです。

フリーターが転職エージェントを活用する5つのコツ

フリーター_転職エージェント_活用するコツフリーターは転職エージェントを使うだけでも、就活の成功率を大幅に上げることができます。

しかし、転職エージェントを活用するコツを覚ておけば、さらに有利に転職活動ができるでしょう。
そのコツとは、以下の5つです。

それぞれのコツについて詳しく見ていきましょう。

コツ①:転職エージェントを併用し、併用していることを伝える

フリーター_転職エージェント_複数利用
一番大事なのは、複数の転職エージェントを併用し、併用していることをそれぞれの転職エージェントに伝えることです。

以下のように、リクナビNEXTの調査によると、転職を成功させた人は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

フリーター_転職エージェント_リクナビ調査

出典:リクナビNEXT

転職エージェントを複数利用するとそれだけ多くの求人に出会えます。

また、多くの候補の中から自分に合ったキャリアアドバイザーを選ぶこともできます。

ちなみに、「これだけなら、わざわざ併用していることを伝える必要はないんじゃない?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、併用していることを伝えるのは重要です。

転職エージェントも自社の紹介で転職して欲しいですから、転職エージェントを併用していると熱心に求職者をサポートしてくれるようになるのです。

転職エージェントの併用については以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

転職エージェントを複数利用するべき理由!5つのメリットと賢い活用法を徹底解説

ちなみに、初期の段階では多くの転職エージェントを併用し、その中から良いと思った転職エージェント1~3社程度に絞って転職を行うのが、賢いやり方です。

コツ②:同じ求人に複数の転職エージェントから応募しない

フリーター_転職_同じ求人_応募しない
同じ求人に複数の転職エージェントから応募するのは厳禁です。

応募先の企業にも悪い印象を与えてしまいます。

また、最終的にどちらの転職エージェントで勧めるか選ばなければならないため、転職エージェント同士でトラブルになってしまうこともあります。

ちなみに、どの転職エージェントから応募するか迷った時には、より信頼できると思った転職エージェントから応募すると良いでしょう。

コツ③:就職への意欲を伝える

フリーター_転職_意欲_伝える
就職への意欲を伝えることも重要です。

転職エージェントのキャリアアドバイザーも人間です。

そのため、求職者に意欲があったほうが「この人の転職を成功させたい」と思います。

具体的に意欲を見せる方法としては、以下のようなものがあります。

意欲を見せる方法
  • 「良い転職先があればすぐにでも転職したい」と伝える
  • 「3ヶ月以内に転職したい」など、転職の期限を定める
  • 自分でも転職についての情報を集める

ただ、「意欲があるように見せかけよう」と思ってもうまく行きません。

本当に意欲があるかどうかは、言葉の端々でキャリアアドバイザーに伝わってしまうものです。

「絶対に転職しよう」と自分の中で決意を固めて本気で転職活動を行うのが一番大切です。

コツ④:エージェントへこまめに連絡する

フリーター_転職_連絡
エージェントにはこまめに連絡するようにしましょう

報連相は社会人の基本ですが、これは転職エージェントを利用する時でも同じです。

こまめに連絡すれば転職への意欲を見せることができます。

しかも、キャリアアドバイザーも動きやすくなります。

良い求人を紹介してくれる確率も高くなるでしょう。

2週間に1回程度は「新しく入った求人はありますか?」などと連絡してみましょう。

コツ⑤:マナーを守る

フリーター_転職_マナー
マナーを守ることは基本ですが重要です。

企業との面接の時はもちろん、転職エージェントに連絡を取る時もマナーを守り、丁寧な応対を心がけましょう。

転職エージェントも人間ですので、失礼な態度を取られたり、マナーがなってなかったりすると、企業に紹介しにくいです。

その上、あなたに対する優先度も低くなってしまいます。

マナーを守れば必ず転職活動がうまく行くわけではありません。

しかし、マナー違反を繰り返すと転職活動は厳しいものになるでしょう。

マイナビエージェントがフリーターにおすすめかのまとめ

フリーター_マイナビエージェント_まとめこの記事では、マイナビエージェントがフリーターにおすすめかについて解説してきました。

その真相は以下のとおりです。

マイナビエージェントがおすすめの場合・おすすめしない場合

マイナビエージェントがおすすめの場合

  • 3ヶ月~半年以内に正社員として雇用されていた場合
  • 弁護士資格、公認会計士資格、医師・薬剤師・看護師などの医療系の資格を持っている場合

マイナビエージェントをおすすめしない場合

  • アルバイト・派遣でしか働いたことがなく、正社員の経験がない場合
  • 正社員を辞めてから3ヶ月~半年以上経っている場合

基本的にはマイナビエージェントはフリーターに向いていません。

フリーターに向いている転職エージェントには以下のような会社があげられます。

フリーターにおすすめの転職エージェント5社
  1. 就職shop:書類選考なしで面接が可能!
  2. JAIC:20代の就職・転職に特化!
  3. ハタラクティブ:未経験から正社員になれる!
  4. DYM就職:正社員求人に書類選考なしで応募できる!
  5. ウズキャリ:ホワイト企業に就職できる!

フリーターにあった転職エージェントを見つけて、転職活動を成功へと導きましょう!

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる