転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

【徹底比較】転職エージェントに登録|有料・無料どっちにすべき?

転職エージェントって、無料のサービスではないの?
有料の転職エージェントはどんなものなんだろう…

などと、お困りですよね。

有料の転職エージェントの存在を知って、困惑されている方もいらっしゃるかと思います。

ここでは、有料の転職エージェントと無料の転職エージェントを比較し有料の転職エージェントを使うべき人などについても詳しくご紹介します。

この記事を読めば、有料と無料の転職エージェント、あなたはどちらを選ぶべきなのか、明確になること間違いなしです!

「転職エージェント有料or無料どっちにすべき?」ざっくり言うと
  • 転職エージェントは基本的に無料ですが、有料の転職エージェントもあります
  • 有料の転職エージェントでは、ヘッドハンティングなどの独自のサービスに対しての料金を転職者から受け取っています
  • 有料の転職エージェントではより手厚いサポートをしてもらえますが、まずは無料の転職エージェントに登録しましょう
  • 初めて転職エージェントに登録するなら、リクルートエージェント
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

転職エージェントは有料?無料?

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

recruitment-agent-pay-01
最近では、TVや電車でも転職エージェントの広告をよく見かけるかと思います。

転職活動をする上で、転職エージェントを利用することは当たり前になりつつありますよね。

有料の転職エージェントも、無料の転職エージェントも目にしたことがあるかもしれません。

無料だと思って登録した後に、実は有料だった、なんてことがあったら大変ですよね。

では、なぜ有料のものと無料のものがあるのでしょうか。

基本的に転職エージェントは無料のサービス

基本的に転職エージェントは無料の転職支援サービスです。

転職エージェントは法律上、「有料職業紹介事業者」とされていて、厚生労働省の許可が必要なサービスであります。

「職業安定法」という法律の中で、「求職者から手数料を受け取ってはいけない」という旨の記載があります。

そのため、基本的には転職者は手数料を払うことなく、無料で受けられるサービスになります。

無料の転職エージェントの仕組み

転職者からはお金を取らない転職エージェントですが、会社としての利益はどこから出ているのか、気になりますよね。

転職エージェントは、求人企業から仲介手数料を受け取っているのです。

転職者の内定が決まるとその年収に応じて、年収の3割〜3.5割ほどの仲介手数料が転職エージェントへ支払われます。

そのため、転職エージェント側は、「できるだけ多くの内定を獲得したい」という思いがあります。

求人企業が転職エージェントを利用するメリット
  • 自社の説明を転職エージェントが代わりにしてくれる
  • 自社に合った求職者のみに、応募者を絞ってもらえる
  • 採用活動が効率的になる
転職エージェント使い方の流れ4ステップ|面談から内定までおすすめな活用法を簡単解説!

有料の転職エージェントも存在する!

recruitment-agent-pay-02
これまで、転職エージェントは無料の転職支援サービスとご紹介してきましたが、実は、有料の転職エージェントも存在するのです!

法律で「求職者から手数料を受け取ってはいけない」という決まりがあるのに、有料の転職エージェントがあるというのはどういうことなのでしょうか。

有料の転職エージェントとは

有料の転職エージェントは、求人企業との仲介をすることに対してお金を取っているのではなく、キャリア相談や、ヘッドハンティングをしてもらうことに対しての手数料がかかるサービスなのです。

無料の転職エージェントでは受けられないサービスがあるため、それに対して手数料がかかる有料のサポートを提供している転職エージェントがあるということです。

有料の転職エージェントでも、ある程度のサービスは無料で受けることが出来ます。 

無料の転職エージェントとの違い

有料の転職エージェントに登録することで、お金はかかってしまいますが、転職活動への本気度を示すことができます。

転職エージェント側の責任も増えるため、優先的にサポートを受けることが出来る点が、無料の転職エージェントとの違いです。

しかし、無料のサービスのみを提供している転職エージェントがほとんどです。

有料の転職エージェントのメリット

recruitment-agent-pay-03
では、お金をかけてまで有料の転職エージェントに登録するメリットは何なのでしょうか。

2つご紹介します。

有料の転職エージェントのメリット
  1. 優先的にサポートが受けられる
  2. 優良な非公開求人が豊富

優先的にサポートが受けられる

上記でも少しお話した通り、有料の転職エージェントに登録することで、優先的にサポートを受けることが出来ます。

有料の転職エージェントに登録することによって、転職活動への本気度を示すことが出来るのです。

やる気がある人への方が、協力しようって思いますよね。

また、お金を受け取っているため、転職エージェント側の責任も増え、より手厚くサポートしてくれます。

優良な非公開求人が豊富

有料の転職エージェントには、優良な求人が多いという特徴があります。

転職者側がお金を支払うため、ある程度やる気がある人が集まりますよね。

そのため、「熱意がある人を採用したい」という企業は、有料の転職エージェントに求人情報を出す傾向があるのです。

無料の転職エージェントにはない優良な求人が沢山隠れています。

有料の転職エージェントのデメリット

recruitment-agent-pay-04
上記ではメリットをご紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

デメリットについても理解していきましょう。

有料の転職エージェントのデメリット
  1. 有料だからといって内定が保証されるわけではない
  2. 転職活動への本気度が必要

有料だからといって内定が保証されるわけではない

お金を支払ったからといって安心してはいけません。

内定が保証されるわけではないのです。

ヘッドハンティングなどの、無料の転職エージェントにはないサービスに対して料金が発生しているだけであって、希望の企業に内定をもらうには、あなたの努力が必要です。

転職活動への本気度が必要

有料の転職エージェントに登録することで転職活動への本気度が示せる一方で、それに伴った本気度が必要になります。

転職エージェント側は、本気のサポートをしてくれようとします。

同じ熱量で転職活動を進めていく覚悟を持ち、「やる気はそこまでないけど、安心するために有料の転職エージェントに登録しておこう」という考えはやめましょう。

無料の転職エージェントのメリット

recruitment-agent-pay-05
無料の転職エージェントには、どんなメリットがあるのでしょうか。

転職活動をするにあたって、気軽に登録できる無料の転職エージェントはどんなものなのか知っておきましょう。

無料の転職エージェントのメリット
  1. 無料で全てのサポートを受けられる
  2. 気軽に複数の転職エージェントに登録することが出来る

無料で全てのサポートを受けられる

何と言っても、無料で全てのサポートが受けられるのです。

基本的なことは、無料の転職エージェントで全てやってくれます。

転職エージェントのサポート内容
  • 転職活動の相談に乗ってくれる
  • あなたに合った求人企業の紹介
  • 履歴書など、提出書類の添削
  • 面接対策
  • 内定獲得後の各種手続き

気軽に複数の転職エージェントに登録することが出来る

転職エージェントを使うにあたって最も大切なのは、自分に合ったキャリアアドバイザーに出会うこと」です。

自分に合ったキャリアアドバイザーに出会うためには、複数の転職エージェントに登録する必要があります。

気軽に無料の転職エージェントに複数登録することで様々な情報を得て、転職活動をスムーズに進めることが出来ます。

転職エージェントを複数利用するべき理由!5つのメリットと賢い活用法を徹底解説

無料の転職エージェントのデメリット

recruitment-agent-pay-06
無料の転職エージェントにも、デメリットがあります。

無料の転職エージェントのデメリット
  1. キャリアアドバイザーによって質が異なる
  2. 転職エージェント側の都合で求人を紹介されることがある

キャリアアドバイザーによって質が異なる

転職エージェントの登録した場合、担当のキャリアアドバイザーが付きます。

どの転職エージェントに登録しても、キャリアアドバイザーは1人の人間です。

それぞれ経験も違ければ、知識も異なります。

キャリアアドバイザーによって質が異なってしまうのです。

そのため、複数の転職エージェントに登録して、自分に合ったキャリアアドバイザーを見つける必要があります。

転職エージェント側の都合で求人を紹介されることがある

転職エージェントは内定の数だけ自身の報酬が増えるため、できるだけ多くの内定を獲得したい」という思いがあります。

転職者の希望の企業に内定させてくれるならいいのですが、場合によって、転職者の希望ではなく内定が出やすい求人を紹介してくることがあります。

転職エージェント側が、自身の利益のためにあなたの希望に沿わない提案をしてきた際は気をつけましょう。

有料と無料の転職エージェントどちらに登録すべき?

recruitment-agent-pay-07
ここまで、有料と無料の転職エージェントについてご紹介してきましたが、それぞれにメリットやデメリットがあって、どうすればいいのか迷いますよね。

どちらに登録するべきなのでしょうか。

まずは、無料の転職エージェントに登録

まずは、無料の転職エージェントに登録しましょう。

気軽に登録できる無料の転職エージェントにいくつか登録し、様々な情報を手に入れながら転職活動をするやり方が一番望ましいです。

無料でもサポートは充実していて、転職活動は十分に成功させられます。

有料転職エージェントに登録すべき人は?

有料の転職エージェントに登録すべき人
  • 無料の転職エージェントの求人よりハイクラスなものに応募したい
  • ヘッドハンティングなどの高度なサービスを受けたい
  • 対策をもっと親身にやって欲しい
上記のような人で、自分に合いそうな有料の転職エージェントがあれば登録してもいいかと思います。

しかし、いきなり有料に登録することはおすすめしません。

無料の転職エージェントに複数登録してみて、満足いかなかった時に試してみるのがおすすめです。

 おすすめの無料転職エージェント3社

recruitment-agent-pay-08
転職活動をする際、「まずは無料の方に登録すべき」と述べてきました。

まず最初に登録すべきな、おすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

求人数 登録者数 サポートの手厚さ
リクルートエージェント 約28万件 約50万人
(年間)
DODA 約13万件 約410万人
(サイト含む)
パソナキャリア 約4万件 非公開

リクルートエージェント

recruitment-agent-pay-09
リクルートエージェントは、求人数、内定獲得数共に業界No.1の転職エージェントです。

豊富な転職相談のデータがあるため、高度な転職活動のノウハウを持っています。

業界・業種、地域を問わない求人を保有しているため、転職活動をしているどんな人にも最初に登録して頂きたい転職エージェントです。

登録すべき人
  • 圧倒的に信頼できる転職エージェントを使いたい人
  • 高度な転職活動ノウハウを身に付けたい人
  • 地方の求人を探している人

DODA

recruitment-agent-pay-10
DODAは、求人数、内定獲得数共にリクルートエージェントに次ぐ業界No.2の転職エージェントです。

年収は500万円以上の求人が比較的多く成功すれば年収を上げることが出来ます。

また、メーカーとITの求人が多いことが特徴です。

面接対策などのサポートも評判が高いため、手厚い支援を受けられます。

登録すべき人
  • 初めて転職活動をする人
  • 年収を上げたい人
  • メーカー・IT業界を志望している人

パソナキャリア

recruitment-agent-pay-11
パソナキャリアは、求人数はリクルートエージェントやDODAには劣りますが、業界最大手の株式会社パソナが運営する転職エージェントです。

社内教育制度がしっかりしているため、転職エージェントの弱点である「キャリアアドバイザーの質が異なる」という問題が他と比べて解消されています。

そして他の転職エージェントに比べて女性の転職活動に力を入れているという特徴もあります。

また、質の高い求人が多く、年収UP率67.1%という実績があります。

登録すべき人
  • 質の高い求人を探している人
  • 安心したサポートを受けたい人
  • キャリアアップしたい女性

おすすめの有料転職エージェント2社

recruitment-agent-pay-12
まずは無料の転職エージェントに登録すべきですが、有料の転職エージェントに登録する際のおすすめを2つご紹介します。

ビズリーチ

recruitment-agent-pay-13
ビズリーチは、ヘッドハンティングの手法をとっていて、ハイクラス転職において国内トップの転職サービスです。

無料と有料のコースが選べて、それぞれのサポート内容は以下のようになっています。

無料 プラチナスカウトのみの閲覧、返信が可能
公募、特集求人への応募
一般求人の閲覧
有料 全てのスカウトの閲覧、返信が可能
一般求人への応募
ヘッドハンターの検索、閲覧、相談
料金別サポート内容
  • ¥3,278(30日間)…年収1,000万円以上の求人への募集は不可
  • ¥5,478(30日間)…年収1,000万円以上の求人への募集が可能
登録すべき人
  • 現時点で年収600万円以上の人
  • 中長期的な転職を考えている人
  • 管理職の経験がある人

ゲキサポ!転職

recruitment-agent-pay-14
ゲキサポ!転職は、転職エージェントとは異なったビジネスモデルをとっています。

転職エージェントは、企業を転職者に紹介して内定を獲得すると企業から報酬を受け取る仕組みになっていますが、ゲキサポ!転職では、企業を紹介しません。

転職者から料金を受け取り、専属のサポーターになるのです。

転職者から料金を受け取っているため、自社の利益のことも考えなくてはいけない転職エージェントに比べて、本気で転職者一人一人のキャリアに向き合ってくれます。

サポート内容
  • 専属サポーターと、週一の対面トレーニング
  • 自己分析の深掘り
  • 履歴書の対策
  • 企業・業界研究
  • チャットでの相談
登録すべき人
  • 自分の適正を知りたい人
  • 面接対策を徹底的にしたい人
  • キャリアに自信のない人

転職エージェントは有料or無料どっちにすべき?まとめ

recruitment-agent-pay-15
転職エージェントを使った転職活動をするなら、まずは無料の転職エージェントに登録しましょう。

無料の転職エージェントでも、必要なサポートは十分に揃っています。

複数登録してみても納得がいかない場合、ワンランク上の転職をしたい場合は、有料の転職エージェントに登録してみることも一つの手段です。

あなたに合った転職エージェントを見つけ、成功することを祈っております。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

「転職エージェント有料or無料?」まとめ
  • 転職エージェントは基本的に無料ですが、有料の転職エージェントもあります
  • 有料の転職エージェントでは、ヘッドハンティングなどの独自のサービスに対しての料金を転職者から受け取っています
  • 有料の転職エージェントではより手厚いサポートをしてもらえますが、まずは無料の転職エージェントに登録しましょう
  • 初めて転職エージェントに登録するなら、リクルートエージェント
転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる