転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

【転職エージェントの裏事情】元社員が暴露する転職エージェントの裏側とは?

転職エージェントってどうして無料でつかえるの?
転職エージェントの裏事情が気になる。

この記事をご覧になっている方は、このように思っている方が多いのではないでしょうか。

転職エージェントには、求職者(あなた)には教えられない裏事情が多くあります。

転職エージェントの裏事情を知ることで、転職エージェントを上手に利用するポイントが見えてきます。

そこで今回は、転職エージェントの元社員が裏事情のすべてを暴露し、徹底的に解説します。

数分で転職エージェントの裏事情について理解できるようになっていますので、ぜひ最後までお読みください。

「転職エージェントの裏事情」ざっくり言うと
  • 転職エージェントにはノルマがあり、求職者の希望とは違う企業に応募させようとする場合がある。
  • 転職エージェントは、求職者に対して優先度を付けている。
  • 転職エージェントを利用するときは、身だしなみやマナーに気をつける必要がある。
  • キャリアアドバイザーに転職意欲を見せることで、対応が良くなる。
  • 転職エージェントは複数登録して、自分に合ったところを選ぶと良い。
  • 転職エージェントは、様々なメリットがあるため、基本的には利用した方が良い。
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

転職エージェントの裏事情|10の秘密

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

転職エージェント_裏事情

転職エージェントは、求職者には教えられない裏事情があります。

この裏事情を理解することで、利用者としてどのようなことを気をつけるべきか見えてきます。

ここでは、転職エージェントの裏事情について解説します。

現在、転職エージェントを利用している人も、これから利用しようと思っている人もぜひ参考にしてください。

裏事情①|転職エージェントを無料で使える理由

裏事情_無料理由

転職エージェントは最後まで無料で利用することができます。

その秘密は、以下の図のようになっているからです。

転職エージェント_無料
この図のように、転職エージェントは、求人を出している企業からお金をもらっているのです。

企業が転職エージェントに、自社の求人を紹介するようにお願いします。

転職エージェントは、求職者(あなた)に求人を紹介する代わりに、企業から報酬をもらうという仕組みになっています。

そのため、求職者は無料でサービスを受けることができるのです。

転職エージェントが得られる報酬の額は、求職者が転職に成功した企業の年収の3割程度となっています。

裏事情②|登録情報で面談場所を変える

裏事情_面談場所

初回の面談では、転職エージェントから場所を指定されます。

面談場所は、求職者のスペックや希望によって変わります。

以下の3つの場所が例として挙げられます。

初回の面談場所
  • 転職エージェント会社
  • 喫茶店などのお店
  • 電話

転職エージェント会社

求職者が、転職エージェントの会社に出向いて面談を行う場合が一番多いです。

一般的な求職者に対しては、自社に来てもらうようにお願いします。

転職エージェントは、多くの人と面談を行わないといけないので、求職者が自社に出向いてもらえると効率的で楽なのです。

また、自社で面談をすることで、個人情報や込み入った話などをしやすいというメリットもあります。

喫茶店などのお店

喫茶店などのお店で面談を行うこともあります。

ハイキャリアな方の面談を行う場合、このような場所を選ぶことがあります。

学歴や経歴が良いと転職がしやすいため、競合他社にその人を取られないように、求職者が出向きやすい喫茶店などを指定します。

またハイキャリアな方は、転職する時に高い年収が期待できるため、転職エージェントの報酬が多くなります。

したがって、そのような方の優先度は高いです。

転職エージェント会社ではなく、喫茶店などのお店で初回面談を行うように言われたら、期待されている可能性が高いです。

電話

電話で初回面談を行う場合もあります。

これは、求職者の経歴や希望などから、転職が難しいと考えられる場合に行われます。

電話で面談することになってしまったら、転職エージェントに転職意欲をみせることが大切です。

直接会って話がしたいということを伝えるのが効果的です。

例外として、看護師や薬剤師などの資格が必要で引く手数多な職業を希望している方も、電話対応になることがあります。

転職エージェントは、できるだけ効率良く企業に人を送りたいと考えているためです。

裏事情③|面談で求職者の人間性をしっかり見ている

裏事情_人間性

転職エージェントは、面談のときに求職者の人間性を一番良くみています。

身だしなみやマナーがしっかりしていないと、いくらハイキャリアな方でも企業を紹介してもらえません。

転職エージェントは、企業から報酬をもらって成り立っているビジネスです。

転職エージェントが企業にちょっとでも変な人を送ってしまっては、企業との信頼関係に溝が入ってしまい、今後の取引を行ってもらえなくなります。

したがって、求職者は転職エージェントに対して、決して横柄な態度を取らず、真摯に向き合うことがとても大切です。

以下の記事では面談の事前準備から当日のポイントまで、徹底的に解説しています。

ぜひこちらもご覧ください。

転職エージェントとの面談|事前準備から当日のポイントまで徹底解説!!

裏事情④|キャリアアドバイザーにはノルマがある

裏事情_ノルマ

転職エージェントはボランティアではありません。

求職者の相談役であるキャリアアドバイザーには、ノルマが課せられています。

そのため求職者の希望よりも、入りやすい企業を多く紹介することがあります。

また様々な決定を急かすため、ゆっくり就職活動をしたいという求職者にとっては、やりにくいと感じることでしょう。

企業から内定をもらったら、辞退することを認めず、無理やり入社させようとするキャリアアドバイザーもいます。

裏事情⑤|できるだけ効率良く早く入社させたい

裏事情_効率良く

転職エージェントは、求職者を入社させないことには、報酬を得ることができません。

そのため、できるだけ効率良く求職者を入社させたいと考えています。

求職者への企業の紹介や履歴書の添削などは行っても、時間がかかる面接練習までは行わないという転職エージェントもあります。

転職意欲を見せて、細かなサポートまでしっかり行ってもらえるようにお願いをしましょう。

また、内定承諾の期限を早めるなどして、できるだけ早く入社させようとすることもあります。

もう少し考える期間が欲しいなど要望があれば、遠慮なくキャリアアドバイザーに伝えましょう。

裏事情⑥|取引実績のない企業に入社させたい

裏事情_取引実績

転職エージェントは、今まで取引実績のない企業に入社させたいと考えています。

これは、実績が出ればより多くの求人をその企業から得られるようになり、転職エージェントの利益に繋がるからです。

自分の希望の企業ではなく、このような今まで取引のない企業を紹介してくるようなことがあれば注意が必要です

裏事情⑦|求職者に優先度を付けている

裏事情_優先度

転職エージェントは、求職者に優先度を付けています。

ハイキャリアで高収入が望める求職者は、優先度が高くなります。

これは、転職エージェントの報酬は、入社した会社の年収の3割程度と決まっているからです。

また、できるだけ早くの転職を希望している方も優先度が高くなります。

転職意欲を見せて、早期の転職を希望していることをキャリアアドバイザーにアピールすると、対応が良くなる可能性があります。

裏事情⑧|非公開の応募条件がある

裏事情_非公開条件

企業には、転職者には伝えない非公開の応募条件を設定しているところがあります。

年齢・性別・国籍などがその条件にあたります。

転職エージェントにはその条件を伝えられていますが、公にしてしまうと、法律に触れてしまう恐れがあります。

そのため、求職者にはこのような条件を公開することはありません。

他に、転職回数の多さや経歴なども指定する企業があります。

裏事情⑨|退職しないように入社後もしっかりサポート

裏事情_入社後

転職エージェントには、求職者が入社した後にもサポートを行ってくれるところがあります。

これは、単なるボランティア精神からくるものではなく、ちゃんとした理由があります。

転職エージェントは、求職者が入社した時に企業から報酬を受け取ります。

しかし、入社してすぐに退職してしまった場合、報酬は一部返金となるのです。

そのため、入社してすぐに退職しないように、入社後の一定期間はサポートを行って退職を阻止しようとします。

1、2週間で退職をした場合、全額返金となることが多いため、転職エージェントは入社後も気を抜けません。

裏事情⑩|転職エージェントにとって企業も大事なお客様

裏事情_企業

転職エージェントにとって、求職者のあなたもお客様ですが、求人をもらえる企業も大事なお客様です。

転職エージェントは、企業から高い報酬をもらうので、それに見合った人材を送らなければなりません。

もちろん求職者の気持ちに寄り添うことは大切ですが、企業に対してもいい顔をしています。

時には、求職者よりも企業の希望を優先してしまう場合があります。

裏事情から分かる|転職エージェントを上手に利用する6つのポイント

転職エージェント_ポイント

転職エージェントの裏事情について、理解できたと思います。

多くの裏事情から、転職エージェントを上手に利用するために必要なことが見えてきます。

ここでは、転職エージェントを利用するポイントについて解説します。

転職エージェントを利用する6つのポイント
  1. 早く転職したいことを伝える
  2. キャリアアドバイザーとこまめに連絡を取る
  3. キャリアアドバイザーに嘘をつかない
  4. 転職エージェントに任せっきりにしない
  5. 合わないと感じたらアドバイザーを変更する
  6. 転職エージェントを複数登録する

早く転職したいことを伝える

転職エージェント_早く

できるだけ早く転職をしたいと転職エージェントに伝えることは、非常に効果的です。

転職エージェントとしては、できるだけ効率良く早く入社させたいと考えているためです。

このように転職意欲のある求職者は、優先度が高くなり、希望の企業を多く紹介してくれるなど対応が良くなります。

早期の転職を目指している方は、初回面談の時にキャリアアドバイザーにその旨を伝えると良いでしょう。

一方で、ゆっくり自分のペースで転職をしたいと考えている方は、転職エージェントの利用にあまり向いていないです。

転職の軸を大体決めてから、利用を始めるのがおすすめです。

キャリアアドバイザーとこまめに連絡を取る

転職エージェント_連絡

キャリアアドバイザーとこまめに連絡することは、とても大切です。

転職意欲があると判断され、優先度を上げてもらえるというメリットがあります。

他に、頻繁に連絡を取り合うことで、間違って伝わってしまった情報を早期に修正することができます。

月に2、3回は連絡を取るようにしましょう。

また、転職エージェントからの連絡は、できるだけ早く返信するように心がけましょう。

キャリアアドバイザーに嘘をつかない

転職エージェント_嘘

良い企業を紹介してもらえるように、過去の経歴を隠したい。

このように思っている方は多いのではないでしょうか。

過去の失敗を隠したい気持ちは良く分かりますが、キャリアアドバイザーに嘘はつかない方が良いです。

転職を熟知しているキャリアアドバイザーと誠実に向き合うことで、自分に合った業種や企業を発見することできます。

ただ、聞かれてもいないのに、自分のマイナスになることをたくさん話すのは避けた方が良いでしょう。

転職エージェントに任せっきりにしない

転職エージェント_任せる

転職エージェントには裏事情があり、あなたの希望と違う企業を紹介することがあります。

転職エージェントに任せっきりにしては、そのまま自分のやりたい仕事と違う企業に就職することになってしまいます。

キャリアアドバイザーの言うことを鵜呑みにせず、転職の軸を確認しながら進めていかなければなりません。

疑問に思ったことがあれば、遠慮せずキャリアアドバイザーに質問することが大切です。

合わないと感じたらアドバイザーを変更する

転職エージェント_アドバイザー変更

相性が悪いと感じたら、キャリアアドバイザーを変更することは非常に効果的です。

自分の興味のある業種について詳しくなかったり、信用できないと感じたりした場合は転職エージェントに変更してもらうようにお願いしましょう。

その際は変更理由を明確に伝えて、転職エージェントがあなたに適切なアドバイザーを見つけやすくなるように努めましょう。

転職エージェントを複数登録する

転職エージェント_複数登録

転職エージェントそのものに不信感があった場合は、他の転職エージェントを利用すると良いです。

ほとんどの転職エージェントは、親身になってあなたの話を聞いてくれるため、すぐに相性の良いところを見つけることができるでしょう。

転職エージェントを複数登録することで、転職の幅が広がるというメリットもあります。

ただ、異なる転職エージェントから、同じ企業を応募することは決してしないようにしましょう。

場合によっては信用をなくして、その企業を受けることができなくなります。

転職エージェントを複数登録するメリットについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

ぜひこちらもご覧ください。
転職エージェントを複数利用するべき理由!5つのメリットと賢い活用法を徹底解説

転職エージェントを利用する5つのメリット

転職エージェント_メリット
転職エージェントには裏事情があって、利用するべきなのかと不安に思う方も多いと思います。

しかし転職エージェントには、それ以上にメリットが大きく、転職を考えている方は利用することをおすすめします。

それでは転職エージェントには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、転職エージェントを利用するメリットについて解説します。

転職エージェントを利用する5つのメリット
  1. 自分に合った企業を探してもらえる
  2. 他では手に入らない求人が得られる
  3. 企業の裏事情や聞きにくいことを質問できる
  4. 履歴書の添削や面接の練習を行ってもらえる
  5. 推薦状を書いてもらえる

自分に合った企業を探してもらえる

転職エージェント_企業探し
実際に転職しようと思っても、自分に合っている企業を見つけるのは、なかなか難しいですよね。

転職エージェントは、あなたの経歴や希望から最適な業種を見つけ、おすすめの企業を厳選して紹介してくれます。

面談の際は、転職の軸をしっかり伝えて、キャリアアドバイザーがあなたに合った企業を見つけやすくなるように努めることが大切です。

他では手に入らない求人が得られる

転職エージェント_非公開求人
転職エージェントは、転職サイトなどでは手に入らない非公開求人を数多く保有しています。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職の幅が広がります。

また、転職エージェントによって、保有している非公開求人は異なります。

そのため、複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

3〜4社の転職エージェントを登録すると安心できます。

おすすめの転職エージェントは、最後に紹介しているのでぜひご覧ください。

企業の裏事情や聞きにくいことを質問できる

転職エージェント_質問
転職サイトなどのインターネットで得られる情報は、一部に過ぎません。

転職エージェントは、直接企業の方と話をしているので、ネットに載せられないような裏事情も熟知しています。

給与面や福利厚生など、実際に企業に聞きにくいことも転職エージェントに気軽に質問することができます。

また必要に応じて、企業に希望する条件の交渉も代理で行ってもらうことができます。

履歴書の添削や面接の練習を行ってもらえる

転職エージェント_対策
転職エージェントは、履歴書の添削や面接練習などのサポートも行ってくれます。

一人では、履歴書に不備はないかや、面接対策は万全かなど不安になりますよね。

企業と実際に会話をしている転職エージェントに対策を行ってもらえるので、安心して転職活動を進めることができます。

推薦状を書いてもらえる

転職エージェント_推薦状
転職エージェントは、求職者の推薦状を書いて企業に提出することができます。

志望動機や長所などを、上手に伝えてくれるため、あなたの印象が良くなります。

内容が気になる方は、推薦状を提出する前に見せてもらうようにお願いすると良いです。

【徹底比較】おすすめの転職エージェント

転職エージェント_おすすめ

転職エージェントを利用したいけど、どこに登録したらいいか分からない。

このように思っている方は多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめの転職エージェントを厳選して、対象者別にわかりやすく解説します。

対象の方 おすすめの転職エージェント
20代の方におすすめ マイナビエージェント
パソナキャリア
ハタラクティブ
リクルートエージェント
doda
30代の方におすすめ マイナビエージェント
パソナキャリア
Spring転職エージェント
doda
40代以降の方におすすめ doda
ハイクラス層の方におすすめ JACリクルートメント
Spring Executive
ビズリーチ
女性の方におすすめ type女性の転職エージェント

20代の方におすすめ

20代の方におすすめの転職エージェントを紹介します。

マイナビエージェント

転職エージェント_マイナビエージェント

マイナビエージェントは、サポートがしっかりしていることで評判の良い転職エージェントです。

20代〜30代の比較的経歴の浅い方の転職サポートに強いです。

一方で、ハイキャリアで高収入を目指すという方には、あまりおすすめできません。

できるだけ早く転職をしたいと考えている方には、とてもおすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

転職エージェント_パソナキャリア

パソナキャリアは、特にキャリアアドバイザーの評判が良く、信頼できる転職エージェントです。

専任のアドバイザーがいるため、安心して転職のサポートを任せることができます。

また一般の求人はもちろん、非公開求人が多いというのもパソナキャリアの良いところです。

ハタラクティブ

転職エージェント_ハタラクティブ

ハタラクティブは、20代の方特化の転職エージェントで、フリーターの方でも正社員を目指せることが売りです。

キャリアアドバイザーの評価が高く、面談がしっかりしているので、非常に大きな満足感が得られることでしょう。

ただ、多くの求人が首都圏に固まってしまっているため、地方での就職を希望している方にはあまりおすすめできません。

リクルートエージェント

転職エージェント_リクルートエージェント

20万件以上の非公開求人を保有しており、他のエージェントと比べて多いのが特徴です。

専門のコンサルタントによる履歴書の添削や、面接練習など充実したサポートをしてもらえます。

転職支援実績が良く、幅広い業種に対応していますが、特にIT・通信・医薬・メーカーが強いです。

日本各地の求人を保有しているため、地方での就職を考えている方にもおすすめです。

doda

転職エージェント_doda

求人保有数が非常に多く、IT・メーカー・不動産・コンサルなど様々な業種に対応しています。

希望の業種に応じて、専任のキャリアアドバイザーがついてくれるため、専門的なことでも安心して相談することができます。

また、企業からあなたにスカウトをするサービスもあり、自分の経歴に合った企業を見つけることができます。

30代の方におすすめ

30代の方におすすめの転職エージェントを紹介します。

マイナビエージェント

転職エージェント_マイナビエージェント

マイナビエージェントは、30代の方にも非常におすすめの転職エージェントです。

キャリアアドバイザーのサポートがしっかりしていることで、非常に評判が良いです。

20代〜30代の比較的経歴の浅い方の転職サポートに強いです。

一方で、ハイキャリアで高収入を目指すと言う方には、あまりおすすめできません。

できるだけ早く転職をしたいと考えている方には、とてもおすすめの転職エージェントです。

パソナキャリア

転職エージェント_パソナキャリア

パソナキャリアも30代におすすめの転職エージェントです。

特にキャリアアドバイザーの評判が良く、信頼できる転職エージェントです。

専任のアドバイザーがいるため、安心して転職のサポートを任せることができます。

また一般の求人はもちろん、非公開求人が多いというのもパソナキャリアの良いところです。

Spring転職エージェント

転職エージェント_Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは、外資系の企業に強い転職エージェントです。

外資系の非公開求人を多く持っているため、外資系企業に興味のある方には非常におすすめです。

専門分野に精通したアドバイザーが、あなたの価値を正確に判断して、質の高い求人を紹介してくれます。

Spring転職エージェントについては、以下の記事で徹底的に解説しています。

ぜひこちらもご覧ください。
Spring転職エージェント評判って?口コミからリアルな評価を検証

doda

転職エージェント_doda

dodaは、30代の方にもおすすめの転職エージェントです。

求人保有数が非常に多く、IT・メーカー・不動産・コンサルなど様々な業種に対応しています。

希望の業種に応じて、専任のキャリアアドバイザーがついてくれるため、専門的なことでも安心して相談することができます。

また、企業からあなたにスカウトをするサービスもあり、自分の経歴に合った企業を見つけることができます。

40代以降の方におすすめ

40代以降の方におすすめの転職エージェントを紹介します。

doda

転職エージェント_doda

40代以降となると転職の際、年齢が少しネックになってきます。

dodaでは、数多くの求人を保有しており、40代以降の方でもしっかり転職のサポートを行ってくれます。

IT・メーカー・不動産・コンサルなど様々な業種に対応しています。

希望の業種に応じて、専任のキャリアアドバイザーがついてくれるため、専門的なことでも安心して相談することができます。

また、企業からあなたにスカウトをするサービスもあり、自分の経歴に合った企業を見つけることができるでしょう。

ハイクラス層の方におすすめ

ハイクラス層の方におすすめの転職エージェントを紹介します。

JACリクルートメント

転職エージェント_JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30〜50代のハイキャリアな方におすすめの転職エージェントです。

一般的な転職エージェントとは異なり、複数のコンサルントがあなたをスカウトする仕組みになっています。

各業種のプロが多角的に求人を紹介するため、偏りがなく幅広い選択肢から企業を選ぶことができます。

世界各地にネットワークがあり、グローバル転職サポートの実績も数多くあります。

Spring Executive

転職エージェント_SpringExecutive

Spring Executiveは、IT・エンジニアリング分野に特化したハイクラス層向けの転職エージェントです。

IT・エンジニアリングに特化することで、より専門的で質の高い転職を行うことができます。

また、Spring Executiveでは、女性・外国人・シニア層の方でもサポートを行うというのも売りにしています。

IT・エンジニアリング分野での経験がある方であれば、どのような方でもおすすめの転職エージェントです。

ビズリーチ

転職エージェント_ビズリーチ

ビズリーチは、3分の1以上の求人が年収1,000万円以上と、ハイクラス層向けのヘッドハンティング型の転職サービスです。

他の転職エージェントとは大きく異なり、アドバイザーと面談をして企業を見つけていくのではなく、企業からのスカウトを待つという仕組みです。

そのため、ゆっくり良い企業を選びたいという方にはおすすめです。

また、有料会員になることで、さらに広くサービスを受けることができます。

女性の方におすすめ

女性の方におすすめの転職エージェントを紹介します。

type女性の転職エージェント

転職エージェント_type女性の転職エージェント

結婚や子育てをしながら働きたい。
女性でも活躍できる企業に入社したい。

女性の方は、このような女性ならではの悩みを持っている方は多いと思います。

type女性の転職エージェントでは、このような悩みを抱えている女性が、安心して働ける企業の求人を多数保有しています。

また、キャリアアドバイザーが女性であったり、メイク講座があるなど、女性に特化したサービスが魅力的です。

すべての女性におすすめの転職エージェントです。

転職エージェントの裏事情|まとめ

裏事情_まとめ

転職エージェントの裏事情や上手に利用するポイントなどを解説しました。

転職エージェントには、求職者には教えられない様々な裏事情があります。

しかし利用するメリットが非常に大きいので、転職を考えている方は一度利用してみることをおすすめします。

ほとんどの転職エージェントでは、キャリアアドバイザーの方が親身になって相談に乗ってくれることでしょう。

最後におさらいです。

「転職エージェントの裏事情」まとめ
  • 転職エージェントにはノルマがあり、求職者の希望とは違う企業に応募させようとする場合がある。
  • 転職エージェントは、求職者に対して優先度を付けている。
  • 転職エージェントを利用するときは、身だしなみやマナーに気をつける必要がある。
  • キャリアアドバイザーに転職意欲を見せることで、対応が良くなる。
  • 転職エージェントは複数登録して、自分に合ったところを選ぶと良い。
  • 転職エージェントは、様々なメリットがあるため、基本的には利用した方が良い。

自分に合った転職エージェントを見つけて、理想の転職ができるように頑張りましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる