転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

転職エージェントの無視は絶対NG?無視したい時の対処法を徹底解説!

転職エージェント無視_転職エージェント無視はNG

転職エージェントからの連絡って無視しても大丈夫?
転職エージェントに連絡を無視されるんだけど何で?

転職エージェントの連絡がしつこくて無視しようとしているそこのあなた!

転職エージェントからの連絡は無視してはいけません。

無視してはいけない理由対処方法を、転職の意思がある人意思がない人に分けて説明します。

そして、転職エージェントに連絡を無視されて不安になっているあなた!

無視される理由対処法を説明します。

3分後にこの記事を読み終わった時には、転職エージェントを無視したい人も、転職エージェントに無視されてる人も対処法が分かっています。

「転職エージェントを無視」をざっくり言うと
  • 転職エージェントからの連絡は無視してはいけない
  • 転職エージェントからの連絡を無視すると求人を紹介してもらえなくなる
  • 転職の意思がないなら転職エージェントを退会するべき
  • 転職エージェントからの連絡がしつこい場合は希望条件を絞り込む
  • 求職者のマナーが悪いとコンサルタントに連絡を後回しにされる可能性がある
  • 転職エージェントに連絡を無視される場合は転職エージェントを変更する
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

転職エージェントからの連絡を無視しちゃダメな理由

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

転職エージェント無視_無視がダメな理由

転職エージェントからの連絡を無視してはダメです。

転職の意思がある場合はもちろんですが、転職の意思がなくても連絡を無視するとデメリットがあります。

転職エージェントの連絡を無視すると
【転職する意思がある場合】

  • 求人紹介の優先度が下がる

【転職する意思がない場合】

  • しつこいメールや電話が続く

求人紹介の優先度が下がる

求職者の方に連絡を無視され続けた転職エージェントはどう思うでしょうか?

「この人は転職する気持ちがそんなにないのかもしれない。だったら、好条件の求人を紹介する意味はないな」と思われてしまいます。

「連絡を無視する人をクライアント企業に紹介することはできない」と思われてしまうと、求人を紹介してもらえない可能性も出てきてしまいます。

しつこいメールや電話が続く

転職する意思がない場合は、転職エージェントからの連絡は煩わしいだけですよね。

しかし転職エージェントとしては、求職者が連絡を無視する理由は分かりません。

希望の条件と合ってない可能性もあれば、転職する意思がないのかもしれないし、他のエージェントに頼っているのかもしれません。

つまり、しばらくは煩わしい連絡が続いてしまうのです。

求職者としてもうんざりしますし、転職エージェントしても無駄な時間を使ってしまうことになります。

しつこい転職エージェントからの連絡への対処法

転職エージェント無視_しつこい転職エージェントの対処法

転職エージェントからしつこい連絡が続く場合どう対処すればいいのかを紹介します。

転職する意思がある場合と意思がない場合でそれぞれまとめました。

転職エージェントからの連絡の対処法
【転職する意思がある場合】

  • 連絡可能な時間帯を伝える
  • 希望条件を絞り込む
  • 担当コンサルタントを変更する

【転職する意思がない場合】

  • 退会の意思を伝える

転職する意思がある場合

転職する意思がある場合は転職エージェントから届くしつこい連絡の対処方法を3つお伝えします。

連絡可能な時間帯を伝える

在職中で転職エージェントからの連絡に対応できない時間帯がある場合は、その旨を伝え、連絡してほしい曜日や時間を伝えましょう。

(例)
「平日18時まで仕事のため、平日19時以降にメールで連絡お願いします」

このようにはっきりと伝えましょう。

大切なことは転職エージェントからの連絡を希望する「曜日」「時間」「連絡手段」の3つをきちんと伝えることです。

希望条件を絞り込む

転職エージェントからの求人紹介が多く、希望の条件とずれる案件もあって煩わしいと感じることもあります。

そんな時は、登録している希望条件を見直してみましょう。

希望条件を狭めることで紹介される求人数が減り、転職エージェントからの連絡も減ります。

変更を検討するべき条件は下記の項目です。

変更を検討するべき条件
  • 仕事内容
  • ポジション
  • 年収
  • 入社日
  • 休日や残業時間
  • 各種手当などの待遇面

担当コンサルタントを変更する

転職エージェントに登録すると、求職者には担当コンサルタントがつきます。

ただし、担当コンサルタントと相性が合わないこともあります。

相性の合わない担当コンサルタントが頻繁に連絡してくることが嫌な場合は、担当コンサルタントの変更を申し出ましょう。

転職エージェント無視_担当コンサルタント変更方法

出典:https://recruit-career.custhelp.com

上記のようにヘルプページに担当コンサルタントの変更方法を記載しているエージェントが多いのでホームページを確認してみてください。

また、担当コンサルタントの変更を申し出る場合は、注意しなければならないことがあります。

コンサルタントの変更を申し出る時の注意点
  • 理由を丁寧に説明する
  • 次の担当コンサルタントに求めることを伝える
  • 担当コンサルタント本人に直接言わない

まず、担当を変更してもらうのですから、理由は丁寧に伝えましょう。

そして、同じように相性の悪い担当者に当たらないように次の担当者に求めることを伝えましょう。

最後に担当コンサルタントに直接伝えると説得されたり、気まずくなる可能性が高いです。

担当コンサルタントではない連絡先に連絡しましょう。

転職する意思がない場合

転職する意思がない場合は、転職エージェントにサービス退会の意思を伝えましょう。

退会の意思を伝える時は、転職の意思がないことをハッキリと伝えてください。

実際にどういう文章で退会を伝えればいいのかをメール例文を通じてお伝えします。

メール例文は2パターン用意しました。

1つ目が転職が決まり転職エージェントを退会するパターン

2つ目は転職は決まってないが転職活動を1回やめるから転職エージェントを退会するパターンです。

『メール例文:転職が決まった場合』
【件名】
××(転職エージェント名)退会のお願い:〇〇(自分の名前)

 

【本文】

△△様(担当コンサルタント)

いつもお世話になっております。〇〇でございます。

 

この度、他社の転職エージェント経由で転職することが決まりました。

そのため転職活動を終了し、退会のご連絡を差し上げました。

 

△△様には大変お世話になったにも関わらず、貴社経由で転職できず大変申し訳ありません。

何卒宜しくお願い致します。

 

〇〇

出来るだけ丁寧に、転職活動が終了したことを伝えましょう。

他社の転職エージェントで転職が決まった場合は、申し訳ない気持ちも合わせて伝えてください。

『メール例文:転職をやめる場合』
【件名】
××(転職エージェント名)退会のお願い:〇〇(自分の名前)

 

【本文】
△△様(担当コンサルタント)

 

いつもお世話になっております。〇〇でございます。

 

大変恐縮ですが、この度、私の諸事情により転職活動を休止することにいたしました。

そのため、一度退会させて頂ければと思います。

 

再度、転職活動を再開する時はこちらから連絡いたします。

何卒よろしくお願い致します。

 

〇〇

転職活動を再会した時に気まずくならないように、できる限り丁寧な内容を心がけましょう。

より細かいビジネスメールの書き方についてはコチラの記事を参考にしてください。
【定型文付き】ビジネスメールの書き方・送り方・マナーは?社会人の常識を基礎から解説!

しつこくない優良転職エージェント5選

転職エージェント無視_しつこくない転職エージェント

「転職エージェントからの連絡がしつこい!」

しつこい転職エージェントじゃなくて、もっと良質な転職エージェントを探しているあなたに優良転職エージェントを5つ紹介します。

しつこくない優良転職エージェント
  • パソナキャリア
  • リクルートエージェント
  • doda
  • ハタラクティブ
  • JACリクルートメント

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナの社風自体が「利益よりも社会貢献」を大事にしています。

その結果「アンケート満足度No.1」を獲得していて、幅広い層から支持を得ています。

リクルートエージェント

転職エージェント無視_リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大の転職エージェントで「求人数No.1」です。

他の転職エージェントで求人がなくてもリクルートエージェントなら30件程提示してくれることもあります。

doda

転職エージェント無視_doda

dodaはパーソルキャリアが運営する転職エージェントで悪い評判がほとんどないエージェントです。

バランスが良くて外れない転職エージェントと言えるでしょう。

ハタラクティブ

転職エージェント無視_ハタラクティブ

ハタラクティブは若年層をターゲットにした特化型転職エージェントです。

未経験者求人を1000件以上持つため、求人が紹介できないことがほとんどありません。

JACリクルートメント

転職エージェント無視_JACリクルートメント

JACリクルートメントは外資系転職エージェントで、外資系国内企業のグローバルポジションに関しては「国内実績No.1」を誇ります。

ハイキャリア案件に関してはJACリクルートメントがおススメです。

転職エージェントの選び方に困っている方はコチラの記事も合わせてご覧ください。
転職エージェントの選び方 | 比較ポイントを徹底解説

転職エージェントに連絡を無視される理由

転職エージェント無視_転職エージェントに無視される理由

転職エージェントに無視される理由は、求職者に問題があるパターン転職エージェントに問題があるパターンの2パターンあります。

それぞれの理由を紹介します。

転職エージェントに無視される理由
【求職者側の問題】

  • 希望条件が高すぎる
  • 求職者のマナーが悪い

【転職エージェント側の問題】

  • 紹介できる案件がない
  • コンサルタントの管理がずさん

求職者側の問題

転職エージェントに連絡を無視される原因が求職者にあることもあります。どのような求職者の問題で連絡を無視されるのか2つ紹介します。

希望条件が高すぎる

希望条件が高すぎると求人を紹介してもらえず、連絡も無視され、後回しにされる可能性が出てきます。

求職者のスキルに見合わない希望条件だと、紹介できる案件が少なく、かつ紹介しても選考に通る可能性は低いです。

このような理由で対応を後回しにされてしまうのです。

求職者のマナーが悪い

求職者のマナーが悪く、後回しにされている可能性もあります。

求職者のマナー違反
  • 連絡への返事が遅すぎる
  • 面談のドタキャンがあった
  • コミュニケーション能力が著しく低い

上記のような条件に当てはまってしまうと、連絡を後回しにされてしまう可能性があります。

なぜなら、マナーが悪い求職者は転職成功率も低いからです。

コンサルタントとしても転職成功率が低い求職者よりも高い求職者に重点を置いた方が効率的です。

自分のマナーを見返してみましょう。

 転職エージェント側の問題

転職エージェントから連絡を無視される原因が転職エージェントにあることもあります。

転職エージェントに原因があるパターンを2つ紹介します。

紹介できる案件がない

転職エージェントが紹介できる案件がないため、連絡できない可能性もあります。

紹介できる案件がない理由は、求職者の希望条件が高いのかもしれませんが、そもそも転職エージェントが持っている案件数が少ない可能性もあります。

コンサルタントの管理が雑

担当コンサルタントのスケジュール管理やメールチェックがずさんで返事が来ない可能性もあります。

コンサルタントは1度に多くの求職者を担当するので手が回らなくなっているのかもしれません。

転職エージェントに連絡を無視される時の対処法

転職エージェント無視_転職エージェントに無視される時の対処法

転職エージェントに無視されるときの対処法を3つ紹介します。

転職エージェントに無視されたら
  • 電話で直接問い合わせる
  • 担当者を変えてもらう
  • 転職エージェントを変える

電話で直接問い合わせる

メールで連絡しても無視されるなら、電話で直接問い合わせてみましょう。

電話は繋がればその場で話すことができ、連絡を無視されている理由がその場でわかることがメリットです。

ただし、もし自分に原因があって連絡を無視されている可能性があるなら、かなり丁寧に連絡をする必要があります。

担当者を変えてもらう

転職エージェントに連絡を無視される理由の原因が自分にないと思ったら、原因は担当コンサルタントにあります。

担当コンサルタントの業務が雑で、返事がなかった場合は担当コンサルタントを変えてもらうことも考えましょう。

担当コンサルタントの質が低いとあなたの転職活動も上手くいかない可能性が高くなってしまいます。

担当コンサルタントではない転職エージェントの連絡先に担当者変更の連絡をしてみましょう。

転職エージェントを変える

転職エージェントを変えてしまうのも効果的です。

担当コンサルタントによってサポートの質にばらつきがあるのは転職エージェントの問題です。

転職エージェントによってはどの担当者でも質の高いサポートを提供してくれるエージェントや多くの求人を持っているエージェントもあります。

転職エージェントからの連絡は無視してはいけない|まとめ

転職エージェント無視_まとめ

いかがだったでしょうか?

まず、転職エージェントの連絡を無視するかどうか迷った時の注意点やデメリットをまとめると、

転職エージェントを無視するか迷ったら|まとめ
  • 転職エージェントからの連絡は無視してはいけない
  • 転職エージェントからの連絡を無視すると求人を紹介してもらえなくなる
  • 転職の意思がないなら転職エージェントを退会するべき

転職エージェントに連絡を無視された時の理由や対処法において大切なことをまとめると、

転職エージェントに無視されたら|まとめ
  • 転職エージェントからの連絡がしつこい場合は希望条件を絞り込む
  • 求職者のマナーが悪いとコンサルタントに連絡を後回しにされる可能性がある
  • 転職エージェントに連絡を無視される場合は転職エージェントを変更する

転職エージェントと求職者、お互いが無視せずにきちんと向き合うことで、転職活動は成功します。

まずは自分の行動を見直し、転職活動を行うにあたってふさわしいかを考えてみましょう。

この記事が皆さんの転職活動の一助になれば幸いです。

転職エージェントの連絡を断りたい方はコチラの記事もどうぞ。
【そのまま使える例文付き】今すぐできる転職エージェントの上手な断り方

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる