転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

【20代〜30代向け】無職なら絶対におすすめしたい転職エージェントと利用するべき5つの理由

無職でも転職エージェントは利用できる?
無職で転職エージェントを利用する際に気をつけることって何?

無職・離職期間中だと、転職活動において転職エージェントを利用できるかどうかや、どのように転職活動を進めていけばいいのかなど、様々なことに迷う方も少なくありません。

そんな方のために、この記事では無職・離職期間中の方が転職エージェントを利用して、転職を成功させるために必要な情報を全てお届けします。

この記事を読めば、無職でも転職活動で悩むことはもうありません!

「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

そもそも無職でも転職エージェントは利用できる?

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

転職エージェント_無職01

結論から言うと、無職でも転職エージェントの利用はできます。

無職だと、転職エージェントから敬遠され、利用や登録ができないのではないかと考える方も多いですが、全くもってそんなことはありません!

それどころか無職の方は、歓迎されることも多いのです。

他社で働きながら転職活動をする人と異なり、無職であると転職する意志が固まっている人が多いため、転職エージェントは力を入れてサポートしてくれます。

無職であるということを引け目に感じず、転職エージェントを最大限利用して、転職の成功を実現させましょう。 

無職の人が転職エージェントを利用すべき5つの理由

転職エージェント_無職02

無職でも転職エージェントの利用ができるということは、お分りいただけたでしょうか。

それではここからは、無職だからこそ転職エージェントを利用すべき理由やそのメリットを、5つの項目に分けてご紹介します。

無職だからこそ転職エージェントを利用すべき理由とそのメリット
  • 理由①:正社員としての就職を目指すことができる
  • 理由②:コンサルタントからアドバイスを貰いながら転職活動を進めることができる
  • 理由③:効率よく転職活動を進めることができる
  • 理由④:転職エージェントから推薦状を出してもらえる
  • 理由⑤:現職者よりも手厚いサポートを受けることができる場合がある

理由①:正社員としての就職を目指すことができる

転職エージェント_無職03

転職エージェントの紹介する求人は、基本的に正社員の求人が圧倒的に多いです。

せっかく働くなら、給与や福利厚生などの制度が充実した会社で働きたいですよね。

転職エージェントには、制度面はもちろん、社内の雰囲気や業務内容なども詳しく書かれた正社員の求人が数多くあります。

正社員として入社し、その後も長期的に働くためにも、無職の方にとって転職エージェントを利用することは大きなメリットになるでしょう。

理由②:コンサルタントからアドバイスを貰いながら転職活動を進めることができる

転職エージェント_無職04

転職エージェントでは、担当のコンサルタントからアドバイスをもらいながら転職活動を進めていくことができます。

転職活動において、無職であることは少なからずマイナスに働いてしまうことが多いのが実情です。

しかし、数多くの無職の人の転職を成功させてきた転職エージェントであれば、無職でもそれをリカバリーできる選考突破法やアピール法を的確にアドバイスしてくれます。

転職活動は一人で抱え込まず、周りの力を借りながら進めていくのが成功への近道です。

担当コンサルタントは、無職で転職を目指す方にとって非常に心強い味方になってくれるでしょう。

理由③:効率よく転職活動を進めることができる

転職エージェント_無職05

転職エージェントは、面接などの選考スケジュールの調整や面談、面接対策など転職に関わる全てのことをサポートしてくれます。

そのため、転職者は志望する企業の選考を突破することだけを考えて選考を望むことができます。

最短で就職を成功させたい無職の方にとって、これほど効率良く転職活動をサポートしてくれるものはありません。

短期間でより良い企業への就職を成功させるためにも、転職エージェントの利用は必須です。

理由④:転職エージェントから推薦状を出してもらえる

転職エージェント_無職06

転職エージェントは、転職者の良いところを推薦状でアピールしてくれます。

この推薦状によって、選考の通過率はグッと上がるのです。

薦状は、面接や選考に慣れていない無職で転職する人にとってはこれ以上ない後押しになるはずです。

また、面接が上手くいかなくても、電話でフォローやアピールをしてくれる転職エージェントも多くあるので、転職の成功率を確実に上げるためにも、転職エージェントを利用することは賢い選択であると言えるでしょう。

理由⑤:現職者よりも手厚いサポートを受けることができる場合がある

転職エージェント_無職07

冒頭でも少し触れましたが、現職者よりも無職の人を歓迎する転職エージェントも数多くあります。

転職エージェントにとって、転職を成功してもらい、企業に入社してもらうことが一番利益になり、嬉しいことです。

そのため、内定が出ても、入社するかどうかが確実ではない現職者よりも、確実に入社の意志がある無職の人の方が歓迎される場合があるのです。

無職でも、転職エージェントに本気で転職を成功させたいという強い意志を見せれば、現職者よりも手厚いサポートを受けることができるというのは、無職の方にとって有利なポイントの1つです。

年代別|無職の人が絶対に使うべきおすすめの転職エージェント5選

転職エージェント_無職08

就職活動において自分に合った転職エージェント選びは、転職の成功率に大きく関わってきます。

ここからは、数ある転職エージェントの中で現在無職の方におすすめできる転職エージェントを年代別にご紹介いたします。

なるべく早く就職したいと考えている方は、こちらでご紹介する転職エージェントにぜひ登録してみてください!

20代で無職の人におすすめの転職エージェント3選

まずは、20代の方に向けた転職エージェントを厳選3社ご紹介いたします。

登録も利用も無料なので、迷ったらまずは登録して、自分に合うかどうかを試してみましょう!

リクルートエージェント

転職エージェント_無職09

リクルートエージェントのポイント
  • 求人数は業界ダントツNo.1!
  • 企業への交渉力に強みあり
  • 圧倒的な知名度とブランド力

リクルートエージェントは、転職をするなら、まず最初に登録するべきと言っても過言ではない転職エージェントです。

求人数が他の転職エージェントと比較しても圧倒的に多く、幅広い業種や業界から就職先を選ぶことができます。

また、対企業への交渉力にも強みを持っているため、内定後も比較的好条件での入社を実現することができます。

どのエージェントを利用したら良いかわからない場合は、まずは利用してみると良い転職エージェントです。

ハタラクティブ

転職エージェント_無職10

ハタラクティブのポイント
  • 20代に特化した転職エージェント
  • 2300件の未経験OK求人
  • 利用者実績15万人以上

ハタラクティブは、20代に特化した転職支援サービスです。

職歴がない方、正社員未経験の方にも若年層専門のプロコンサルタントがついてしっかりとサポートしてくれます。

また、未経験歓迎求人を常時2300件以上キープしているので、未経験でも幅広い選択肢から求人を選ぶことができます。

利用者実績も15万人以上と、数多くの未経験転職者が転職を成功させているので、20代で正社員就職を目指すならハタラクティブに登録すると良いでしょう。

DYM就職

転職エージェント_無職11

DYM就職のポイント
  • 20代のフリーターやニートの方にオススメ
  • 正社員就職率96%
  • 書類選考なしで面接までいける

DYM就職は、未経験者大歓迎の求人が多く、20代のフリーターやニートの方には、非常におすすめできる転職エージェントです。

また、DYM就職の大きな強みの1つとして、採用担当や企業の社長と直接交渉ができるため、登録後は書類選考なしで面接まで進むことができる点があります。

相談からの就職率も驚異の96%と、実績も申し分ないのでスキルや経歴のない20代の方は登録して絶対に損のない転職エージェントです。

30代で無職の人におすすめの転職エージェント2選

次に、30代の方に向けた転職エージェントを厳選2社ご紹介いたします。

転職エージェントをうまく利用すれば、30代で無職でも転職を成功させることはできるので、今からでもまずは登録してみましょう!

doda

転職エージェント_無職12

dodaのポイント
  • 転職者満足度No.1
  • 手厚いサポートが評判
  • 業界No.2の充実した求人

dodaは、転職者満足度No.1の実績を誇る、業界大手の転職エージェントです。

大手の転職エージェントですが、応募書類の添削や面接サポートなど手厚いサポートが評判のdodaなら、正社員未経験の方でも安心就職活動を進めることができます。

求人数も業界No.2と充実しており、豊富な選択肢から自分に合った求人を選ぶことができます。

サポートの質と求人数で選ぶなら、dodaを利用するのがいいでしょう。

JAIC

転職エージェント_無職13

JAICのポイント
  • 入社後の定着率91.3%
  • フリーター、既卒の就職成功率が通常の約2倍
  • 個別の就職サポート

JAICは、20代〜30代までの方の正社員就職を支援する転職エージェントです。

ビジネスマナーから面接対策など、未経験者をサポートする無料の就活講座を実施しているため、フリーターや既卒からの就職成功率が非常に高くなっています。

また、しっかりとした就職先選定を行なっているため、入社後の定着率も91%と非常に高い数字が出ており、入社した会社で長期的に働きたい方にとっては非常におすすめすることの出来る転職エージェントです。

個別のサポートで、就活中はもちろん就職後までもしっかりサポートしてくれるので30代の未経験就職で不安な方は、利用をおすすめします。

無職の人が転職エージェントを利用する際に気をつけるべき6つのポイント

転職エージェント_無職14

ここからは、無職の人が転職エージェントを利用する際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

これからご紹介する6つのポイントに気をつけて転職エージェントを利用すれば、就職の成功率はさらに上がります!

気をつけるべきポイント
  • ポイント①:転職エージェントに対しては絶対に嘘はつかない
  • ポイント②:転職エージェントは複数利用する
  • ポイント③:転職エージェントへの報告・連絡はなるべく早くする
  • ポイント④:とにかく熱意を伝える
  • ポイント⑤:希望する条件を整理しておく
  • ポイント⑥:合わないコンサルタントはすぐに変更

ポイント①:転職エージェントに対しては絶対に嘘をつかない

転職エージェント_無職15

まず、転職エージェントに対しては、絶対に嘘をつかないようにしましょう。

過去の経歴や無職の理由など、転職エージェントに対して嘘をついてしまうと、その嘘がバレてしまった場合にトラブルの原因になってしまいます。

また、転職エージェントは、無職であることを理由に求人紹介をしなかったり、無職の理由をむやみに企業にバラしたりはしないので、嘘をつく必要は全くありません。

転職エージェントには嘘をつかず、全て正直に話し、その上でコンサルタントにサポートをしてもらいましょう。

ポイント②:転職エージェントは複数利用する

転職エージェント_無職16

転職エージェントは、1つに絞らず複数に登録して利用するようにしましょう。

複数の転職エージェントに登録することで、応募できる求人の数も増え、より多くのコンサルタントからアドバイスを受けることもできるため、複数利用は非常に有効です。

また、リクナビNEXTの調査によると、全体で見たときに、転職者は一人当たり平均2.1社の転職エージェントを利用しており、転職決定者ほど多くの転職エージェントを利用しているとのデータが出ています。

転職エージェントの複数利用のコツなどさらに詳しいことが知りたい方は、ぜひこちらの記事もご覧ください!

転職エージェント複数利用の5つのメリットと賢い使い方

ポイント③:転職エージェントへの報告・連絡はなるべく早くする

転職エージェント_無職17

転職エージェントへの報告・連絡はなるべく早くするようにしましょう。

転職エージェントは、レスポンスが早い人に対して、条件の良い求人を紹介したり、優先的な対応をする傾向があります。

迅速な連絡は、就職への強い意志と捉えられるため、転職の成功確率を上げるためにも、転職エージェントへの報告・連絡は可能な限り早く行うようにしましょう。

ポイント④:とにかく熱意を伝える

転職エージェント_無職18

転職エージェントは、熱意のある人に対しては、同じ熱量を持って最大限のサポートをしてくれます。

もちろん、転職エージェントは転職を望む人に対して誠心誠意対応をしてくれます。

しかし、転職エージェントのコンサルタントも人間なので、より熱意を持った転職者に対しては、手厚いサポートをしてくれるでしょう。

絶対に就職したいという意志や条件の合う求人があればすぐに紹介して欲しいという意志をしっかりと伝えることを心掛け、転職エージェントから最大限のサポートを受けるようにしましょう。

ポイント⑤:希望する条件を整理しておく

転職エージェント_無職19

転職エージェントを利用するにあたって、自身の希望する条件はあらかじめ整理しておくようにしましょう。

求人を探すにあたって、給与面や制度面、仕事内容など考慮する点は数多くあります。

しかし、全ての条件をクリアする求人は少なく、ましてや無職の状態であると、希望の条件を全て叶えることが難しいこともあります。

あらかじめ希望の条件を整理しておくことで、コンサルタントとの相談もうまく行きやすく、スムーズな転職活動を進めることができます。

ポイント⑥:合わないコンサルタントはすぐに変更

転職エージェント_無職20

転職エージェントで、担当についてもらったコンサルタントとの相性が悪い場合はすぐに変更しましょう。

コンサルタントにもそれぞれの性格や強みがあるので、あなたとの相性があります。

相性の合わない相手との転職活動を続けることは、精神的にも時間的にももったいないです。

転職エージェントの利用において、コンサルタントの変更は日常的に起こることなので、コンサルタントに情をうつさず、合わないと思ったら即変更することが、就職変更への近道になるのです。

気になるポイント|無職で転職する時の転職エージェントとハローワークの違い

転職エージェント_無職21

ここからは、無職で転職エージェントを利用する際に気になるポイントを一気に解決していきます。

まずは、無職で転職する際にどちらを利用するかよく迷う、ハローワークと転職エージェントの違いをご説明します。

ハローワークとは?

ハローワークとは、正式には公共職業安定所と呼び、求職者の支援を行なっている場所のことを言います。

主に、人材を探している企業に対して、求職者を紹介することをしており、それ以外にも、求職者の転職支援なども行なっております。

業務内容は、転職エージェントとかなり似ていますが、求人の内容などを細かく見ると異なっており、両者にメリット・デメリットがあります。

ハローワークよりも転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントが、ハローワークよりも優れている点は簡単に言うと、求人と就職サポートの質の高さです。

転職エージェントは、求職者をサポートし、最適な企業に入社を成功させることで企業からお金を貰っています。

そのため、質の高い求人やより詳しい会社の情報をもち、その会社へ入社できるように全力でサポートしてくれます。

その点、正社員としてより良い会社に効率的に入社することを目指すのであれば、転職エージェントの方が優れているといっていいでしょう。

一方でハローワークは、アルバイトやパートなどの求人も豊富にあるため、求人の量では転職エージェントよりも優れているといった大きなメリットもあるので、両者のメリット・デメリットをよく検討してから利用するのがいいでしょう。

気になるポイント|転職エージェント利用で無職期間が長い場合に気をつけるべき注意点

転職エージェント_無職22

次に、転職エージェントで、無職の期間が長い場合に気をつけるべき注意点をご紹介します。

1年以上の無職期間がある人は、以下の2つの特に注意して転職エージェントを利用しましょう。

無職期間が長い理由を用意しておく

まず、長期間無職であった理由をしっかりと用意しておきましょう。

転職エージェントは、無職期間が長く、その理由の説明ができない人に対して不審に思い、求人の紹介をしてくれない場合があります。

転職エージェントとの信頼関係をしっかりと築き上げるためにも無職期間の理由は用意する必要があります。

家庭の事情や前職からのリフレッシュ期間など、正直に答えれば、担当のコンサルタントもあなたに合ったサポートをしてくれるでしょう。

応募する求人をしっかり精査する

無職期間が長い場合は、特に応募する求人の精査をするようにしましょう。

長い期間無職でいると、早く就職をしたいという焦りから、とにかくどんな求人でも応募するといった行動をとってしまうことがあります。

しかし、せっかく入社しても、その後のミスマッチが原因ですぐに離職してしまったら意味がありません。

入社後に長く働くためにも、無職期間が長い場合はより慎重に、応募する企業を精査するようにしましょう。

気になるポイント|転職エージェント利用で無職でも転職しやすいおすすめの職種・業種3選

転職エージェント_無職23

最後に、無職でも転職しやすい職種や業種をご紹介します。

もちろんコンサルタントと共に自分に合った企業を探すことが一番ですが、就職するにあたって職種や業種に迷っている方は、参考までにこちらをご覧ください。

営業職

営業職は、学歴や職歴などを重視せず、無職でも就職しやすい職種であると言えます。

経歴やスキルがなくても、コミュニケーション能力が最も重視される職種のため、入社後は未経験でも活躍できる人が多い職種です。

営業は全ての仕事の基本でもあるので、無職の場合まずは営業職から入社をして、働きながらその後のキャリアを描いていくのもいいでしょう。

IT・技術職

現在、IT業界は圧倒的な人手不足に陥っており、業界未経験であっても積極的に採用する「ポテンシャル採用」を行なっている企業が数多くあります。

また、今後も市場の拡大が期待される業界でもあるため、入社した後の努力次第では、市場価値の高い人材になることができるでしょう。

専門知識やスキルの必要な業界でもあるため、「入社後は誰よりも努力する!」といった強い意志のある人には、最もおすすめしたい業種です。

接客・販売業

接客業や販売業は、常に人手不足であり、経験なしでもある程度の仕事はこなせる人が多いため、最も転職しやすい業種といっても過言ではありません。

若い頃に、飲食店などでアルバイトの経験がある方などは、比較的スムーズに入社することができるでしょう。

体力勝負の仕事であり、制度面も決して充実しているとは言えない会社も数多くありますが、とにかくすぐに正社員になりたい方や、今はお金を貯めて将来また転職をしたいといった方にはおすすめの業種です。

無職なら転職エージェントの利用は必須|まずは行動から始めよう!

転職エージェント_無職24

いかがでしたでしょうか。

無職での転職エージェントの利用について、本記事が少しでもあなたの疑問解消に役立てていたなら幸いです。

無職であると、就職・転職に対して慎重になってしまうでしょう。

しかし、行動を起こさないことには現状は何も変わりません。

まずは転職エージェントに登録することで、就職・転職への第一歩を踏み出してみましょう!

私たちも、あなたの就職・転職を心から応援しています。

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる