転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

【2020年版】転職のきっかけを事例別に徹底分析|転職面接には影響しない?

転職きっかけ

転職した人の転職のきっかけを知りたい
自分の転職理由が本当にいいのか迷っている

今回は年齢性別などの様々な観点から転職のきっかけを探っていきます。

また、どんな業界、職種で働くヒトにも共通する転職の決断を下すべきタイミングもご紹介します。

転職活動の面接が上手くいく方法も合わせて紹介するので、転職で悩んでいる人は必見です。

「転職きっかけ」ざっくり
  • 転職活動は出来るだけ早くから始めるべき
  • 人間関係の問題が原因での転職が多い
  • 転職理由はどうにでもなる
  • 面接を気にして転職をためらう必要はない
  • 未来に可能性を感じなくなったら転職するべき
  • 今すぐ転職エージェントに登録するべき
「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

コロナの影響

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

転職きっかけ_コロナ

2020年現在、世界規模で蔓延しているコロナウイルスの影響で有効求人倍率は急減しています。

転職きっかけ_コロナ

出典:厚生労働省

2020年に入り、急激に有効求人倍率の数が落ちていますが、この先はもっと減っていくことが予想されています

つまり、転職を希望する場合は、出来るだけ早く転職エージェントに登録して、動き始めた方が良いでしょう。

そして、転職が難しい状態なので、今の会社を退職する前に転職先企業を見つけた方がいいです。

退職したのに転職先が見つからないと、働けない可能性が出てきてしまいます。

転職をしたいなら出来るだけ早く、今の仕事を辞める前に転職エージェントに登録して転職活動を始めるべきです。

転職を考えるきっかけランキングTOP10

転職きっかけ_ランキング

転職を考えるきっかけのランキングを紹介します。

他の人がどういう理由で転職するかを知ることで、自分と同じ悩みを抱える人がどれくらいいるのかが分かります。

転職きっかけ_転職理由ランキング

出典:転職理由ランキング2019|doda

全体的に見て、2018年と大きな変化はありませんでした。

ほかにやりたい仕事がある」という理由が2018年に引き続き1番多かった転職理由です。

2位と3位は順位が入れ替わっているものの、「給与に不満がある」「会社の将来性が不安」が並んでいます。

転職を考えるきっかけ~人間関係~

転職きっかけ_人間関係

転職を考えるきっかけで多いのが、人間関係の問題です。

人間の悩みの9割は人間関係と言われるほど、人間関係の悩みは人の生活に密接にかかわっています。

「人間関係で辞めるなんてありえない!」と主張する人もいますが、大事なのは自分の気持ちです。

人間関係が原因だろうと、自分の気持ちに真っ直ぐ向き合って転職を決めてください。

上司からのパワハラ

上司からのパワハラが原因で転職を考える人も多くいます。

2年前新人社員だった時に、仕事を覚えるのに時間がかかりました。仕事が覚えられずにミスをする度に上司がライターや灰皿を投げてきました。そんな上司に耐えきれなくなり、新人社員の間に転職を決意しました。
ある日、仕事が早く終わったので上司より早く帰りました。すると、次の日から明らかに上司の態度が変わり、仕事の細かい部分まで指摘されるようになりました。早く帰れないように、仕事を長引かせようとしたのだと思います。

上司からのパワハラは肉体的なパワハラと精神的なパワハラがあります。

肉体的なパワハラは問題になりやすいため、最近多いのは精神的なパワハラです。

精神的なパワハラは少しずつ、心を病んでいきます。

以下の状態なら、転職を考えた方がいいです。

パワハラでの転職基準
  • 上司がパワハラを直そうとしない
  • 他の部署への異動ができない
  • 上司以外の人が助けてくれない

話が合う人が社内にいない

会社で働くうえで話の合う存在は大切です。

職場で誰とも話が合わず、孤立してしまうのはかなりしんどいです。

職場に気の合う同僚が1人もいなく、居場所がないと感じてしまい、転職を決意しました。転職理由として正当なのか迷いましたが、転職して良かったと思います。職場で孤独と感じるなら転職を考えた方がいいです。
仕事のことで悩んでいた時に相談できる相手がいませんでした。幸い、社外の友達に相談できたので精神的には耐えられたのですが、相談相手が1人もいない職場でこの先、働いていけるのか不安になり転職を考えました。

話が合う人が社内にいないことは大きい問題です。

どんなに辛いことがあっても、仲間や心許せる存在、自分の居場所があれば何とか頑張れます

しかし、1人も相談できる仲間がいないことはかなり辛いです。

迷わずに転職を考えてください。

踏み切れない気持ちがあるなら以下のことを頑張って、それでもダメだったら転職を考えてください。

話が合う人がいなくて転職する前に
  • 社内の、人5人に自分から相談してみる
  • 部署異動を申し出てみる

社内恋愛のもつれ

社内恋愛のもつれで転職を考える人もいます。

職場の3歳上の先輩を好きになりました。告白はしてないのですが、私の気持ちがバレてしまい、その先輩との関係が気まずくなってしまったので転職を決意しました。

社内恋愛で思わぬ方向に事態が転ぶと、気まずくなることがあります。

自分から普通に接そうとしても、どうしても周りの目が気になったり、居づらさを感じるようだったら転職を考えてください。

転職を考えるきっかけ~業務内容~

転職きっかけ_業務内容

業務内容で転職を考える人も多くいます。

働くうえで仕事のやりがいの重要性は大きいです。

生きることの多くの時間を働くことに費やすのに、その時間が退屈だったら地獄ですよね。

実際に業務内容が原因で転職した人の例も紹介していきます。

仕事へのやりがいを感じなくなった

働くうえで仕事へのやりがいは大事です。

やりがいを見出せなくなり、転職を考える人もいます。

仕事が徐々にルーティーンワークになっていき、やりがいを見出せなくなった。何度か工夫してやりがいを見出そうとしたけど、すぐに退屈と感じるようになり、転職を決意するようになった。

今の仕事にやりがいが見いだせなくなっただけの段階では、転職は待った方がいいです。

やりがいを見出せるように頑張ったけどダメだった場合は転職を考えてください。

以下の内容に取り組んで転職したいと思ったら、転職するべきです。

やりがいが見いだせなくて転職する前に
  • 自分にとってのやりがいを定義する
  • 今の仕事に自分なりの変化を加えてみる

他にやりたい仕事を見つけた

今の仕事が嫌な訳ではないけど、もっと面白そうな仕事を見つけたことが転職のきっかけになる人もいます。

今の仕事に不満があった訳ではないけど、もっとやりたい仕事が出てきてしまい転職を決意しました。後悔は全くなく転職しました。

他にやりたい仕事が見つかるのは、ポジティブな理由の転職です。

本当にその仕事をやりたいのかどうかを自分のライフプランと合わせて考えてみてください。

その結果、転職したいと思ったら迷わずに転職してください。

転職を考えるきっかけ~労働条件~

転職きっかけ_労働条件

労働条件も転職のきっかけになることが多いです。

給与労働時間など、多くの人が気にする部分です。

ただ、労働条件を理由に転職したら良くないんじゃないかという不安を抱いている人も多くいます。

結論から伝えると、労働条件を理由に転職を考えるのは甘えではありません

1つずつ紹介していきます。

給与が少ない

給与が少ないことも転職のきっかけになりやすいです。

生きるためには稼がなければならず、稼ぐために働かなければならないので当然ですよね。

今後も給与が上がる見込みが薄かったり、より高い給料を支払ってくれる会社があれば転職を考えるきっかけになります。

私が転職を考えた理由は給料です。給料がモチベーションになるので、今よりも給料の高い会社に転職を決めました。

給料は働くうえでの大きなモチベーションの1つです。

給料が少ないことをきっかけに転職するのは、重要なモチベーション管理と言えます。

労働時間が長い

労働時間の長さも転職のきっかけになりえます。

過酷な労働条件で心身ともに疲弊してしまい、転職を考える人は多くいます。

長時間労働に耐えられず、転職を考えました。正直、長時間労働に耐えられないなんて、甘いんじゃないかとも思いましたが、転職して心から良かったと思ってます。自分を犠牲にするべきではないです。

労働時間の長さを原因に転職を考えることは、甘えではありません。

プライベートの時間が少なく、人生そのものが狂ってしまうこともあります。

それ程、労働時間の長さは大きな問題になることを理解する必要があります。

正当な評価がされない

頑張って働いて成果も残しているのに、評価されない人もいます。

このような正当な評価を与えられていない多くの人は転職を考えます。

営業で成果を残しているにも関わらず、給料も役職も上がらなかった。転職した方がチャンスが増えると思って、転職を決意した。

正当な評価が与えられていないと思ったら、転職を考えるのは当然です。

ただもしかしたら、今の評価には理由があるのかもしれません。

1度、上司に相談して、今の自分の評価とその理由を聞いてみてください。

上司の言葉に納得できなければ、本気で転職を考えるべきです。

転職を考えるきっかけ~その他~

転職きっかけ_その他

人間関係や業務内容、労働条件などの理由以外で転職を考える人もいます。

2つの転職のきっかけを紹介します。

企業理念に共感できなくなった

企業理念に共感できなくなり、転職を決意する人もいます。

途中で企業理念が変更されたり、自分の中に価値観の変化が起こることが主な理由です。

入社当初は企業理念に共感していました。しかし、働くにつれて、この企業では企業理念を達成できないと感じるようになり転職を決意しました。

企業理念には共感できるけど、その企業理念に企業としての在り方がそぐわないと働きながら感じることもあります。

企業理念や自分の生き方、働き方を大事にしたい人にとっては、重大な転職のきっかけになります。

会社の将来性に不安を感じた

会社の将来性に不安を感じて転職を考える人も多いです。

物事の移り変わりが早い現代で生き残れない会社も当然あります。

そして、会社で働く従業員も、自社の存続を不安視する人は多くいます。

IT化が進む現代において私の会社はかなり遅れていた。このままではいつか倒産するのではないかと思い、転職先を探すようになった。

倒産を危惧して転職活動を始めるのは当然の行動です。

企業が常に自分を守ってくれるとは限りません。

自分の身を自分で守るためにも、転職を考える必要が出てきます。

20代が転職を考えるきっかけ

転職きっかけ_20代

就職してまだ間もない20代の方々でも、転職を考える人は多くいます。

20代に多い転職のきっかけは以下の2つが挙げられます。

20代の転職理由
  1. やりがいを感じない
  2. 拘束時間が長かった

やりがいを感じない

20代は若く、給料よりもやりがいを求める人も多くいます。

仕事のやりがいが全く見出せなかった。この先、同じ仕事を何年何十年と続けていくと考えると、少しでも早く転職した方がいいと思い、転職を決めた。

今のやりがいはもちろん、この先の未来でもやりがいが見出せなさそうと判断すると、転職に踏み出す若者も多くいます。

拘束時間が長い

仕事以外にプライベートの時間も充実させたい20代にとって、拘束時間が長いことは大きなデメリットです。

仕事量はそんなに多くなかったが、接待や社内の飲み会が多くて大変だった。断りたかったが、断れる雰囲気でもなかったので、自分の時間がなくなると感じ転職を考えた。

仕事以外の拘束時間も20代の若者にとっては苦痛になることが多くあります。

20代で転職を考えている方はコチラの記事も合わせてご覧ください。

転職に悩む20代必見!内定を勝ち取るまでの具体的な方法を徹底解説

30代が転職を考えるきっかけ

転職きっかけ_30代

経験も積み、中堅社員として責任ある仕事に就き始めるのが30代です。

30代に多い転職のきっかけは以下の2つが挙げられます。

30代の転職理由
  1. 給与が低かった
  2. 成長が感じられなくなった

給与が低かった

30代になり、責任ある仕事に就き始めたからこそ、給与を気にするようにもなります。

子供ができ、教育費がかなりかかることが分かってこのままの給料だとダメだと感じた。今までの経験を活かして、給料が上がる職場を探した。

30代になると、子育てが始まる人も多くいます。

子育ては想像以上にお金がかかるため、給料UPを見込んで転職を考える人が多くなります。

成長を感じられなくなった

20代の時は分からないことが多かった分、出来るようになることで成長を感じられました。

しかし、30代になって多くのことが出来るようになると、成長を感じにくくなります

新しく学べることが減っているように感じた。20代の時と比較すると成長スピードが格段に落ちたことに不安を感じ、転職先を探すようになった。

知的好奇心が旺盛な人にとって、学びがなくなることは一大事です。

成長はやりがいと直結するため、働くうえで重要になることが多いです。

30代で転職を考えている方は、30代での転職成功についての記事もご覧ください。

30代で転職を成功させるには?未経験でもOK?資格?30代後半も?|有利な30代転職

40代が転職を考えるきっかけ

転職きっかけ_40代

会社にとって重大なポストである管理職に就く人も増えるのが40代です。

40代に多い転職のきっかけは以下の2つが挙げられます。

40代の転職理由
  1. 企業の将来性に疑問を感じた
  2. 他にやりたい仕事を見つけた

企業の将来性に疑問を感じた

管理職や重大なポストに就く人も増える40代だからこそ、会社全体を客観視できるようになります。

そうすると、会社の将来性も分かることになります。

自分の会社の将来性に不安を感じた。これまではただガムシャラに働いてきたが、役職が上がって、落ち着いて周りを見て初めて気づいたことだった。転職を視野に入れるきっかけになった。

役職が上がるからこそ、分かることがあり、それが転職に繋がります。

他にやりたい仕事を見つけた

経験や知識も豊富にあり、40代はまさに働き盛りの年齢です。

50代になる前に自分の経験を生かせる新しい仕事に就き、後悔なく定年を迎えたいと考える人も多くいます。

これまで1社で働き続けてきたけど、新しいことにチャレンジしたくなった。定年までこの会社でもいいかなと思ったけど、後悔したくなかったので、転職を選択した。

40代は転職のラストチャンスと考える人も多いようです。

後悔しないためにもラストチャンスは無駄にしたくないと思うのは当然の考え方ですよね。

女性が転職を考えるきっかけ

転職きっかけ_女性

職場でも男女の差が徐々になくなってきている現代ですが、男女の転職のきっかけには若干の違いがあります。

女性に多い転職のきっかけは以下の2つが挙げられます。

女性の転職理由
  1. ワークライフバランスを重視した
  2. ステップアップを測りたかった

ワークライフバランスを重視した

女性の働く環境が整えられてきているとはいえ、子供を産むのは女性です。

そして、子育てに女性が全く関わらないことはほとんどありません。

このままの職場だと、子供が生れた時に仕事と子育ての両立が難しいと感じた。少しでも女性の働く環境が整ってる職場に転職したかった。

女性の働く環境は徐々に整っているとはいえ、まだ会社間での差は大きいです。

少しでも仕事と子育ての両立がしやすい会社に転職しようと思う女性は多くいます。

キャリアアップを測りたかった

女性でもキャリアを求める人は多くいます。

そして、キャリアアップのために転職する女性も増えています。

今の会社にい続けると、成長が止まってしまうと思った。この先もガッツリ働きたいと思っているので、早い段階でキャリアアップを測りたかった。

働く女性はかっこいいという考え方が徐々に広まっているからこそ、キャリアアップを目指す女性も増えています。

女性におすすめの転職エージェントをまとめたコチラの記事もご覧ください。

女性におすすめ転職エージェント3社|比較して分かった賢い選び方&活用方法を徹底解説

転職理由は転職面接に影響しない

転職きっかけ_転職面接

転職を足踏みする多くの人は、転職理由によって転職が上手くいかないことを危惧しています。

しかし、転職理由でダメな理由は存在しません

一見するとダメな理由も、上手に伝えれば魅力的な転職理由に変身するからです。

具体的にダメな転職理由を魅力的な転職理由に変身させます。

残業が多く仕事がきついから、もっと楽な会社で働きたいと思いました。

誰が見てもダメな転職理由です。

これを魅力的な転職理由に変身させます。

私は独力で勉強をしてスキルアップをするのが得意で好きです。しかし、前職では残業が多く、スキルアップの時間が割けませんでした。だから、業務時間が短い会社で働き、スキルアップの時間を確保したいです。その結果、従業員として働く時間で質の高い仕事を出来ると考えています。

いかがでしょうか?

論理的で魅力的な転職理由になったのではないでしょうか。

転職理由を魅力的に伝えるポイントは以下の4つの流れに沿って、転職理由を組み立てることです。

転職理由の組み立て手順
  1. 自分が達成したいこと
  2. 前職ではそれが達成できない理由
  3. 新しい職場なら達成できる理由
  4. その目標を達成することで企業が得るメリット

この4つを順序立てて伝えることができれば、転職の面接で困ることはありません

転職決断の決め手|転職すべきタイミング

転職きっかけ_転職タイミング

転職するかどうか迷ってる人向けに、転職を決断するべきタイミングをお伝えします。

2つのタイミングを紹介するので、どちらかに当てはまった場合は転職することをおすすめします

未来に可能性を感じない

働いていると当然、辛いこともあります。

モチベーションが上がらなかったり、上司との関係が上手くいかなかったりします。

しかし、辛いことも未来に希望が見えていれば頑張りきることができます

例えば、

今辛くても、あと半年頑張れば昇進できる

具体的な期間が分かってればモチベーションは続きやすいです。

今はモチベーション上がらないけど、もう少しで上がる気がする

明確な理由がなくても、自分自身が可能性を信じられれば頑張れます。

逆に、未来に可能性を感じなくなったら間違いなく転職した方がいいです。

我慢だけすることは、かっこいいことではありません。

勇気を出して新しい道に1歩を踏み出すべき時です。

もっとやりがいのある仕事を見つけた

今の仕事が悪くなくても、もっとやりがいのある仕事を見つけたら転職をした方がいいです。

もしかしたら、転職したら思った仕事と違い後悔するかもしれません。

でも、それは転職してみないと分からないことです。

転職しないで、自分のやりがいを奪う方が後悔は大きくなります。

まさしく、やった後悔よりやらなかった後悔です。

しかも、1度転職することを諦めるとそれがになり、何度も何度も諦めてしまいます。

結局、手遅れになるまで同じ仕事をし続けて後悔することになります。

そうなる前に、自分の直感を信じて転職に踏み切るべきです。

転職希望なら転職エージェントがおすすめ

転職きっかけ_転職エージェント

転職を考えるなら、転職エージェントに登録するのがおすすめです。

転職エージェントを利用するメリットは無数にありますが、5つ重要なメリットを抜粋します。

転職エージェント利用のメリット
  • 転職に必要なサポートを無料で受けられる
  • 最適な求人を紹介してもらえる
  • 転職成功率が圧倒的に上がる
  • 自信がなくても手厚くサポートしてくれる
  • ブラック企業かどうか見分けてもらえる

転職エージェントは絶対に利用した方がいいです。

そして、特におすすめの転職エージェントを4つ紹介します。

転職エージェントは複数登録可能なので、魅力的に感じた転職エージェント全てに登録してみてください。

doda

転職きっかけ_doda

求人の質が高いと評判なのがdodaです。

dodaの魅力は下記の3点です。

dodaの魅力
  • 非公開求人が多い
  • スカウトメールが多く届く
  • 入社後もフォローアップがある

dodaは約10万件の求人数を持っていますが、その内の8割~9割は非公開求人です。

非公開求人は他の転職エージェントにはないdodaのみの求人です。

Netfrixオリジナル作品のような物です。

転職エージェントは複数の同時登録も可能なので、非公開求人が多いだけでdodaに登録する理由になります

また、スカウトメールで企業からアプローチをもらえます

スカウトされると嬉しいし、自分の強みに気づくことができます。

そして、入社後1年間は担当アドバイザーのフォローアップがつきます。

困ったら相談できる相手がいるのは心強い限りです。

パソナキャリア

転職きっかけ_パソナキャリア

パソナキャリアはオリコン顧客満足度で堂々の1位に選ばれている転職エージェントです。

パソナキャリアの魅力は下記の3点です。

パソナキャリアの魅力
  • 転職後年収UP率が67%
  • アドバイザーの質が高い
  • 女性へのサポートが手厚い

まず、転職後年収UP率が67%は驚異的な数字です。

平成27年に厚生労働省が実施した転職者実態調査においては、転職後に年収がUPしたのは40%でした。

パソナキャリアで転職活動を頑張れば、年収が上がる可能性が格段に増えるのです。

また、アドバイザーの質が高いこともパソナキャリアの強みです。

パソナキャリアではキャリアアドバイザー教育が制度化されて徹底されています。

そのため、年齢が若いキャリアアドバイザーでもハイレベルな仕事をしてくれます。

そして、女性へのサポートが手厚いこともパソナキャリアの魅力です。

2016年から「女性活動躍進コンサルティングチーム」が社内で発足されるほど、女性の活躍の場を広げることに力を入れています。

リクルートエージェント

転職きっかけ_リクルートエージェント

転職支援実績No.1を誇る転職エージェントがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの魅力は下記の3点です。

リクルートエージェントの魅力
  • 求人件数が圧倒的
  • 企業の裏側を知れる
  • 面接対策セミナーが充実

リクルートエージェントは求人数がずば抜けています。

2番目に求人数が多い転職エージェントの2倍の求人数を誇るレベルです。

また、リクルートエージェントは企業の裏側に関する情報を多く持っています。

なぜなら、多くの求職者の転職に成功させているからです。

どんな人が働いているのか、リアルな働き方はどうなのか、選考で受かるポイントなどのコアな情報もゲットすることができます。

そして、リクルートエージェントでは面接対策のセミナーが存在します。

リクルートエージェントは面接対策に最も力を入れている転職エージェントです。

もし面接に自信がないなら、リクルートエージェントをおすすめします。

面接へのこだわりが実績No.1の結果に結びついてると言っても過言ではありません。

マイナビエージェント

転職きっかけ_マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1がマイナビエージェントです。

マイナビエージェントの魅力は下記の3点です。

マイナビエージェントの魅力
  • サポートが無期限
  • キャリアアドバイザーのレベルが高い
  • 若年層の転職に強い

大手の転職エージェントはサポート期限が決められていることが多いです。

しかし、マイナビエージェントでは期限無制限でサポートを受けられます。

時間制限があると焦ってしまう人でも、マイナビエージェントなら安心して転職活動ができます。

また、マイナビエージェントのアドバイザーは業界や職種別にチームを組んでいます

つまり、特定の分野に特化したキャリアアドバイザーが担当してくれます。

あなたの希望する業界、職種に特化した担当アドバイザーが適格なアドバイスを与えてくれます。

そして、マイナビエージェントは20代の第二新卒に強い転職エージェントです。

第二新卒用の転職ノウハウや質の高い求人が多くあり、20代の若年層なら必ず満足するでしょう。

「転職きっかけ」まとめ

転職きっかけ_まとめ

転職のきっかけについて網羅的にお伝えしてきました。

要点をまとめます。

「転職きかけ」まとめ
  • 転職活動は出来るだけ早くから始めるべき
  • 人間関係の問題が原因での転職が多い
  • 転職理由はどうにでもなる
  • 面接を気にして転職をためらう必要はない
  • 未来に可能性を感じなくなったら転職するべき
  • 今すぐ転職エージェントに登録するべき

転職は自分の人生をより豊かにするための手段です。

価値観やモチベーションは人それぞれなので、最後に信じるべきは自分自身です。

自分に素直になり、転職したいと思うなら今すぐ転職活動を始めるべきです。

具体的には今すぐ転職エージェントに登録するべきです。

最初の1歩が早ければ早いほど、転職の成功率は上がります。勇気のある1歩があなたの人生を大きく変えることになります。

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる