転職エージェントの複数利用|メリットと使い方

「どういたしまして」の意味とは?目上の人にも使える表現を紹介!

誰かに感謝をされたのであれば、どのようなフレーズで返事をしてあげたいと思いますか?

多くの人が、「どういたしまして」という言葉を使っているのではないでしょうか。

それでは、目上の人にはどんな表現が適切でしょうか?

スマートに返すのは意外と難しいですよね。

この記事では、目上の人にへの適切な表現として「どういたしまして」の類語表現を紹介します。

さまざまな表現を身につけて、上司と積極的にコミュニケーションを取れるようになりましょう!

「しごとメディア」おすすめ! いま人気の転職サイトはこちら!
転職ランキング1位1

マイナビ転職

(5.0)
  • 幅広い職種で採用を成功実績あり!
  • スカウトサービス機能がとっても便利!

マイナビ転職の詳細を見る


転職ランキング2位2

doda

(4.0)
  • IT・エンジニア系・技術系の求人情報が多い
  • 転職サイトと転職エージェント両方のサービスを受けることが出来る

dodaの詳細を見る


転職ランキング3位3

リクナビNEXT

(3.0)
  • 掲載企業数3年連続No.1
  • 多くの求職者から最適な⼈材を集める、求⼈広告型の採⽤⽀援サービス

リクナビNEXTの詳細を見る

「どういたしましての意味」

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

どういたしまして_意味「どういたしまして」は、誰かからお礼を言われた時に使用できるフレーズです。

「どういたしまして」という言葉には、「表現されたお詫びやお礼を、穏やかに打ち消す挨拶」という意味が含まれています

普段の会話の中で自然と取り入れることができれば、マナーの良い人だと思われるのも事実です。

「どういたしまして」の類語表現

どういたしまして_類語表現「どういたしまして」のほかの表現を知っていますか?

類語表現を学び、豊かな表現につなげましょう!

お役に立てて何よりです

「どういたしまして」の類語の一つに、「お役に立てて何よりです」をあげることができます。

「どういたしまして」とかなり違う響きがある印象ですが、実際には同じような状況で使用することができます。

「お役に立てて何よりです」では、自分のしたことが相手の役に立って嬉しく感じている事を表現できます。

お気になさらず

「どういたしまして」の別の類語に「お気になさらず」というフレーズがあります。

単純に、「気にしないでくださいね」という意味を伝えているフレーズになります。

「どういたしまして」というフレーズを使うよりも、「お気になさらず」の方を好んで使用している人もいます。

なぜなら、「お気になさらず」の方が謙虚に感じるという人もいるからです。

普段からたくさんお礼を言われる環境にいるのであれば、「お気になさらず」も使えるようになると良いですね。

とんでもない

「どういたしまして」と同じぐらい自然な響きを持った類語表現の一つに、「とんでもない」があります。

「とんでもない」を会話の中で使用すれば、「決してそんなことはありませんよ」と伝えていることになります。

そのため、このフレーズで返事をすることによって、謙遜な姿勢をアピールすることもできます

「どういたしまして」は目上の人には失礼?

どういたしまして_目上の人に対して上司や先輩のように親しみを込めて会話やメールをできる人もいれば、社長のように自分から見てかなり目上の方もいます。

そもそも、目上の方に対して「どういたしまして」を使用することは失礼にあたるのでしょうか?

この章で解説していきます。

目上の人には敬語で言い換えることも

上司や先輩のような目上の人と会話やメールをする時には、「どういたしまして」を敬語に言い換えることをおすすめします。

なぜなら、「どういたしまして」が使われて不快に感じない上司や先輩もいれば、「なんだか馴れ馴れしいな」と違和感を覚えてしまう人もいるからです。

そのようなメールの言葉遣いやマナーに厳しい上司や先輩と、言葉を交わす際は、「喜んでいただけて幸いです」などの丁寧な敬語表現に言い換えるのがベターでしょう。

仲の良い上司にはそのままでも可能

例えば、仲の良い職場の上司や先輩と会話をしているとしましょう。

普段から頻繁にやり取りをしているため、気心が知れている関係です。

そんな親しい目上の方に対しては、「どういたしまして」をそのまま使ったとしても問題はありません

「どういたしまして」は、決して失礼な言い方ではないからです。

むしろ、「どういたしまして」と自然な言い方をすることによって、スムーズなコミュニケーションが取れるでしょう。

「どういたしまして」で自然な会話を心がける

会話というものは、自然な方法で行われるのがベストです。

相手の立場に合わせてふさわしい丁寧な敬語で敬意を表現しなければならない時もあれば、親しみを込めたフレーズを使用した方が良いときもあります。

自然な会話を成立させるためにも、「どういたしまして」を普段の会話の中で使用することをおすすめします。

「どういたしまして」が自然な言い方で使われていれば、このフレーズを聞いて不快に感じる人はほとんどいないからです。

転職エージェントを活用しましょう
  • 非公開求人への応募や求人のリサーチを無料で依頼できる転職エージェントは、もはや必須
  • 転職エージェントを選ぶときのポイントは3つ
    ①キャリアアドバイザーとの相性
    ②エージェントが総合型か専門型か
    ③サポートの充実度
  • 担当者のメッセージの返信スピードや、ヒアリングの丁寧さはしっかりチェックすべき。
  • 担当者の丁寧さや、紹介してくれる会社の質からもっともおすすめできるのは『BIZREACH(ビズリーチ)

>>>BIZREACHの無料登録はこちら<<<

BIZRIACHに無料登録

閉じる